惑星逆行中は問題が多い? 逆行は宇宙が意図した惑星のエネルギーのメンテナンス期間なんです。

こんにちは。スピリチュアルライターのあやこです。

私の肩書にはもうひとつ、「惑星逆行研究家」というものがあります。

「惑星逆行」って聞きなれませんでしょうか?
惑星逆行とは、地球から見て惑星がいつもとは逆の方向に進んで見える天体の現象のことです。

実際に逆向きに動いてはいませんが、
地球と惑星の軌道の形やスピードの関係で、
地球から見た時に逆に進んで見える期間が
あるんですね。

この不思議な現象である惑星逆行は、占星術的にこんな意味合いを持つとされています。

・惑星の司る分野で問題が浮上しやすい
・惑星の持つエネルギーが内向し、蓄積されやすい
・惑星が過去に遡ってそれまでの現象を見直す期間

問題が浮上しやすい、だなんて、あまりうれしい現象ではないみたいですね。

惑星の逆行は、問題や事故などが多く現れるように見えることから、これまであまりよい印象を持たれていませんでした。

逆行中は、惑星の持つエネルギーが内に向かいうため、歪んだ形で現れやすく、惑星の象徴する分野で問題が浮かび上がりやすくなります。

ここで誤解していただきたくないのは、惑星が逆行したから問題が発生する、惑星が問題や事故を引き起こすというのではないということです。

惑星が順行中にも、問題や事故は起こっているのです。
しかし、順行中には特に注目されなかった問題も、逆行中では通常より問題視されやすくなると考えるとよいでしょう。

ちょっと残念な印象を与えがちな惑星逆行ですが、問題や事故が露見しやすい、注目されやすいということは、ともすると隠蔽されてしまうような問題を解決できる大切なチャンスともいえます。

どんなに順調そうに見える事業でも、定期的に見直して、メンテナンスすることが大切ですよね。

惑星の逆行は、宇宙があえて意図した惑星のエネルギーをメンテナンスするための重要な期間なのです。

では、実際に惑星ごとにどんな問題が起こりやすいのか、惑星の司る分野、キーワードとともにお話ししたいと思います。

 

「コミュニケーションの星、水星の逆行中は連絡ミスに注意。
各惑星の逆行中に起きるのはこんな問題です。」

地球から逆行して見える期間があるのは、
水星、火星、金星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の8つの惑星です。

1年のうち、ほとんどの期間はいずれかの惑星が逆行していますので、どんな問題が起きやすいかチェックして心づもりしておくとよいかもしれませんね。

なお、地球から比較的近い、水星、火星、金星は、逆行の最中に人間の生活や内面に影響しやすく、遠い惑星になるほど、逆行の開始、終了前後に社会の仕組みや風潮、企業、政治、時代などに大きく影響します。

水星【言葉、コミュニケーション、交通を司る惑星】
→連絡ミス、文章ミス、交通の遅延

火星【情熱、攻撃性、スピード、男性性を司る惑星】
→けんか、火のトラブル、交通事故、ケガ

金星【愛、喜び、美、美意識、女性性を司る惑星】
→愛のすれ違い、お金のトラブル、幼稚さ

木星【成長、拡大、社会的価値を司る惑星】
→規模を広げ過ぎる、物事を軽んじる

土星【罪悪感、制限、経験を重ねた人などを司る惑星】
→目上の人との衝突、上層部や歴史ある分野での問題

天王星【自立、革命、個人主義、ネットワークを司る惑星】
→PCやネット関連のトラブル、物流問題

海王星【理想、夢、愛、お酒、薬を司る惑星】
→水や薬、アルコールに溺れる、心酔する、(個人や集団で)騙される

冥王星【死、再生、財産、支配層、性を司る惑星】
→支配者層のトラブル、性やジェンダーの問題