すべてのものがひとつのものです〜私たちはひとつの動きの中にあります〜

今、私を構成しているものは、明日は木々や大地を構成しています。

「今、私を構成しているものは、明日は木々や大地を構成しています」

熱力学の第一法則は、
「エネルギーは形を変えるだけで、増えたり減ったりしない」というもの。

この空間にある空気を、私は吸い込んで吐き出し、空気を循環させていますが、私が吸い込んだ空気は、植物たちが吸い上げた二酸化炭素を酸素に変えてくれたものです。

そして、私が吸い込んだ酸素を吐き出す時は二酸化炭素に変えて、それを植物は吸い上げて……と、私は呼吸を通して植物たちと循環しています。

私が食べた大豆は、大地から吸い上げた水分や栄養と
葉を広げて光合成をして得たものからできています。
私の体の一部は、大豆が得たすべてのもので構成されます。
大豆は私の中に取り込まれ、私の一部になります。
大豆が豆を作り出すまでの嵐や曇りの日や晴れの日の経験も、
大豆を育んだ太陽までも私の一部となります。
私の体は私が食べたもので構成されています。
物質的だけでなく、食べたものの経験さえも自分の一部になっています。

私の体の約70%は水で構成されています。
その水は地球のすべてを知っています。
海の表面に太陽の熱が注がれて蒸発し、
雲となって上空から地球を見下ろしながら旅をし、
ある時雨となって大地に降りそそぎ、
樹木や植物や人々に触れて、それらを感じながら大地にしみ込み、
いくつもの大地の層を通り抜けて
あるものは湧き水として沸き上り、あるものは川に流れ込み、
またあるものは湖になりながら……。
そうした水を植物が吸い上げ、動物や鳥たちが飲み、人間が飲み……。
私たちが飲んだ水は、汗となって皮膚から蒸発したりしながら体から出て行きます。

水は、そこに熱があれば蒸気になり、寒さがあれば氷になって姿を変えながら地球を循環しています。
今、私を構成しているものは、明日は木々や大地を構成しています。

 

「空気を通して、すべての命が循環しています。
水を通して、すべての命が循環しています。」

空気は、すべての命が必要とするものです。
空気は命を繋いでいます。
水は生きる上で欠かせないもので、すべての命の中を流れています。
空気を通して、すべての命が循環し、
水を通して、すべての命が循環しているのです。

 

「熱力学の第一法則は、『エネルギーは形を変えるだけで、増えたり減ったりしない』というもの。」

植物を虫が食べることで、植物は虫の一部となり、
その虫を鳥が食べることで、虫は鳥の一部となり、
鳥をチーターが食べることで、鳥はチーターの一部となり、
チーターをライオンが食べることで、チーターはライオンの一部となり、
死を迎えたライオンの体をハゲワシが食べることで、ライオンはハゲワシの一部となり、
ハゲワシが死を迎えるとその体は大地に溶け込み、そこから植物が生まれてくる。

私が野菜を買うために八百屋さんに支払ったお金は、八百屋さんから農家へ、農家から苗屋さんや種屋さん、畑づくりのさまさまな資材屋さんへ回り。お店や業者をめぐりに巡って、いろいろな家庭にやってきては、子供が鉛筆を買い、学校に支払われ、旅先の出会う人の元を巡って、いつしか自分の元にやってくる。

「エネルギーは形を変えるだけで、増えたり減ったりするものではない。」
という法則どおり、人も物も繋がりながらこの世界を巡っています。
熱力学の第一法則「エネルギーは形を変えるだけで、増えたり減ったりしない」というルールそのままにこの世界が在ります。

 

「めぐりの中にあなたは生きています」

「風が吹くと桶屋が儲かる」という言葉がありますが、風が吹くと寒くなり、亡くなる人が増えると、お葬式を増えて、棺桶が必要になる。
どこかの国でバッタが大量に発生したというニュースは、どこかよその国のことではありません。
小麦が打撃を受け、値上がりをして、輸入される単価が上がり、パンを買いに行ったら値段が上がっていたり、パンが小さくなっていたりします。

すべては繋がっています。
自分から出て行ったものは自分に戻ります。
自分に戻ってくるものなら、排水に薬品を流して水を汚すことは自分を傷つけることになります。
お金に対して出し渋りをすると、出し渋ったお金が戻ってきます。

出会う人に愛を放てば、あなたが出会う人から愛を受け取ります。
あなたの小さな親切は、どこかであなたは小さな親切に出会います。
あなたの優しい言葉は、優しい言葉として帰ってきます。

すべてはめぐっています。
このめぐりの中であなたは生きています。

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423