セルライト(脂肪)は動く? つぶすケアは体に負担? お家でできる簡単セルライトケアのコツ

脂肪は冷えて筋肉の少ない場所が大好きですから、太ももや二の腕など細くしたい場所は常に脂肪を動かしておくといいですね。 「脂肪にとって居心地の悪い場所」にできれば、セルライトもどんどん減っていきますよ。
セルライト(脂肪)は動く? つぶすケアは体に負担? お家でできる簡単セルライトケアのコツ

こんにちは。
エステセラピストのM.machikoです。
今日はサイズダウンの秘訣について。

 

過ごしやすい時期になると、気になってくるのは「脂肪」。

とくに太ももは動かす機会がほとんどないので脂肪がつきやすい場所です。

30代を過ぎると体を動かす機会が本当減ってくるので、筋肉が落ち体力も次第に落ち、スタイルも乱れていきますよね。
そこで、ストレッチや運動をして垂れた脂肪をなんとか引き上げようと日々がんばったりしますが、どうしてかなかなかサイズダウンが叶わない。

でも、前向きに考えてみてください。
重力にしたがって垂れるということは脂肪って動きやすいってことですよね。
動きやすい性質があるということは、脂肪をマッサージすれば好きな位置に動かすことができますよね。

154669352

 

バストアップには、体の脂肪を寄せ集めてバストに持ってくる、という方法があります。

ブラジャーをするときも、背中や脇に流れた肉を寄せ集めてブラジャーの中にしまいます。
そうすることで、綺麗な谷間が出来上がります。
また、マッサージを行えばリンパ液や細胞液が流れるので、結果的にむくみが解消しスッキリしたり、血行促進にもなります。

ただ、マッサージで脂肪を動かしても、それを維持するために筋肉がなければまたすぐにも戻ってしまうのも脂肪の特徴です。
私たちの体は筋肉で骨や内臓を支えていますから、筋肉がなければ立つこともできませんよね。
それだけ、筋肉は重要なのです。
なので、脂肪を動かしたら、維持するために筋肉をつけることです。

マッサージで刺激し、脂肪を動かす(体が温まっているときが◎)
同時にエクササイズやストレッチを行う(ヨガやピラティスなど)
さらに生活習慣の見直しを(栄養バランスを考えた食事や規則正しい生活)
=サイズダウンが叶う♡

エクササイズは1日10分でも十分です。
運動が苦手という方はまずは正しい姿勢を心がけるだけでも筋トレになります。

そして、マッサージはただ摩るだけ揉むだけではあまり効果がありません。
セルライトは一度ついてしまうととても頑固で普通のマッサージでは減らすことが難しいです。
自分で行う場合は、セルライトのボコボコをつぶすようなマッサージが効果的です。
たとえば、つまんだり、ねじったり、肉を動かしながらマッサージをしてみてください。
おそらくほとんどの方が痛いと感じると思いますが、痛みを感じないマッサージはセルライトに効いていない証拠です。

301081172

 

頑固な脂肪は冷えていて燃焼するまでに時間がかかります。

強くつぶすようなマッサージは毛細血管の負担にもなりかねませんので、お風呂上がりなど体が十分に温まっている時に行うと効率がいいですよ。

脂肪は冷えて筋肉の少ない場所が大好きですから、太ももや二の腕など細くしたい場所は常に脂肪を動かしておくといいですね。
「脂肪にとって居心地の悪い場所」にできれば、セルライトもどんどん減っていきますよ。

私事ですが、昨年から垂れた脂肪となくなってしまった筋肉を取り戻そうと、せっせとスタジオに通い中なのですが、やっぱり太もものサイズがなかなか落ちないのです。
その原因は、頑固な脂肪セルライトが住みついているからなんですけれど、これを除去するのはなかなか時間がかかるもの。
あきらめずに、これからはセルライト撃退のため自宅マッサージに時間をかけようと思います。
皆さんもあきらめずに理想なボディ目指してくださいね!

 

 

《M.machiko(エム マチコ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/m-machiko/?c=93787