「セルフィースティック」を使うなら、自分を心から好きになってから!

自分を大好きになることは、自分だけしか愛せなくなるのとは違います。
「セルフィースティック」を使うなら、自分を心から好きになってから!

どうしたものか「自分大好き」な行動には、世間はネガティブな反応をみせるようです。

相変わらず「セルフィースティック」という、自撮り用の補助機材が人気です。
これを使うと、まるで誰かに撮ってもらったかのような、自然な写真が撮れるのだそうです。

ところがこれを使う人のことは、あまりよく言われていません。「自撮り」というその行為に対して、世間はネガティブな反応をするようなのです。さらにこの自撮りした写真をSNSなどにアップすることに対しては、もっと批判が集中します。

その理由は、ズバリ「自分大好き」な行動が鼻につくからだそう。
芸能人でもないのに、自分の写真を不特定多数にさらすとは何事かというわけです。
さらに、「自分大好き」な人は、異性からもモテないと言われます。

396882103

ですが、もしも好きな人が、自分のことを大嫌いであったらどうでしょう。
俺なんか、私なんかと、自分を卑下し、自分を大切にせず、いつも劣等感のかたまりのような発言ばかりしていたら。
むしろそんな人とのほうが、余程そばにいたくなくなるのではないでしょうか。

心から好きだと思っている人が、自分のことを粗末に思っている様子には、それは胸が痛むものですし。
本来、人間は自分を大好きでなければ健全ではありません。さらに、そうでなければ、親しく関わってくれている方々に対しても、失礼な話なのです。
せっかく自分に対して好意を向けてくださっているのに、当の本人が自分を嫌っていたら、その好意は行き場をなくしてしまいます。

 

「自分大好き」な行動が不自然に見えるのは、自分への「好きな度合い」が半端だから!

おそらく、世間がいうところの「自分大好き」な人というのは、

① 自分にしか興味がない
② 自分のことしか考えていない
③ 自分さえよければ他人はどうでもよい

そんなイメージが先行しているように思います。それが嫌悪感につながるのでしょう。
しかし、そう思わせてしまうのには、決定的な理由があります。
それは、自分への「好きな度合い」が半端だということです。

心のどこかで自分を好きになり切れていないから、「自分大好き」な行動に、不自然さが見え隠れして、①~③のような印象を与えてしまうのです。

369977486

特にSNSにおいて批判の矛先が向くのは、受けとり手の気持ちをまったく察さない投稿です。

モラル的に問題があったり、場合によっては不特定多数の人を不快にさせるかも知れない写真であっても、自分がいい感じに撮れているならOK。そんな自己中心的な感覚で投稿する癖のついている人は、恐らく自分を好きな度合いは知れたものでしょう。

何故なら、自分をしっかりと全肯定できていれば、必ず他者のことも自分同様に慮れる力があるはずなのですから。
そんな人がアップする自撮り写真なら、見ていてとってもいい気分になるものです。

自分を大好きになることは、自分だけしか愛せなくなるのとは違います。
セルフィースティックを使うときには、心の底から自分を好きだと思って撮影したいもの。
ならば、その姿を見た人は、私もセルフィースティックで自分を撮ってみたいと思うに違いないでしょう。

 

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ 公式サイト
(ブログ毎日更新中!)
http://yukomotoyama.com/

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ Facebookページ
https://www.facebook.com/beauty.yukomotoyama/

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ Twitter
https://twitter.com/yukoxoxo

 

《ユウコさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/yuko/?c=103325