「魂の究極」に触れるスピリチュアルを知る~来たるべき蠍座木星期の恩恵を受けるために、今、私たちがすべきこと

「愛する人が、それで幸せになれるのなら」 ——そんな思いこそが、“真実の愛情”と呼べるものであるのかもしれません。

2017年10月10日、天空を移動中の木星がいよいよ蠍座に歩を進めます。
蠍座は、個を超えた深い一体感を求め、「魂の融合」を果たしていくサイン。

その場所に「拡大・発展の星」と呼ばれる木星が入宮することで、
私たちの意識や行動に、一体どんな変化が現れるのでしょうか……。

今日は、2017年秋口以降~年末までの星の動きを追いながら、
来たるべき蠍座木星の年に向け、私たちがより良く在るためにはどうすればいいか、
という点について考えてみたいと思います。

 

スピリチュアルブームの到来が予想される「蠍座木星入宮」以降の一年

この10月10日に木星が蠍座に入宮する瞬間のホロスコープを見ると、
私たちの個人的な悲しみや心の傷がきっかけとなり、それらを根本から見つめ直そう、
という思いが高まってくる様子が眼に浮かびます。

歴史物語や神話の中には、必ずと言っていいほど男女・親子間の愛憎劇が描かれていますが、「そんな頃から人の性(さが)は変わらないのか」と、本当に驚いてしまいますね。
遙かなる太古の時代から、私たちは自分と別の誰かとの間に
決して離れることのない“魂の融合”を求めてやまないものなのかもしれません。

愛すれば愛するほどに、完全には分かり合えないことが苦しくなってくる……
求めて得られず傷ついたり、手放すことに怖れを感じたり。
そんな風に抱えがちだった心の傷を、「真剣に向き合って昇華させていこう」という動きが、この秋口~年末までの星の動きから読み取れます。

この時期は、苦しみの中から光明を見出す、あるいは辛い経験の中に幸せの芽が隠れている、といった出来事が多くなるかもしれません。
木星が蠍座に入宮することで、隠された真相をとことん探求したいというムードが強まり、結果的に「理想論ではない、魂の究極に触れるスピリチュアル」がブームになる予感がします。

 

本物の輝きこそが求められる蠍座木星期。イミテーションは次第にメッキがはがれていく

一口にスピリチュアルといっても、それらの中に含まれるものは様々です。
では、「魂の究極に触れる」とは一体どういうことを指すのでしょうか。

蠍座に入った木星は、年末までの間に水星・金星・火星などと一緒に海王星と絡み合い、
個人的な出来事を通して霊的な直感やインスピレーションを体験させてくれそうです。

ただし、ここで与えられるのは、本心から必要とされるインスピレーションです。
それはオーラや霊が視えるようになる、といった単純なものではありません。
しいていえば、火事場の馬鹿力のような、「真剣に願った末に、限界を超えたタイミングでの奇跡がもたらされるもの」、という風に思います。

本物を見抜く蠍座木星の前では、小手先のウソやごまかしなどは通用しません。
木星というのは、良くも悪くもものごとを増幅させるエネルギーを持った星ですから、
「誰かのための純粋な願い」ほどその見返りも素晴らしいものになるし、自分だけが美味しい思いをしようというエゴからくる願いは、後々のペナルティも大きくなるはずです。

 

来たるべき新しい年に向け、幸せの扉を開くために私たちが今、すべきこと

蠍座木星の恩恵に与るためには、私たち自身も本物の輝きを身に付けなければいけません。
強く願えば叶う、とばかりにエゴにまみれた願望を引き寄せようとせず、どうしてその現状にあるのか、という「これまでの在り方」をしっかりと見つめるようにしてください。

この時期、私たち一人ひとりに求められているものは、
「愛するもののためならば、全生命を投げ出してもかまわない」といった本気の愛情です。

それはたとえば、愛する人が別の誰かの元に去っていったとき、
嵐のような苦しみを超えた先にある、不思議な心の静寂のようなものかもしれません。
「愛する人が、それで幸せになれるのなら」
——そんな思いこそが、“真実の愛情”と呼べるものであるのかもしれません。

ちっぽけな愛情を乗り越えて、真の大きな愛情に辿り着く……
それが「魂の究極に触れるスピリチュアル」を知るということであり、
今、私たちに求められているのは、そんな風に大我な心で生きることなのだろうと感じます。

そのためには、自分の幸せだけを追い求めるのではなく、内なる願いをきちんと自覚した上で、利己的な欲望をできるだけ取り除く努力をすることが大切です。
今、自分が手に入れたいものは、「誰にとっても幸せな結果をもたらすもの」かどうか。
その部分を考えることが、この時期の重要な課題となってくるのではないでしょうか。

そうした心の内側を見つめるレッスンを終了した暁には、
きっと想像もつかないほどの、素晴らしいご褒美を受け取ることができると思いますよ。

 

《夕貴 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/yu-ki/?c=146386