更年期障害が楽に! 30代からの卵巣ケアの対策で更年期症状が軽くなることも

30代後半から40代に前半にかけての女性から

「最近、生理が短くなってきて、”のぼせ”みたいな症状があるのですが、更年期でしょうか?」
「汗をすごくかいて、寝つきも悪いんですが、これって更年期症状なんですか?」

というメッセージをよくいただきます。

更年期というのは、生理が終わる「閉経」の前後10年間ぐらいの期間のことです。

閉経の前の時期も更年期になりますから、閉経の時期がまだはっきりわからなかったとしても、閉経した時期に、「あの時期の症状は更年期症状だったのね……」とわかることも。

40代後半で閉経になるような女性だと、その5年前から更年期症状が出やすいわけですから、40代前半から更年期の症状が出ることもあります。

30代後半の年齢ですと、更年期の症状というよりは、女性ホルモンを出している卵巣の老化が進んで弱ってしまい、女性ホルモンのはたらきが弱ったことで、更年期と似た症状が出ているだけのことが多いです。

更年期症状というと、
のぼせ、汗をドバーっとかく多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、うつ、イライラ、不眠、動悸、息切れ、吐き気、下痢、肩こりなどのいろんな症状が出るため、
「更年期はつらい」というイメージが強い人もいるでしょう。

家族、血縁の女性の更年期の症状が出ている姿を見て、「大変そう……」と思った方もいると思います。

私も、母が「ドバーっと汗をかくのがイヤ~!!」としかめ面をしている姿を見ていましたし、保健センター勤務のときに、更年期の症状でうつになっている女性たちも見てきたので、「自分も更年期でああなるのかな……」と、こわい気持ちになり、更年期にはいいイメージがありませんでした。

 

30代からの卵巣ケアで更年期症状の対策に!

整体の先生のお話によれば、
「更年期の症状はだれにでもあるといっても、30代からの卵巣のケア次第では、
更年期を楽に過ごせるようになります。
卵巣のケアをすると、婦人科の病気の対策にもなります。」

ということでした。

このことを聞いて、39歳でそろそろ更年期の年齢に近づいてきた私は
「卵巣のケア次第で、つらい更年期が楽になったらうれしいわ~」と、希望が持てました。

30代・40代になってくると、婦人科の病気になる女性も増えてきますから、婦人科の病気の対策になるのもうれしいですよね。

卵巣のケアは30代からやっておくのがいいそうですが、40代からでも生理のときに卵巣のケアをしておくのは更年期のためにもいいそうです。

更年期の時期でもつらい症状がでないで快適に過ごせたらうれしくありませんか?

 

たったの3分 卵巣ブリージングで卵巣が生き生き!

整体で卵巣のケアとして定番なのは、生理がおわった日にやるといい「卵巣ブリージング」です。

あおむけに寝ながら足の付け根になる卵巣に手を当てて、3分くらいでできて簡単です。

卵巣ブリージングのやり方
(1) 生理がおわった日に、あおむけに寝る

(2) オマタのところをさわるとはしっこに恥骨という硬い骨があるので、そこに両手の中指あたりをあてる感じでてのひらを置く

恥骨

卵巣の位置

(3) 恥骨の部分から左右両側の斜め外側に向かって5cmくらいのところに指先があたるようにずらす

この位置がだいたい卵巣の位置になりますが、よくわからないときには、恥骨の部分に中指があたるように手のひらをおいたままでいいです。

(4)手のひらを置いた部分をあたためるようなイメージで3分くらい待つ

あたたまってきた感じがしたら、3分も待たなくていいです。

生理がおわったのが夜ぐらいで、卵巣ブリージングをする時間がないときには、翌日にやってみてください。

卵巣ブリージングをすると、子宮の中に生理の血が残っているときには2日以内くらいで、残っていた血が出てきます。

卵巣ブリージングをした後で血がでてこなければ、生理の血はきれいに出し切っているサインです。

生理の血が残ったままだと、生理不順などの生理のトラブルや婦人科の病気が起きやすくなるそうです。

卵巣ブリージングで生理の血を出し切っていれば、卵巣も生き生きしてきて更年期の症状も楽になりやすく、更年期の年齢でも快適にすごせます。

更年期の時期でもつらい症状がでないで快適に過ごせたらうれしくありませんか?

参考文献
奥谷まゆみ著:骨盤リセット

 

《保健師 めぐみさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nurse%EF%BD%B0megumi/?c=113328