人生が100倍楽しくなる魔法の生き方・舞香さんインタビューvol8【世界をワープする“なりきり”の魔法】

舞香さん

皆さん、こんにちは。
大人気アメブロトップブロガーであり作家としても活躍する【魔法の生き方伝道師】の舞香さんにインタビューしてきました。

★★★

 

夢で遊ぶ・なりきりの魔法

記者 簡単になりたい自分になる方法で【なりきり】というものがありますね。

舞香さん 【なりきり】は、超一流の女優さんだと思って、役(なりたい自分)になりきるんです。

記者 舞香さんは現在3冊、本を出版していらっしゃいますが、出版も【なりきり】をしていましたよね。

舞香さん そう。まだ出版の話もなく、ブログもアクセス数がない時に、【著者なりきり】をしていました。
プロフィール写真をちゃんと撮って、本の表紙を印刷して、他の本に表紙だけ被せて
本屋さんに置いて写真撮ったりしましたね。

あと、著者と言えば、よく伊豆とかに籠って執筆したりするので、無駄に籠りに行っ
たり。
記者 全力でなりきっていますね!
舞香さん そうですね。夢で遊ぶって大事です。

 

夢はナマモノ

【夢はナマモノ】なんです。
いまやりたい、と思い浮かんだなら、いつかそうなるために目指すんじゃなくて、
いまそれを体験したいわけだから、少しでもそのエッセンスを感じられることをする、というのが大切なんです。

例えば、いま、ハワイに行きたい、って思ったら、ハワイに行くために旅費がいるから、引っ越しのバイトをしようかな、とかじゃなくて、
いま、ハワイアン料理を食べに行くとか、ちょっとでもエッセンスを感じられることをやることが、次の夢に繋がるのかな、って思います。

記者
なりたい自分になろうとした時に【なにかになるために頑張る】って思うと、『いまの自分』と『なりたい自分』の間に距離がありますよね。

でも、【なりきり】をすることで、その距離を一気に縮められる気がするんです。

舞香さん そうですね。もうなっちゃいますからね。

【なりきり】をしていると勝手に現実も追いついてきて、現実にそうなっちゃうんですけど、
現実を変えるために【なりきり】をするんじゃないんです。

現実を変えたいからじゃなくて、いまなりたいから、なりきる。
なりたい自分になった感覚を味わいたいから、なる。
なりきりをしているとそれで満足しちゃうんです。
後で現実が追いついてきても、それはオマケなんです。

舞香さん

 

なりきりのコツ

舞香さん 一時期【ボインなりきり】をやっていました

記者 どういう風にやっていたんですか?

舞香さん わたしはグラビアアイドルくらい胸が大きいんだ!と思って、グラビアポーズで写真を撮ったりしました。
でも、それは上手くなりきりができていなくて、『いつになったら大きくなるんだ?』って思いながらやっていたんです。
よく考えたら、ほんとうに胸が大きい人って、そんなこと思わないですよね。
そう思う時点でなりきれていないんです。

現実には価値がるけど、想像には価値がないって思い込んでいたら、【なりきり】を楽しめないかもしれません。
本当は現実も想像も価値は同じで、体験が大事なんです。
楽しいって気持ちを感じることは、想像でも現実でも出来るんです。

記者 みんな現実に価値を置きすぎているのかもしれません。

舞香さん そうですね。現実に価値を置いていると『いつになったら胸が大きくなるんだ!?』ってことになります(笑)
そうではなくて、『わたしは胸が大きい! ドヤっ!』って気持ちを今味わいたいだけなので、
想像で味わえたなら、『あー楽しかった、良かったね!』で終わりなんです。

記者 他になりきりのコツ、はありますか?

舞香さん わたしは思い込みが強くて、自分で【なりきり】をしている、っていう意識もないくらい、なりきっちゃうんです。

あと、どんなことでも、誰かが出来ていると、自分もイケる気がしちゃうんです。

この魔法のお話を教えてくれた人が、魔法で生きていたら、すごくいい生活ができるようになって、という話を聞いて『この人が出来るなら、わたしも出来るんだ!』と思ったんです。

記者 皆さん、わたしもできるんだ! と思って魔法を実践してみて欲しいですね!

舞香さんの新刊【恋愛やめたら王子様が現れた~幸せにしかならない魔法の恋愛~】大好評発売中です。

次回は舞香さんインタビューvol9【お金が軽~くなる魔法のお話】】をお届けします。

 

舞香さんインタビュー記事一覧は、藤原マリの記事一覧からご覧ください。

 

舞香さん

舞香さんのプロフィール
エッセイスト/魔法の生き方伝道師
オンラインサロンMAIKALAND運営
グランデ・モンタナ株式会社 代表取締役

15才で出産してシングルマザーになる。10代の頃から、自己啓発、成功法則、宇宙の真理を探究し「魔法の生き方」に出会う。
魔法の生き方を実践することで、27才で会社を設立し事業も軌道に乗り、11才年下の通称「王子」と共に悠々自適な幸せな毎日を過ごすようになる。
現在では「魔法の生き方」を広めるためにラジオ出演や講演会など、精力的に活動している。
著書『人生を100倍楽しくする魔法の生き方』『優しい世界に行ける魔法の言葉52』『恋愛やめたら、王子様が現れた』

SNS https://linktr.ee/maika.mahou

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299