人生が100倍楽しくなる魔法の生き方・舞香さんインタビューvol9【お金が軽~くなる魔法のお話】

舞香さん

皆さん、こんにちは。
大人気アメブロトップブロガーであり作家としても活躍する【魔法の生き方伝道師】の舞香さんにインタビューしてきました。

★★★

 

お金は便利グッズ

記者 魔法の生き方では、お金についてどのように考えていますか?

舞香さん 魔法的にはお金はハーゲンダッツ引換券みたいなものです。
ハーゲンダッツに限らず、なにか自分が欲しい物と引き換えができる券。

たくさん持っているから凄いわけでもないし、たとえハーゲンダッツ引換券がなくても、友達がハーゲンダッツをくれたら、それでいいですよね。
欲しい物が手に入ればいいので、別にお金を経由しなくてもいいですよね。
要はお金は便利グッズです。

記者 だいぶ軽くなりましたね(笑)

舞香さん お金は、そのくらい軽いものです。
みんなお金に対していろいろ乗っけすぎなんですよね。
お金は愛、とか、エネルギーとか、そういうのも、わたしは重い! 重い! って思っちゃう。
便利グッズとかハーゲンダッツ引換券くらいでいい(笑)

記者 お金がたくさん欲しいけど、手に入らない! という方に向けて魔法的にはどんなアドバイスがありますか?

舞香さん  先に本当に欲しい物を手に入れた方がいいんじゃないですか?
記者 本当に欲しい物?

舞香さん なんでお金がいっぱい欲しいか?というところです。
例えば、お金がたくさんあったら自由になれる気がする、とか不安から解放されるとか、安心感が得られるとか、思っている人もいると思うんですよ。

それだったら、今すぐに自由を手に入れて、今すぐ安心感を感じてしまえばいいんです。
わざわざたくさんのお金を経由する必要がない。

自由や安心感というのは、自分のこころのスイッチひとつで手に入るものだから、いますぐ手に入れたらいいのに、って思います。

記者 確かに。本当に欲しいのはお金そのものじゃないんですよね
わたしも以前、漠然とお金が欲しいと思っていました。
お金さえあれば、なんとかなる気がしていました。
恋愛が上手くいかないのも、お金さえあれば上手くいく、と思っていたり(笑)もっとおしゃれしたりキレイになれるし、とか。
仕事もお金があったら、もっといい物を揃えて、お金をかけて広告出せるし、とか。
【お金があったら】にすべてを結び付けていた気がします。

舞香さん

 

お金があってもなにも変わらない

舞香さん わたし以前、月収15万もいかないくらいで、アパートに住んで子供を養いながら生活していたんですけど、それから魔法の生き方を始めて、収入が10倍以上に変わったんですね。
変わって気づいたのが『お金があってもなんにも変わらない』ということ。
それを体験して腑に落ちたんです。

例えば、『お金さえあれば、もっと、おしゃれになれるのに!』と思っていても、もともとセンスがない人がお金を持ったところで、いきなりおしゃれにはならないですし(笑)

この【わたし】という感覚は、収入が変わったところで何も変わらないんです。
【わたし】はどこまでいっても【わたし】なんです。

持ち物にしても、今までは数千円のバッグを持っていて、お金が増えて、100万円のバッグを持つようになったところで、なんにも変わらないんです。

数千円のバッグでも、自分が気に入ってときめいて買ったものなら嬉しいし、そのときめきと、100万円のバッグを買ったときめきって一緒なんですよ。

記者 それは体感しないと、一緒だとは思えないかもしれないですね。

舞香さん 逆に、人を羨ましいと思う気持ちも一緒です。

記者  収入が10倍になっても……

舞香さん もっと10倍の人がいるから(笑)
そういう比較で生きていたらキリがないんです。
いまの額がいくらだろうと、満たされて生きることはできるし、どれだけお金を持っていても、他人を羨んだり、不安を感じながら生きることができるんです。

満たされた気持ちと、お金の量は、ほんとうに関係ない。

お金のせいにするとラクなんですよ。お金がないから、できない、とか。
お金のせいにすると、それ以上考えなくて済むじゃないですか。
みんな自分の内側を見たくないから、お金のせいにしているんです。

 

舞香さんの新刊【恋愛やめたら王子様が現れた~幸せにしかならない魔法の恋愛~】大好評発売中です。次回は舞香さんインタビューvol10【一億円とオールマイティパス】をお届けします。

 

舞香さんインタビュー記事一覧は、藤原マリの記事一覧からご覧ください。

 

舞香さん

舞香さんのプロフィール
エッセイスト/魔法の生き方伝道師
オンラインサロンMAIKALAND運営
グランデ・モンタナ株式会社 代表取締役

15才で出産してシングルマザーになる。10代の頃から、自己啓発、成功法則、宇宙の真理を探究し「魔法の生き方」に出会う。
魔法の生き方を実践することで、27才で会社を設立し事業も軌道に乗り、11才年下の通称「王子」と共に悠々自適な幸せな毎日を過ごすようになる。
現在では「魔法の生き方」を広めるためにラジオ出演や講演会など、精力的に活動している。
著書『人生を100倍楽しくする魔法の生き方』『優しい世界に行ける魔法の言葉52』『恋愛やめたら、王子様が現れた』

SNS https://linktr.ee/maika.mahou

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299