インナーチャイルドと恋愛•結婚観への深い関わり
〜インナーチャイルドと婚活の関係性についてPart.3

前回は、〝インナーチャイルド〟についてお話しました。 今回は、「インナーチャイルドと恋愛•恋愛観」は大きく影響することについてお伝えしていきます。
インナーチャイルドと恋愛•結婚観への深い関わり<br>〜インナーチャイルドと婚活の関係性についてPart.3

「インナーチャイルドと恋愛•結婚観」は大きく影響する

わたしはなおさんに出会い、そのことに気付きました。
インナーチャイルドが恋愛で影響している人がいることは知識として知っていました。
例えば、両親が離婚したり、不仲で子どもの目の前で喧嘩があったり、家庭内暴力があったりしたような場合です。

わたしの両親はこのようなことはなかったですし、むしろ父は家族の為に朝から夜中まで一生懸命働いてくれて、母は完璧に家事をこなしていました。

ただ、かなりの頻度で引っ越さないといけない転勤族だったので、家族それぞれが新しい環境に慣れることが大変でした。その為、自分に気持ちの余裕がなく家族としっかりコミュニケーションはできていませんでした。
そのような小さな積み重ねが、将来の自分自身の「恋愛•結婚観」に影響するものなのだとインナーチャイルドの深さに考えさせられました。

 

スキンシップの多い外国人の家族、恋愛に憧れて海外へ

わたしは幼少期、よく「フルハウス」という海外テレビドラマを観ていました。
妻を事故で亡くしたダニーが男友達に助けながら子育てしていく物語です。
最初はオープニングのサンフランシスコの景色や可愛い外国人の女の子に憧れていたようにも思いましたが、時に賑やかで色々なことを話し合う家族の姿が羨ましかったのかもしれません。
今思うと、「フルハウス」はわたしの恋愛や結婚観に大きな影響を与えられたように感じます。

 

愛情表現が豊かな外国人男性

日本は、世界一キスをしない国でありセックスレスな国でもあります。
海外で生活していて、よく道で外国人のカップルがキスをしていたりします。
そういう風景も時に微笑ましく感じる時があります。
日本人は、家族でハグをしたりする文化がないのですが、海外テレビドラマや海外映画を観て、我が子にも妻にも愛情表現が豊かな外国人男性に驚いた記憶があります。
実際に、日本人男性に比べ、外国人男性は愛情表現が豊かです。
好きって言わなくても空気でわかるでしょ? といようなシャイな日本人男性との恋愛では少し物足りないという女性には、外国人男性との恋愛が合うと思います。

292934030

 

わたしも仕事をして家事分担の方が自分には合っている!?

前回、家庭を守る母の姿についてお話しました。
新しい引っ越し先で、頼る人がいない環境の中、母は3人の子どもを育ててくれました。毎日キッチンに立って、美味しいご飯を必ず作ってくれました。
今日は疲れたから外に食べに行こう! と言う日は一度もありませんでした。
母を見て育ち、完璧に主婦業をこなす姿に、娘ながらにすごいなぁと思うと同時にこんなに完璧にわたしはできない! といつも感じていました。
外国人男性は日本人男性ほど「家事は女性がするものだ」という固定観念がありません。
「夫が家事を手伝う」のではなく「2人で協力して家事をする」というスタイルです。家事分担に対する考え方が日本人とは根本的に異なるのです。
わたしはどちらかと言うと自分も仕事をするから、家事は分担して欲しいタイプなので、外国のスタイルは自分に合っていると思いました。

195178793

 

子どもに持たせる日本のお弁当と海外のお弁当の違いに驚き!

お弁当1つを作る作業にしても、日本のお母さんは海外のお母さんより負担がすごく大きいと思います。
母は、お弁当がいる幼稚園や学校の時は、朝早くから起きて色鮮やかなお弁当を持たせてくれました。朝から卵焼きを焼いてくれて、色が鮮やかになるようにミニトマトを入れてくれて何品かおかず作ってお弁当箱に詰めてくれていました。
日本のスタイルで毎日お弁当を作ることはとても大変だと思います。
オーストラリアで、ホストファミリーが娘さんへ幼稚園のお弁当を作っているところを見ていましたが、パンにチョコレートクリームを塗って、パンの耳を切るだけでした。
「こんなに簡単でいいの!?」と正直かなり驚きました。
火も使わなくて良いし、1〜2分でできる作業なので、これならわたしでも出来る! と思いました。
最近はキャラ弁というお弁当がありますよね。海外のお母さんには考えられないことみたいです。
日本のキャラ弁は、海外で『日本では、こんな芸術的なお弁当をお母さんが子どもに作っている』とニュースになっていました。

129381563

 

皆さんはどんな「恋愛•結婚観」ですか?

いかがでしたか?
今回の『インナーチャイルドと婚活の関係性』の連載は、自分自身を照らし合わせた気づきの感想や共感をいただいています。

みなさんのこと、ぜひ聞かせてくださいね。
次回は、日本の校則への〝違和感〟と海外への憧れとの深い関わりについてお伝えしていきます。
お楽しみに!

♦︎イギリスで婚活ブログ
http://london-mei.com/

 

《仲谷めいさんの過去記事はコチラ》