除霊しても無駄な理由 ~波動を上げて、低級霊に憑依されない自分になる~

最近、運が悪い出来事が続く、朝からずっと体が重い。どうも、低級霊に憑依されている気がする……
ときには、そう思うこともあるでしょう。

実際に、意識していなくても、普段から低級霊に憑依されることは、予想以上に多いものです。
しかし、大半の人はそのことに気がつきません。

そして気がつかないうちに、憑依していた霊は離れていってしまいます。
ですから心配する必要はないのですが、ときにはどっぷりと深く憑依されて強い影響を受けたり、複数の例に次々と憑依されたりするような、深刻な場合もあります。

 

浄霊と除霊の違い

深刻な憑依の場合は、神社仏閣、もしくは霊能者のところでお祓いを受け、浄霊もしくは除霊をしてもらうという方法があります。

「浄霊」というのは、その霊を帰るべき世界である「あの世」に帰ってもらうことであり、その霊は正しい道を歩み始めるため、もう人間に憑依することはなくなります。
しかし、大変な技術が必要とされ、実際に行える人は少ないと思われます。

それに比べ、「除霊」というのは、自分の肉体から憑依霊を、強引に引き離すということで、比較的簡単に行えるようです。
除霊された霊は、再びこの人間の世界を、フラフラと漂い続けることになります。

そうしたことから、何かしらの原因があって一体の霊に深く憑依されている場合は、特に「浄霊」を行うことによって、問題が解決すると考えられます。

しかし、それ以外の場合は、実は浄霊も除霊も、無駄であることが多いのです。
何故、無駄なのか……ここからは、除霊に絞って説明したいと思います。

 

何故、除霊が無駄なのか

自分と同じ波動のものを引き寄せる……という、波動の法則があります。
つまり、低級霊に憑依されているということは、自分自身が放っている波動が低級霊と合っていて、低級霊にとって居心地が良い波動である……ということです。

除霊はあくまでも、強引に自分の肉体から低級霊を引き離す作業です。
そのため、高いお金を払い除霊を行って、一時的に引き離したとしても、しばらくするとその霊が、再び戻ってくる可能性が高いのです。
私自身も、10年近く前に、お金を払って除霊をしてもらった経験があります。
しかし結局、その日の夕方には、同じ霊が戻ってきてしまいました。

もしその霊が戻ってこなかったとしても、そしてきちんと浄霊を行った場合であっても、一時的に憑依霊が離れて空間ができた肉体に、別の憑依霊が入り込む……という可能性が、非常に高くなっています。
一度憑依された肉体は、しばらくの間は、他の低級霊にとっても宿りやすくなっているようなのです。

 

自分の波動を上げることが、憑依を遠ざける

では、除霊もせずに憑依霊を引き離し、その後も憑依されない自分になるには、どうすれば良いのでしょうか。
ひと言でいえば、「自分の波動を上げる」ということになります。

波動を上げるグッズや方法は、数多く存在しています。
例えば、粗塩を使った盛塩、神社仏閣のお守り、ホワイトセージなどの浄化力の強いインセンス、祝詞や経典、シャンシャンと鳴る神楽鈴、そして波動を上げるとうたわれる妙な絵画や音楽、スプレーなど……神社仏閣へ、参拝することもそうですね。

しかし、どれもこれも、あくまでも一時的な効果しか期待できないのです。
ときには、まったく効果がないこともあるでしょう。
そうした物事で憑依霊を追い払っても、しばらくすれば結局また戻ってきてしまうか、別の霊が寄ってくることになるでしょう。

何故ならば……波動を動かすのは、「自分の心の状態」がすべてだからです。

自分自身が放つ波動は、自分の精神状態、感情が決めています。
波動が高い心の状態とは、温かい愛情と感謝に満ちあふれ、明るく楽しいことに焦点が当たっていて、ワクワクしたり、ときめいたりしている状態です。
波動が低い心の状態とは、重く沈んでいて、ネガティブなことばかりに意識が向いてしまい、何につけても否定的だったり、イライラしたり、悲しんでいたりする状態です。

もちろん人間ですから、ネガティブな感情を持つのは当然です。
生物学的にも、危険を察知するために、人間の脳はネガティブな物事の方を認識しやすい…ということも、分かっているようです。
しかし、いつまでもネガティブな気分に浸っていることには、こうしたリスクが伴うことを、覚えておかなくてはなりません。

 

生活の中でできる、心の波動を上げる方法

しかし、言うのは簡単ですが、重く沈んだ心を軽くしていくことは、本当に難しいものです。
そこで、日常生活の中で簡単にできる「自分の波動を上げる方法」を、いくつかピックアップします。

●目標や夢、希望を持ち、楽しいことを考える。

楽しいことを考えて気持ちが明るくなると、高い波動を出すことができます。
例え妄想でもいいですから、目標や夢を実現した自分を想像して、うっとり、ワクワクしてみることがお勧めです。

●元気になれる曲や本を用意しておく。

「この曲を聴くと、前向きになれる」「この本のこの文章が、希望を与えてくれる」「この香りを嗅ぐと、ホッとする」という、自分ならではの開運グッズを、いくつか用意しておきましょう。たくさんあればあるほど◎です。
気分が重いと感じたら、それらに触れて、気分を変えるようにしてみてください。

●できるだけ多くの人と会い、にぎやかに過ごす。

人と会うと、人とのエネルギー交換が行われ、エネルギーの動きが活性化されます。
できれば、良いエネルギーをくれる、明るく元気な人と会うといいでしょう。
一人でジッとこもっていると、エネルギーが自分の中で停滞してしまい、はからずも憑依霊を呼び込みやすくなってしまいます。

●運動と食事で健康体を作り、オーラを強くする。

精神だけではなく、肉体が健康で元気だと、オーラが強くなります。
そして、低級霊などの悪いものを弾くようになります。

低級霊に憑依されているかもしれない……と感じたら、すぐに除霊や浄霊を考えるのではなく、上記のことを心がけ、少しずつでも自分の心を変えていくことを意識してみてください。

タイムラグがありますので、行ったら即効果がある……という訳ではありません。
コツコツと長く続けていくことで、確実に自分の波動を変えていくことができるのです。

心を明るくすること……それが唯一の憑依霊から逃れる方法であり、その上に、あなたの人生を明るくしていく方法でもあるということを、ぜひ覚えておいていただければと思います。

 

《藤森緑(ふじもり みどり) さんの記事一覧はコチラ》
https://www.el-aura.com/writer/fujimido/?c=169420