“ツインソウル”に縛られない~耐えなくていい、前進しよう

ツインソウル

「ツインソウル(双子の魂)」という言葉

あなたは「ツインソウル(双子の魂)」という言葉をご存知ですか!?
精神世界でしばしば語られるこの言葉を私が初めて聞いたのは、ずいぶん昔ですが、その頃はまだ「ソウルメイト(魂の同士)」という言葉のほうが一般的で、ツインソウルはソウルメイトのバリエーションなのかなくらいにしか思っていませんでした。

実際ツインソウルもソウルメイトの一種なのですが、ソウルメイトが次第に「縁のある人」くらいの意味に変わっていったのに対し、「ツインソウル」こそ特別な繋がりで、しかもこのツインソウルは恋愛のパートナーシップを表すため、女性を惹きつけずにはいられないキーワードになったようです。

 

ツインソウルとの出会い

ツインソウルとして今生出会う人とは、決まった流れがあると言われています。

「はじめの出会いは、故郷に帰ってきたような懐かしさを感じ、二人は恋に落ちる(これまでの恋愛にはなかった、魂でつながるような懐かしさのある不思議な感覚)。しかしその後、男性側(愛に恐れが強い)がこの関係から逃げるようになり、女性は追いかけるようになる。そして女性側が全てを手放し、全く連絡もとりあえないような期間が続いた後、ついに二人は結ばれる。」

ツインソウル

 

私と彼はツインソウル!?

こうやって書くと、「よくある恋愛の別れと復縁までのストーリー」としか思えません。

しかしツインソウルについて語られる時は、よりドラマチックな言葉がたくさん使われるのです。
「二人は双子の魂。離れて生きることは出来ない」「神様が定めた二人。どのようであっても必ず二人は結ばれる運命」など……。

私はこの地上にツインソウルのような関係がないとは思いません。
だからツインソウルという言葉や、そこで語られていることを否定する気もありません。

しかし最近はこの言葉をあまりに安易に使うヒーラーや占い師が増えていたり、この言葉を巧みに使って女性に近寄ったりする男性もいるようで、ちょっと気になっています。

ツインソウル

 

「ツインソウル」という言葉に縛られず、前進しよう

私が知る限り、そもそも今生でツインソウルと呼べるほどの強い繋がりのある相手と出会う魂自体が少なく、ツインソウルの相手がいるならその相手はたった一人です(妻もあの人もあの人も僕のツインソウル、というのはそもそもツインではない)。

また、ツインソウルの二人が出会う時、その出会いによって他の誰かが苦しむことはない。
つまり互いがシングルの時に出会うと言われています。

何より女性がこの言葉で自分を縛り、辛い恋愛に耐え未来を閉ざすことがないようにして欲しいのです。

女性はなかなか愛を諦めません。
しかしツインだろうがなんだろうが、うまく行かなくなった時、ツインソウルでさえ女性側は完全に手放して前進する期間があるのです。

女性は新たな恋におちれば、過去の男性など忘れるもの。
光は前進するために差し込むものだということを覚えていてください。
そしてツインソウルという言葉を使ってあなたを惑わす男性には冷静になってください。

 

ホームページBlossom
https://www.blossomcareroom.com

 

《中村 恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/healingbeauty/?c=159999