体臭の原因が別れの原因に⁉︎ 
次世代消臭グッツ&女性ホルモンを上げるアイテム

いい香りをまとってパートーナーとの関係を良好にしていきましょう。
体臭の原因が別れの原因に⁉︎ <br>次世代消臭グッツ&女性ホルモンを上げるアイテム

突然ですが、自分の体の匂い気になったことありませんか?
特に汗ばむ季節に入ると肌もべたつくし、気持ち悪いですよね。

実はこの体臭が原因で別れるカップルが増えているそうなんです!
セーレン株式会社(http://www.seiren.com/news/2014_586/pdf/pdf0.pdf)の調べによると、5人に1人がパートナーの臭いが原因で別れたという結果が出ています。体臭による被害はカップルだけでなく、職場や人間関係にも影響を及ぼしているようです。

例えば、「匂いが原因で恋人と別れた」、「夫婦の関係に溝ができた」、「会社でなんとなく避けられている……」など体臭による負の状況が連鎖します。

では、体臭を防ぐにはどうしたらいいのでしょう。
今回は匂いを防止していい香りを放つアイテムを東京銀座にある『水の森美容外科』のスタッフさんに教えていただきました。

 

①ワキガを防ぐシャツ『デオル』

脇汗・ワキガから発する臭いって男女関係なく嫌ですよね。
ワキガや脇汗を抑えたとしても、体臭(加齢臭)は40歳を過ぎれば誰でも発生します。
でも心配不要! この『デオル』と呼ばれるTシャツがあればそんな不安を解消してくれます。

 

②足臭を防ぐ中敷き『レリーリール』

脇汗に続いて防いでおきたいのが、足の臭いです!
長時間靴を履いた後に人前で靴を脱ぐとき、自分のムレた足の臭いにドキッとしたことありませんか? そんな足の臭いを解消してくれるのが『レリーリール』です。
この素材の中に細菌の繁殖を防ぐ成分や、臭いを分解する成分が含まれていて臭いの99%を消臭してくれるそうです。マーケティング調査によると5年かんで約20,000足以上売れた大ヒット商品なのですよ。可愛いデザインもあるので、お気に入りを見つけてみよう!

 

③口臭、細菌も寄せ付けない『エアーマスク』

タイトルでも取り上げましたが、親密になればなるほど口臭が気になりだしますよね。

厚生労働省でも口臭について社会的な健康問題として記載があります。
“厚生省(現厚生労働省)保健福祉動向調査(1999年度)によると、約3.3万人のうち約10%が「口臭が気になる」と回答しました。

このデータは主観的な回答であるため、国民の10%に口臭があることを示すものではありません。口臭のように鼻周囲で常時発生するにおいは嗅覚疲労(順応)という生体反応のため、自己評価しにくくなっています。そのため人々に不安を与える一方で、強い口臭を持つ人を無自覚にさせています。”

引用元:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-07-001.html

口臭の原因は食べかすや歯周病などの口内環境の問題だけでなく、胃腸やストレスなども要因のひとつです。歯を磨いただけでは体内の臭いを改善することはできませんよね。そんな時に役立つのが、『エアーマスク』です。名前が“マスク”とついているのですが、口元をガードするマスクではなく、首にぶら下げる名刺ストラップのようなものです。

口臭予防だけでなく、風邪菌のウィルスや細菌、花粉症なども予防してくれる優秀アイテムです。ミントやフローラルの香りを発す流タイプもありますよ。

上記3つは身につけるだけで体臭を予防してくれる万能アイテムです。
デザインや見た目も控えめでオフィスでも活用できますよね。

では次に、女性力を上げるフォロモンアイテムを紹介していきます♡
いい香りをまとってパートーナーとの関係を良好にしていきましょう。

 

④体臭カバー! 女性ホルモンを上げるフェロモンオイル

体臭に加えてとくに意識しておきたい部位がVIO(デリケートゾーン)。
密かに悩んでいる方が多く、美容のプロも重要度が高い部位です。

下着が擦れて起こる股関節の色素沈着や乾燥。
他の部位と比べて密着率が高いので蒸れる=匂い。
年齢とともに乾燥も……。
そんなデリケートゾーンの匂い悩みを吹っ飛ばしてくれるアイテムを一つ持っていると便利ですよ。

❶マノン&ジン「マノン&ジジ デリケート ブライトニングセラム」100ml ¥3429

オーガニックのデリケートゾーン用保湿オイル。
心のリラックスももたらしてくれる天然成分ユーフォリル配合で女性の美をサポート。潤いケアで黒ずみと匂いを解決。乳首や脇の黒ずみにも効果的です。

❷アロメディカ「フェミノール」100ml ¥3024/50ml ¥1620

ヨーロッパで昔から受け継がれてきた伝統的なブレンドアロマです。
デリケートゾーンやボディや汗をかきやすい箇所に使えます。
配合オイルはパチュリ、ローズ、サンダルウッドなど。

 

■汗を抑えるには、ボトックスという方法も!

匂いといえば「ワキガ」がありますが、ワキガに関しては遺伝による場合もありますし、深刻でお悩みの人は医療機関を受診し、一度相談されるといいですよ。

『水の森美容外科』のホームページにも詳しく書かれていますので、参考にしてみてください。

 

〜ワキガー汗と臭いのメカニズム〜
https://www.mizunomori.com/diagnosis/underarm/

■参考元:「ハルの美容学」https://www.mizunomori.com/haru/skincare/keana/

 

《M.machiko(エム マチコ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/m-machiko/?c=93787