《魔女活のススメ》マゼンタの魔女のちひろさんインタビューvol3~魔女性は誰にでもある~

ちひろさん

全身マゼンタに包まれた都市伝説的な存在、マゼンタの魔女ちひろさんインタビューvol3です。

 

魔女性は誰にでもある

ちひろさん 魔女って女性限定、なイメージですが、海外の歴史を見ていくと男性もいました。
魔女とは、魔法や魔術を使う者。そして魔術とはなにかというと、20世紀最大の魔術師と言われている、アレイスター・クローリーも、《意志にして変化を生ぜしめる学にして術である》と定義しているように、《魔術=意思の力だ》と思います。
グループで儀式をする魔女もいるのですが、わたしはソロ活動している魔女なのです。

魔女って、いまだに大ガマで薬草を煮て毒を作る、みたいな悪そうなイメージなのですが、もともと薬草やハーブに詳しくて、それを使って人を癒したり、助産婦さんのような役割をしたり、そういった知恵を持った存在なんです。
また、月の満ち欠けと季節の移り変わりを意識して自然と繋がる存在なんですよね。

年に8回サバトと呼ばれる季節の魔女の祝祭があります。
わたしはそれに合わせて、魔女集会、お茶会などをしています。
そうすると、過去世で魔女の記憶がある、とか、昔からハーブでお料理を作るのが好きでした、とか魔女というキーワードに惹かれる人が集まります。
皆さん、目立つ格好でもなく普通のお母さんだったりします。

魔女の世界は、自然崇拝、そして、女性性を大切にしている女神信仰なのです
女性性は、男性的な戦うエネルギーではなくて、生み出す、育むエネルギーです。

特別な魔女的なことをしようがしまいが、家族のために栄養価の高いごはんを作っているお母さんは魔女だと思います。
意識していなかろうが、女性はみんな魔女性があると思っています。

ちひろさん

 

魔女の精神は『自分軸』

ちひろさん
魔女は、特別な存在ではなく、生き方だと思っています
例えば、食生活でヴィーガンで生きますとか、玄米菜食で生きます、と同じで、魔女という生き方、選択肢のひとつ。魔女というライフスタイルだと思っています。

魔女の世界は基本DIYなんですよ。魔術道具なんかも究極は自分でつくる。
海外の魔女は、魔法の杖をつくるわよ、となると、森に枝を拾いに行くところから始まるのです。作る過程から念を込めて作るので、それは魔力宿るよね。

自分でつくる、自分で選ぶ。なので、占いもカードを自分で選んでもらうのです。

魔女の精神には、自立、自主性が大事です

有名な本で、『西の魔女が死んだ』を魔女の精神のバイブルだと思っていておススメしています。
西の魔女と言われるおばあちゃんのセリフが珠玉の名言がたくさん出てくるのです。

『魔女になるために大切なのは意志の力、自分で決める力です』
『魔法や奇跡を起こすには精神力が必要です。』
『毎日の時間割を作りなさい。規則正しい生活をしなさい』と言うのです。
自分をコントロールすることすらできない人は奇跡を起こすこともできないだろう、ということなのです。究極、『自分軸、自立、自主性』こういう感覚が魔女なんですよ。

記者 これは魔女に限らず生きるバイブルですね。

ちひろさん 魔女から入って魔女を深めていくと、最終的に魔女が関係なくなってきます。人間の生きる指針ですよね。

記者 思ったよりも魔女が身近でした!

ちひろさん  ご本人が意識しているかどうかは置いておいて、アロマやハーブを使っていたり、占いをしていたり、助産師さんをしていたり、現代の魔女みたいな活動ってたくさんあると思います。
お仕事をしていなくても、家族のためにご飯を作っている、子育てしているお母さんも魔女だと思います。
魔女性は、誰の中にもあるものかもしれないし、気づいて伸ばしていけば、魔女性はどんどん開花していくと思います。

 

魔女に興味のある方への入門書、ちひろさんの電子書籍
『魔女という生き方~魔女になりたい貴女へ贈る、今日から始める魔女活のススメ~』
https://amzn.to/2LlX5y4

 

次回、インタビューvol4をお楽しみに!

 

《プロフィール》
アイデンティティをカラーで創造するマゼンタの魔女” Chompoo☆ちひろ

ちひろさん

365日全身マゼンタ生活! 日常を魔女として生きる、とんがり帽子の都市伝説的存在。 鑑定歴20年超の占い師&カラーセラピスト。 メディアで「コスパ最高!」と評される怒濤の情報量の「占い&カラーセラピー個人セッション」、たった数時間で習得させるタロット講座などが人気。突き抜けたことを徹底的に継続するブランディング術にも定評があり、起業家向けブランディングコンサルや講演依頼、電子書籍出版やプロデュースも多数。
【占い&カラーセラピー Chompoo】 https://chompoo.jp
各種SNSや関連サイト一覧  https://smappon.jp/ouoz3j5f

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299