ワールドカップイヤーに贈る感動の実話!『ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦』

ワールドカップイヤーに贈る感動の実話!『ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦』

0-31での敗北。世界最弱サッカーチーム、米国領サモア代表

サモアとは南太平洋(オセアニア)の島国で、米国領サモアとサモア独立国に分割されている。
人口が少ない上に、アメリカ領ということもあってアメリカンフットボールが圧倒的人気を占めるため、サッカーの実力は世界最弱レベルとして知られる。

2001年、FIFAワールドカップ予選にてオーストラリア代表との試合で0-31での敗北を喫したが、これは国際Aマッチ史上最大点差の敗戦である。
公式戦30戦では200ゴール以上の失点&全敗、10年以上にわたりFIFAランキング最下位、まさに“世界最弱”……。

それが米国領サモア代表チームである。

夢をあきらめない。何度でも立ち上がる。
津波で傷ついた国民のために、不屈の魂で勝利を目指す!

この島は2009年に発生したサモア沖地震により、大きな被害を受けたことでも知られている。

最弱と呼ばれた選手たちは、大敗のトラウマを背負ったゴールキーパー、トランスジェンダーのディフェンダーなどアマチュアの寄せ集め集団。
まさに危機的状況な彼らのもとに、米国サッカー連盟より命を受けたオランダ人監督がやって来る。

確かな実力がある一方、昔気質で口の悪い監督は、瞬く間に島の反感を買うことに。
しかし、その厳しい指導と熱意は次第に選手たちの意識を変え、チームは少しずつ強くなると同時に、監督自身もまた彼らから刺激を受けていく。

そして迎えた2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会予選。

津波で傷ついた故郷のため、支えてくれた人々のため、彼らは魂と誇りをかけて挑む!過去を乗り越え、初勝利を掴むことができるのか?

南太平洋に浮かぶ小さな美しい島で起きた、熱狂と興奮の感動ドキュメンタリー!

『ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦』
5月17日(土)より角川シネマ新宿ほか全国順次公開

監督:マイク・ブレット&スティーブ・ジェイミソン
出演:アメリカ領サモア サッカー代表チーム、トーマス・ロンゲン監督
2014年/イギリス/英語、サモア語 /カラー/ 98分/
配給:アスミック・エース