【国際占い師カズコ☆2021年の星占い】~その3~総括~キプロスのカズコより

占い

一見、良い事を言っているような専門家達やメディアなどのコメントしている人達に対して、欺瞞や信憑性を抱くこともあるかも知れません。

これから先も、その情報が本当なのか、どうかは自分で検索したり、調べた方が、確かであると思う人も増えることでしょう。

今までの常識がこれからは非常識となるかも知れません。

若い方であれば、型破りな感性が強くなり、先進的な活動に興味を持ったり、時代の最先端をいくような思想を学びたくなったりすることでしょう。

古い世界が悪いことではありませんが、「右に倣え的」な威圧されるような集団行動を取りたくない子供たちが増えて行くことは確かでしょう。

このような思想は、「古いルール」を改革する時期でもあるのです。

特に、いくら家族や親族だから、他人ではないからという理由で、古い習慣や仕来りがあるようなところでは、これからは、ばっさりと断ち切られてしまうようなことも起きることでしょう。

「男だから、女だから、お嫁さんだから、長男だから、長女だから……」と、いうような言葉の建前で、相手の自由や選択の意思を無視して来ていた人達は、他力本願になり過ぎないように心構えをしておきましょう。

また、学歴や権力を振りかざしていた人達も、これからは、そのような権力では、相手が靡かないことも承知しておきましょう。

さらに、加速して、今までは、グループで行動していた人も、突然、1人で行動する方が的に楽だからという意識が生まれます。

もちろん、繋がるときは、「類は友を呼ぶ」というような感覚を持つので、「桃太郎」のような、旅をしながら、仲間が増えて行き、同じ目的を持った人達が集まり、リモートでも、和気あいあいと楽しむことが出来ることでしょう。

最後に、この風の時代に未知の惑星である冥王星による意識改革が起こるため、2008年~2024年までは、感情面に影響を促すことになるでしょう。
いい意味での影響を受ける人にとっては、「競争」「羨ましさ」というようなどこか、どす黒い自分が消失して行くことになることでしょう。

他人に寄り添う気持ち、そして、愛する気持ちを持つ人も増えて来ることでしょう。

その情熱は、あなたの深い愛や感情を必要としている人に出会うことで、弾けることになるでしょう。

今まで、どこか物足りなかった気持ちがその出会いによって、ジグソーパズルの一部を持った人が目の前に現れた感動すら味わう人もいることでしょう。

絶対的な出来事が起きることで、不思議な体験を通して、満たされることになる人もいそうです。

それは「死生観」のような事柄に興味を持つかも知れません。

古代人の死生観は、季節のめぐりと無関係ではなかったと言われています。

星の運行に伴う季節の周期的変化を観察し続けた古代人は、植物の枯死と自然現象と、人間の生死の問題を関連づけて考えていたのではないかと思われます。

占い

 

12星座で、牡羊座から始まり、うお座で終わるのは、
偶然に配置されたものではありません。

1つ1つの星座は、それぞれの人間の魂の成長の家庭であり、人の一生を象徴していると言えます。

そして、これからの時代は、水瓶座の時代です。

水瓶座のキーワードは「私は知る・ I Know」です。

11番目に位置している水瓶座は、人の一生で言えば、現役を立退き、自由な立場でアドバイスしたり社会に奉仕する「長老期」です。

この時代に私たちが生きると言う意味は、個人の幸福より社会全体の繁栄を願う福祉の精神と、未来への確信を得ることです。

ですから、個々で誰かを批判するのではなく、この地球で暮らして行く人達が、相手が喜ぶことをしたくなる気持ちが続くことでしょう。

欲張るよりも、ある程度あることに満足できるような生き方が待ち受けていることでしょう。

そして、すでに、あなたの心がすでに満たされていることに気づけば、これからの時代も眩しく、輝かしいと思えることでしょう。

福運があなたへ訪れる事を心より、お祈り致します。

女神アフロディーテが生まれた国より、愛を込めて。

 

カズコ

 

《カズコ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%82%B3/?c=85