あなたの道が、大きく、明るく開けるとき。
それは、あきらめることをあきらめたときです!

夢や希望など、持つだけ無駄。 最初からあきらめてしまいたいと、心の底から考えているのでしょうか。
あなたの道が、大きく、明るく開けるとき。<br>それは、あきらめることをあきらめたときです!

発想の転換で、あきらめの気持ちをネガティブなものに向けると、目の前はガラリと変わります!

あきらめてしまうこと。
それはとっても後ろ髪をひかれるものです。

あったかも知れない可能性というものを、自分の手でつぶしたというそのやるせなさは、地団駄を踏みたくなるほど苦しいものです。
しかし、その思いを少し俯瞰してとらえてみると、そこには確かに、「楽」になったという思いも見え隠れしています。

これは、ずっとうまくいかないながらも、しがみついていたものをようやく手放せたことで得られた安堵感によるものでしょう。
また、もういい、もう要らないとかたをつけてしまえば、心はすっきり整理されてそれがまた気持ちよさへとつながるという、そんな側面も確かにあるのです。

そこでこの、あきらめの気持ち。
手放して楽になるという作用に注目してもっと利用していけたらと思います。
いっそ発想を転換させてみてはいかがでしょうか。
これまで、夢や理想といったものに向けていたあきらめの気持ちを反対に、ネガティブなことへ向けてみるのです。

444969736

「太ってしまうことをあきらめる」
「老け込むことをあきらめる」
「転職の失敗をあきらめる」
「不幸な恋愛をあきらめる」
「豊かでない暮らしをあきらめる」

いかがでしょう。
こんなふうに潔くあきらめてみると、なかなかにして清々しく目の前が開けてくるのに、きっと驚かれることと思います。

同じあきらめの気持ちを持つことでも、胸に芽生えるものはまるで違ってくるのに、痛快な気持ちすら起こるものです。
よろこばしくないことをこちらからきっぱりとあきらめてしまうと、後に残るは、うまく行きそうな明るい、こころよい予感だけ。
ペシミストも、オプティミストに否が応にも変身させられてしまう、そんな感覚に包まれることでしょう。

 

あきらめとは、その操作次第で絶望にも、勇気にも変わる不思議な感情です。

231045031

基本的にはポジティブでいることが理想ではありますが、人間というものは、何故か放っておくと、たやすくネガティブなほうへ意識を向けてしまいがちな傾向があります。

そこでひとつ確認していただきたいのは、果たして自分は、本当にネガティブな状態になりたいのかということです。
夢や希望など、持つだけ無駄。
最初からあきらめてしまいたいと、心の底から考えているのでしょうか。

そう自問してみると、きっとそんなおかしな願いを抱えているのは不自然なことだと思えてくるはずです。
また、そんな考え方に対して、抵抗感も覚えてしまうことでしょう。

そこでこれからは、そのあきらめを、あきらめてみる。こんなやり方で、あきらめの思いを発動させることをおすすめします。
すると、夢や希望は、どうしてだかぐっと身近に感じられてきます。

それはまぎれもなく、夢や希望というものは自分にふさわしいことだからこそ、生まれてきたからなのです。
あきらめという、一見よろしくないようなものも、その操作次第で絶望にも、勇気にもなるのは本当のこと。

そして、あきらめによって手放すものは、自分を苦しめるネガティブなものだけで十分と知ると、夢や希望の存在をたまらなく信じたくなってくること、間違いなしです。

 

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ 公式サイト
(ブログ毎日更新中!)
http://yukomotoyama.com/

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ Facebookページ
https://www.facebook.com/beauty.yukomotoyama/

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ Twitter
https://twitter.com/yukoxoxo

 

《ユウコさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/yuko/?c=103325