大人を休む習慣、持ってみませんか? 生きていくエネルギーを枯渇させないために。

少しでも気持ちが揺すぶられたものがあったら、ためらわずに掘り下げて楽しんでみてはいかがでしょう。
大人を休む習慣、持ってみませんか? 生きていくエネルギーを枯渇させないために。

心の機能を回復させる時間を持ちましょう! 大人であることも、時には休んでいいのです。

「つまらない大人にはなりたくない」
そう歌ったのは佐野元春さんですが、大人になった今、果たして自分はつまらないのか、つまる(?)のか。

時折そう、自分を見直してみてはいかがでしょうか。

多分、つまらない大人というのは、心の温度と湿度が下がってしまった人をいうのではないでしょうか。
心が冷えて、乾ききってしまって、物事に情熱を感じられず、いつの間にか心の底から感動することを忘れてしまったといったような。
それは、悲しいかな、致し方ないこととも考えられます。
社会の中で、大人としてそつなく生きている限り、そんな状態に陥ることはいくらでもあるものだからです。

それは、どうしても「意に反した」行動をとらなければならない場面に遭遇することにあります。
日々私たちには「生活のために我慢すること」というものが次から次へとやってきますが、これから降りてしまっては生きていくことはできません。
ここを降りないからこそ、生きてもいかれるから。

そして我慢によって任務や責任を全うすることは、大人としての最低限の約束事だからです。
ですが、ただ、時にはこの分別をきっぱりと休んでみないと、心の機能は退化の一途をたどるばかり。
その熱量や勢いはいつまでたっても回復しないでしょう。

 

最高に感受性が豊かだった頃、あなたは何が好きでしたか? もう一度、触れてみませんか?

その、大人であることの休み方ですが、一番おすすめできるのは、何といっても感情が思い切りはじけるもの。それに触れることです。
音楽でも映画でも、アイドルでも美術でも、文学でもスポーツでも、何でもかまいません。心がわなわなと震えてくるような、日常の生活では味わえない感動を自分からつかみに行くこと。

そんな時間を過ごすことが、もっとも効果的な方法のようです。

もしも今、そうしたものが見つからないなら、10代の頃に大好きだったものにもう一度触れてみるというのも効果絶大です。
最高に感受性が豊かであった頃に好きだったものは、確実に冷めて乾いた心に効くはずです。

その、ちょっとこそばゆいような、あの頃の熱かった思いが戻ってくるのを実感すると、途端に心はみずみずしくなるでしょう。
また、もしも身近に10代の少年少女がいたなら、彼ら彼女らが今、熱くなっているものについて、インタビューしてみるのも手です。

少しでも気持ちが揺すぶられたものがあったら、ためらわずに掘り下げて楽しんでみてはいかがでしょう。
そこで、「年甲斐もない」などと尻込みするのはもったいないこと。
ポイントは、あなた自身が反応したかどうかです。

この反応こそ、あなたの心の機能がよみがえるサインですから、素直に乗ってみたほうが、きっとこの先、面白い展開がみられるはずです。

感情を思い切り解放する対象はひとつでも多いほど、これからの人生は、とっても生きやすくなると思います。
常に温度と湿度を失わない心を保っていれば、どんなに苦しい出来事があってもそれを吹き飛ばし、越えていくエネルギーも日々、増えていくからです。

 

《ユウコさんの記事一覧はこちら》

http://www.el-aura.com/writer/yuko/?c=103325