神さまに導かれ、4か月で人生を劇的に変える~心と身体の引き寄せの法則 ~龍の泉のオーケストラ庭園と華咲く美しい世界へ~ Vol 59

引き寄せ

素敵なご婦人と別れたあと、私は龍の池の周りを愛犬と共に散歩をし始めました。
少し違う場所を歩いてみようと思い、森の方へ入って行きました。

歩いていくと、綺麗な花が色とりどり咲いている庭園と洋館のような住居がありました。
「こんな素敵な庭園があるって憧れだな~。素敵だな~」と眺めていると、その美しいお花に水をあげているご婦人がいました。
目があったので、ペコっと頭を下げるとご婦人はニコッと笑顔で返してくれました。

さっき、素敵なご婦人と出逢ったばかりなのに、また素敵なご婦人との引き寄せがあったと嬉しくなり、でもあんまりジロジロと見ていたら不審者と思われるかもと思い、その庭を遠ざかろうとすると、ご婦人が顔を上げて「お嬢さんはお花が好きなの?」と聞いてくれました。

「あのっっ、すごいお花が好きです! お花を見ているだけで心が癒されて幸せな気持ちになれるので。なので、ジロジロと見てしまってすみません」と話すと、
「あら! じゃあ何本かお花をプレゼントするわ。お家で大事に飾ってもらった方がお花も喜ぶし、どうぞそちらの門から入って来て。」と答えてくれました。

愛犬のレイちゃんの顔を見ながら、「レイ! ラッキーだね。レイもお花が大好きだし、さっきご婦人から紅茶と蒸しパンも頂いたばかりなのに。今度はお花まで頂けるなんて♡」

レイちゃんも舌をペロリと出して、嬉しそうな顔をしていました。

 

●龍の泉のオーケストラ庭園と素敵なご婦人との引き寄せ

引き寄せ

「どんなお花がいいかしら??」
「しばらく庭園を見回っていいですか? どうせなら、最高のお気に入りのお花を頂きたいので!」
と答えると、ご婦人はクスクス笑いながら、
「まあ! 自分の気持ちに正直なお嬢さんね。いいわ! とっておきのお花を選びなさい。」と言ってくれました。

森の静かな音がザワザワと聞こえてきました。
とても愉快で楽しい音、花達は歌を歌い、まるでここはオーケストラの庭園だと気分が高まりました。
愛犬のレイちゃんもそのエネルギーを感じ取り、お花をクンクン匂ったり、庭園を自由に散策したりして楽しい時間を過ごしていました。

「お嬢さんとワンちゃん、随分楽しそうね! なぜかしら?」とご婦人が聞いてきました。
私は思わず、「森がたくさん話しかけてくれるし、植物は歌を歌っているんです。大地は笑い声を上げているし、ここはオーケストラのハーモニーのようにみんなが調和をとっているから、ここにいるだけで、気分が高まります!」と答えました。

でもその途端に、
(しまった、植物の声が聞こえるとかお花が笑っているとかおかしい表現をしてしまった……)
と不安に思っていると、ご婦人は「ああ、お嬢さんはアーティストさんでしょう? ここの庭園を訪れるアーティストさんはみんなそう言うわ。植物の声が聞こえるなんて本当に素敵な能力ね♡」と話してくれました。
その途端に、私の心に華が咲いたのが分かりました。
(このご婦人は、私の事を何も知らないのに、ありのままの私を受け止めて、素敵な能力だねと話してくれる。)

引き寄せで出逢う人は、いつもこうやって私の心に水を与えてくれました。
「本当のあなたでいいんだよ! 素敵な能力だね。」いつもこうして肯定的に受け止めてくれるのです。
(ありのままの私でいいんだ。この世界には愛しかないんだ!)

そう感動していると、
「あらあらお嬢さん、そろそろ日が暮れるから早くお花を選びなさい。」とご婦人が話しかけてきて、
またお花選びに熱中しました。
お花を決めたら、「お嬢さん、お目が高い♡」と笑ってくれて、世界はまた愛に包まれていきました。

 

●ナイモノねだりの世界を超えた美しい世界へ

引き寄せ

ご婦人はお花を切り取り、丁寧にリボンで結んでくれていました。

「この庭園のお花はなぜこんなに美しいのでしょうか?」と聞くと、
「そうね、二つ理由があるわ。まず一つ目は、龍の水で愛を込めてお花達のお世話をしているの。美味しい豊かな水を与えるか、普通の水を与えるかでお花達も変わるわ。水は全ての生きとし生けるもののエネルギーですもの。だから人も美しい水を飲むと、細胞が活性化されるけど、汚い水をもし毎日飲んでいたら、当然身体は病気になっていくわよね? だから私は愛の水を与えているの。二つ目は、お嬢さんの目が綺麗だということね。同じようにこの庭園を見ても、何も感じない人がこの世界にはたくさんいるわ。お嬢さんのように、ハッと立ち止まる人もいれば、素通りする人もいる。だからあなたは美しいものを美しいと感じる目と心を持っているの。どんなに美しいものがあったとしても、それを美しいと感じる目と心がないと、人はなんとも思わないもの。だからお嬢さんはその美しい目と心を大切にしてね。」

ご婦人の話を聞きながら、森の中にソロモンの姿が見えました。
(ソロモンが伝えたいことと同じことだ。毎日を愛おしく思い、日常に愛と幸せを見いだせない人は、どんな美しい出逢いや出来事があったとしてもそれを感じることができないんだ。美しい世界が目の前に広がっていても、それを美しく思える心があるのか、ないかで世界は別れるんだ! また新たな発見があった♡)
と心の中で実感し嬉しく思いました。

「またいつでもお花を見たくなったらここに来てね!」手を振りながらお別れしました。
頂いたお花を早速飾って、引き寄せの教科書に書き始めました。
「どんなに美しい出逢いや場所があっても、それを見いだせる心と目を持っていないと、いつまでも世界は変わらない。ないものねだりは不幸そのもの。」
不思議なほどに引き寄せで出逢う人達は、私に素晴らしい学びをいつも教えてくれました。
こうやって一つの出逢いのたびに、私の心の花は少しずつ開花していきました。

 

ルーシー・モード・モンゴメリ
自然の中にいるときは孤独を感じないが、人の中にいるときは、孤独を感じる

 

上野ユリ

 

【DMMオンラインサロンOPEN】
魔女の秘密の引き寄せ実験室「Sorcière Academy」
https://lounge.dmm.com/detail/2071/

 

【この世界に凛と咲く❁MYブランドを創る12のすゝめかた】
BLOG:https://ameblo.jp/potterystudio-lilys/
Travel Instagram: https://www.instagram.com/pottery.lilys/
lifestyle Instagram:https://www.instagram.com/yurin.office/

 

《上野ユリ/YURI UENO さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/yuri-lilys/?c=161759