乙女座満月に自己内観のススメ〜自己を徹底的に「統合」し新時代の風と波に乗る〜

満月

【サイキック能力を開く・統合するという前に……大切なこと】

水瓶座の時代、風の時代、そして統合の時代ともいわれる、新たな時代が幕開けしました。
これからを生きるために、「何をどう統合すればいいの?」という人も多いでしょう。

そこで今回は、『宇宙系★自己徹底統合講座』などのプログラムを提供する、Aeris starship academy代表のAIRIさんに、“自己を統合し5次元意識で生きる上でのポイント”について、お話を伺いました。

—— AIRIさんの考える“統合”とは、どういうものでしょうか?

AIRIさん
私の考える統合とは、「肉体をもった自分で5次元意識を開花すること」です。「肉体をもった自分で」というところがポイントで、あくまでも「今の自分を認めた先に統合がある」と思っています。しっかりと3次元(今、ここ)に軸足を置きながら、5次元意識を開花させていく。
今後、スピリチュアル情報に気がついていく人はもっと増えていくでしょう。それは時代の流れ・宇宙と地球の意思としては至極当然の流れです。
ただ、「スピリチュアル性の開花」とは本来誰にでも備わっているものを「思い出す」ということであり、新たに何かを身につけるというものではないと思っています。
私はよく、「全ての答えは自分自身の中にしかない」とお伝えしているのですが、答えを外側に求めてスピリチュアルを「魔法」のように捉えている方も多いです。
そういう方には、いきなりサイキック能力を開花することはさせず、まず自分をよく見てよく知るところから始めるようにとはっきりお伝えさせていただいています。
自分本来の能力・完璧さ・魂のブループリントは、高次元の自分(=ハイヤーセルフ)が全て知っています。

AIRI

—— ハイヤーセルフと繋がるには?

AIRIさん
私たちは本来、魂の状態であればなんの不足も感じることなく、全知全能・いわば「神」のような存在でした。それを、肉体をもつことで様々な感情や不足を味わい、魂レベルを上げようとこの地(地球)に降りてきています。
その完璧な状態=「ハイヤーセルフと繋がった状態」なわけですが、ということは、本来私たちは「全てをもっている」「完璧な状態である」ということを思い出していくことが、自己統合なのではないかと考えています。
統合のプロセスも統合した先で見る世界も、それぞれ違っていていいと思っています。
ですが、「今の自分を認める」という作業はみんな必ず経る必要があるんじゃないかと感じています。
「今の自分」を見ることなく、ただブロック解除したりアファメーションをやみくもに続けても、根底に自己を否定する気持ちがあったり、要はインナーチャイルド・インナーセルフが拗ねているままでは、現実化をどうしても邪魔してしまうというか…なりたい自分にはなれないんですよね。

—— それはAIRIさんが体験的に学んできたことなのですか?

AIRIさん
まさにそうで、私は「趣味が自己否定なのかな?」というレベルで、他人と比べては自分のことを否定してきました。そんな自分をどうにか変えたくて、必死にブロック解除したり、アファメーションを唱えたり…。良いと思うことは徹底的に試してきましたが、インナーチャイルドの信頼を回復するまでにはかなりの時間を要しました(笑)内観を繰り返し、潜在意識に入ってしまっている「自己否定プログラム」を一つ一つ変えていくことで、コツコツと癒しを進めてきました。それらを経て、ようやく「自分をまるっと受け容れる」ということができつつあります。
私たちは本来完璧な存在ですが、今はここ地球で「人間」をやっています。ということは、欠けがあったっていいんです。「欠け」すらも愛おしく思えるところまでいくと、だいぶん楽になると思います。
サイキック能力を伸ばし、チャネリングやヒーリングができるようになると、途端に自分の道がわかって事態が好転するのではないかと思っている方も多いですが、統合への道とは、意外に地味でアナログなものです(笑)(もちろん、簡単にいく人もいますし、簡単でもいいと思います。)
逆に、自分のことが全く見られていない方がサイキック能力だけを伸ばすのは、少し危険かな~とも個人的には思っています。
一朝一夕で魔法のようにいくものではないですが、それすら愛おしい自分を認める楽しい作業です。
「宇宙系★自己徹底統合講座」では、「スピリチュアル」という概念に縛られず、自己を統合させて自分らしく人生を開花させていく方法を余すことなくお伝えしています。