苦手克服で人生を浪費するのはもうおしまい! —好きを仕事にできない人の、傾向と思い癖とは?—

さあ、2017年は新しい年! ほんとうの意味で、それぞれに向くこと、好きなことに時間を使うことでこそ お金やご縁にも恵まれるという概念が、当たり前になる時代の幕開けです。

こんにちは。スピリチュアルカウンセラー&ぼちぼちコンサルタントの望月彩楓です。

私はクライアントさんや友達に対して、平気で「それ向いていないですね」と言葉を掛ける事があります。

世間一般的に見れば失礼にあたるかもしれませんし、それを言われた方は傷つくかもしれません。
しかし、そうは言っても、人にはそれぞれ適正があるのも事実なのです!

向いていない事を無理して頑張っておられると感じたら、
「向いていないです」と素直に伝えるようにしています。

実は自分でも分かっているのに、なんとなく執着で頑張ってしまう方も多いのではないでしょうか。
・今までせっかく我慢して頑張って来たから
・逃げてはいけないから
・苦手を克服しないと一人前になれないから
といった理由で、ついついがむしゃらに頑張ってしまうのですね。

 

<向いていない事に踏ん切りをつけましょう>

そもそも「苦手」を克服する人生なんて、何万年も続けても人は決して満たされませんよね。
だから、他人から向いていないと言われることで、踏ん切りがついたら良いと思っています。
その場では「なんて失礼な事を言う人だ」と思われるかもしれませんが、
早く踏ん切りをつけて向いている事にシフトしたほうが良いと思いませんか?

もちろん、向いてなくても、その人が楽しそうなら、そんな事は言いません。
下手であっても不向きであっても、それが楽しくて満足しているなら良いのです!
そもそも、楽しいこと自体にメリットがある訳ですから。

けれど、好きでもないのに不向きなことを無理して頑張る。
例えば、親、パートナー、子供、世間体を考えて、
本当はもっと他に向く事があるのにそれをやらない場合が多く見受けられます。
こう言った方々は、楽しそうにしていない場合が多いのです。

それに、向いている事、好きなことに集中したほうがより楽しいのではありませんか?
人それぞれ、自分に向いていない事など星の数ほどあり、
向いてないことのほうが圧倒的に多いのですからね!

 

<好きな事を仕事に出来ない人の思い癖とは>

せっかく向いている事、好きな事が分っている方であっても、
「好きなことは仕事にしたくない」「好きなことで独立したくない」と言う方が
実は結構多くいらっしゃるのです。

その様に思う方の思い癖としては……

・仕事は辛いイメージ
・仕事は楽しんではいけない
・お給料は我慢代
・自分の時間を切り売りして稼ぐもの
・お金は汚いもの
・会社を通さず直接お金を貰うのは罪悪感
・お金持ちはお金を独占する守銭奴

つまり、仕事とは辛いもの、仕事とは自己犠牲で成り立つもの、
お金とは汚れているもの、の様なイメージを持っていらっしゃいます。
こう言った思考が前提となっているならば、好きなことを仕事にはしたくでしょうし、
好きなことで稼ぐ事には気が進まないと考えるでしょう。

お金を「健康と時間と自由の代償」と思い込んでしまう。
これはハッキリ言ってしまえば、昔の奴隷制度や階級制度の名残なのです。
上層階級の人達が楽をして贅沢三昧している中、
下層階級の人達は汗水流してやっとの事でお金や食べ物にありつけるイメージでしょう。

言い換えれば、楽しく大金を貰う人が悪人であり、
苦労して小金を稼ぐ人は善人だというような考え方なのです。

「楽しく大金を貰う人が悪人であり、苦労して小金を稼ぐ人は善人だ」
との考え方は思い癖であって、実は魂レベルとしても「下の下」の考え方なのですよ。

下層階級が居なくなったら困る上層階級が、
「お金は苦労して稼ぐもの」という刷り込みを長らく行ってきた結果として、
下層階級は上層階級を恨み、
自分たちは「善人の被害者だ」というたったひとつの気休めを握りしめて来たのです。
こんな負のスパイラル思考は、もう捨て去りましょう。

 

<今年は好きな事を仕事にする、スタートの年にして!>

さあ、2017年は新しい年!
ほんとうの意味で、それぞれに向くこと、好きなことに時間を使うことでこそ
お金やご縁にも恵まれるという概念が、当たり前になる時代の幕開けです。

もちろん、好きな事の中でも、
とりわけ毎日苦にせずやれる事が「仕事」としてはベスト。

一例を挙げれば、私はゲームが好きで毎日遊んでいますが、
ゲームを一日中やり続けることはできませんし、
自分で新しいゲームを作りたいという願望もありません。
ですからプロゲーマーやプログラマーとして仕事にすることには向かないのでしょう。

けれど、クライアントさんの素質を気づかせ、
それを本人が認め、活かしていく過程を見守る事。
これは魂が歓喜して、毎日やっても何年やっても、飽きない喜びなのです。
だからこれを仕事にしていますし、仕事が楽しくて仕方が無いのですね。
基本的に面倒くさがりで飽き性だった私であっても、
思えばもう同じ仕事を十数年も飽きずに続けています。

また、主婦の方であっても、暮らしにまつわる事が大好きで毎日ウキウキするなら、
その知恵や経験をみんなにシェアすることを、仕事にだってできるのです。

「好き+毎日でも何年でも続けられそう」

と思えることこそが、あなたの本当の適職なのですよ♪

 

望月彩楓アメブロ
http://ameblo.jp/ayakaspirituality

望月彩楓「日々の風(今日の時流)」LINEブログで毎日更新中
http://lineblog.me/ayakamochizuki/

自分にちょうどいい暮らしを目指す「ぼちぼちコンサルティング」
http://ameblo.jp/ayakaspirituality/entry-12209199848.html

望月彩楓Facebook
https://www.facebook.com/ayakaspirituality

 

《望月彩楓 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E5%BD%A9%E6%A5%93/?c=5934