わかり合うことをあきらめて、人間関係への悩みから解放されてみませんか?

人間関係、恐るべからず。 要は、相手の心にも、自分の心にも、余計な負担をかけないことに尽きます。
わかり合うことをあきらめて、人間関係への悩みから解放されてみませんか?

人と人との、「心の通じ合い」は奇跡的なことと知っておきましょう。

人間関係と聞けば、大抵の人がネガティブな連想をされると思います。
ストレス。
悩みの種。
むずかしい問題。
こんなフレーズが自然と思い浮かぶのは、おかしなくらいです。

本当にいつから私たちは、これほど人と人との間にいることで、しんどい思いを強いられるようになったのでしょう。
場合によっては、この問題で心を病んでしまうなど、深刻な展開になることもあります。

ですから無防備に世間に出て行くのは避けたほうがよいでしょう。
かといって、完全防備で目には目を、といった姿勢でいくのも、これはまた消耗してしまいます。

そこで、今回は日々の中で心にとめておくと、とっても楽になる考え方をご提案します。
それは、人との「心の通じ合い」は奇跡であると知ることです。

本来、心を開いて、信頼してお付き合いができる相手というのは、そうそうお目にかかれるものではありません。
よく、コミュニケーションが上手にはかれないと自分を責めてしまいがちですが、そもそも、心底からのコミュニケーションなど、よっぽど相性のよい人が相手でなければ、すんなりといくほうが不思議なのです。

116112985

なので、最初からすっぱりと心を通じ合わせ、わかり合うということをあきらめておくと、ぐっと気軽に、スムーズに交流することができます。
そこで気をつけたいのは、心の通じ合いはあきらめても、相手の思いには寄り添って、誠心誠意対応することです。
礼儀、マナーに関しても十二分に気をつけて。

また、自分からも相手に投げかけたいことがあるなら、ていねいに言葉を選んで伝えます。
そして、相手との接点はこのやりとりだけと意識していましょう。
さらにここに、できるだけ私情を交えないことも心にとめておければ、なお理想的です。

 

出会えたこと、時間を共にしたことだけでも、豊かな人生の1ページです!

一見、この方法はあまりにもビジネスライクで、そっけなさ過ぎなようにも思われますが、やってみると、これが大変こころよいのです。

その人に好かれなければならない。
その人のことを受け入れなければならない。
その人と、何かしらの関係を作らなければならない。

こんな思いこそ、人間関係を疲れさせ、ゆがませてしまうものだからです。

これをあきらめてしまえば、むしろその人と過ごす時間が面白くなります。
一緒にいることの目的だけに焦点を当てれば、その人と過ごす時間の意味や価値はぐっと上がるのです。
(ですから、かえってその人と心が通じ合ってしまうことも多々起きます!)

75027667

また、人間関係に対して、こんなふうに考え方を変えてみると、心が通じ合える方というのは、本当に奇跡のように現れてくださった人だということも痛いほどわかります。

ハートで話せることは、当たり前ではない。
天が自分に与えてくれた、すばらしいギフトなのだ。
それを思い知ると、心から今、仲良くしてくれている人たちへ、感謝の思いもひときわわいてくるのも、しあわせなことです。

人間関係、恐るべからず。
要は、相手の心にも、自分の心にも、余計な負担をかけないことに尽きます。

人と人とは、何かをわかり合えなくても、分かち合えなくてもいいのです。
ただ、出会えたこと、ご縁が合って時間を共にしたこと。
それだけで十分に豊かな人生の1ページとなるのですから。

 

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ 公式サイト
(ブログ毎日更新中!)
http://yukomotoyama.com/

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ Facebookページ
https://www.facebook.com/beauty.yukomotoyama/

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ Twitter
https://twitter.com/yukoxoxo

 

《ユウコさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/yuko/?c=103325