9月地球の2極化は加速する⁉ — アセンションに備えるために8月中にやっておくべきこと —

アセンション

今、地球の次元が上昇しつつあり、大きく2つに分裂しようとしている、その最後の段階にあるらしい。
私にはそれを感じる能力がないので、分からないですが、スピリチュアル業界では多くの人がそう伝えてくれています。

この先地球は2つのパラレルワールドに別れ、一度別れたら2度と行き来できなくなるそうです。
それがパラレルワールドかどうか? はわかりませんが、確かに世界は大きく変化しつつあり、コロナを機にさらに変化していくスピードが加速しているような感じを私も受けています。

先日、私のコーチングと心理学の教室を、協会組織にしないのか? と聞かれました。
で、思いました、これから先の世界は、協会組織の時代ではない! と。

何かの組織に所属するとか、そういう今までの価値観ではなく、この先の世界は、もっと個人としての自由さや、軽さがすごく重要な気がしています。
「常識」とか「人の目」とかに囚われない身軽な発想や思考が、この先の世界には絶対的に必要なのです。

ある方のYouTubeで、地球2極化のプラス世界に行くためにするべきこと! という話題が上がっていました。
① 自分を赦す
② 人を赦す
と言っていました。

私は、以前引き寄せの法則にはまり、山ほど本を読んで、来る日来る日もずっと引き寄せの法則のことを考えていたそんな折、般若心経を勉強する機会を得ます。

そんなある日、突如として
「なるほどこの世界は私が創り出している幻想で、それこそが般若心境でいう空という思考なのだ!」と妙に腑に落ちた瞬間があり、そして、その時世界が一変しました。

私たちが見ているこの現実とは、すべて自分が創り出している幻想であり、この現実こそが自分が引き寄せた結果です。
これを「現実創造の原則」と私は呼んでいて、
誰も逃れることができない宇宙の法則だと考えています。
そして
この法則を「成功」に当てはめたものが「引き寄せの法則」と言われるものです。

 

嫌いな人も、その環境も全部自分が創り出してる。

だから、たとえ嫌いな人から離れたとしても、また似たような人に出会う確率は高く、その人を創造している自分の中の原因が変わらなければ、結果変わることはありません。

もし今あなたに赦せない人がいるとしたら、その現実を創り出した自分の中の原因は? と考えてみましょう。
つまり、今の現実をみれば自分の潜在意識が分かるのです。
そういう目でみてみると、自分では普段見えていない一面が垣間見れる時があります。

アセンション

自分は未熟な人間です。
まだまだ夢には到達しない。
嫉妬もすれば、自分が正しいと思うこともある、まず、1度受取りましょう! 自分は未熟であると認めましょう。
それが自己受容ということだと思います。
そんな未熟な自分が創り出しているのだから、相手も同様に未熟であり、完璧であるはずがないのです。

私は不器用で鶴とか折るのがめちゃくちゃ苦手。
以前に少年団のママ友仲間で千羽鶴を作ったのですが、私が折った鶴はすぐに見分けがつくほどへたくそ! でも、こんな不器用な自分が折った鶴は不格好でもなんだか愛おしいものです。

未熟で不完全な自分も、そんな自分が創り出した不完全な他人も、不完全な現実も、それも全部致し方ありません。
これが私なんだから。
自分も他人も赦すとはそういうことなんじゃないかな? と思います。

 

自分を赦すことができれば、他人も赦せる。

自分を受容できる力は、他人や現実をも受容できる力です。

8月中に! 未熟な自分を受け止め、自分も他の人も受容することで、重い波動を手放して、もっと自由で、もっと軽やかな思考に変えていく。
① 自分の嫌いなところ
② 自分の過去の嫌な思い出
③ 抱えているマイナスな感情
をノートに書いてみるといいと思います。
そしてジャッジせずにただ受容する。
「ああ、私そうなんだね。」と受け取り、そして共感する。
「そう感じているんだね。」
ただそれだけです。

自己受容とは、受け取ること。
いい悪い、正しいかの問題ではありません。

アセンション

スピリチュアル業界のネット情報では、どうやら2極化の扉がこの9月にも閉まろうとしているらしく、結果としてますます時間が早くなっているそうです。

そういわれてみれば時間がたつのがやたら早く感じますよね。
歳のせいばかりではなかったようです。

私はスピリチュアルな能力がないので詳しくはわかりませんが、ただ世界が急激に変化しつつあり、その変化のスピードがどんどん加速しているのを、ニュースなどを見ていても肌で感じています。
秋まで待ってる時間はありません。

8月中に! という、それくらいのスピード感が重要なのではと思います。

 

《さくらあくり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tef2sakura2/?c=157526