美尻美女を目指す女性たちが美しい!  
バストよりもウエストよりも「ヒップ」 自宅でできる「お尻やせ」

バストも好きだけど、世の男性は美しいお尻が好きなのです。
美尻美女を目指す女性たちが美しい!  <br>バストよりもウエストよりも「ヒップ」 自宅でできる「お尻やせ」

美ボディ作りにYOGAやピラティス、エクササイズ、ストレッチなど様々な運動法がブームになっておりますが、皆さん、ボディ作りで一番変えたいところはどこですか?

突然ですが、こんなデータがあります。
女性下着メーカーのワコールが、953名の女性たち(10代〜60代以上)に「あなたのお尻はどんな風に変化していると思いますか?」というアンケートを行ったところ、以下の回答が得られました。

●下垂してきている 73.8%
●大きくなっている 39.2%
●特に変化なし   10.6%

7割以上の女性が「下垂してきている」と回答。つまり、自分のお尻が垂れてきていると感じてきているんです!
また、男性824名(20〜50代)に「理想だと思う女性のお尻について教えてください」というアンケートを行ったところ、以下のような回答でした。

1位 ヒップアップ・シルエット
2位 大きい
3位 特にない
4位 小さい

……大きさよりもやはりツンとした上向きのヒップという意見が多く、男性たちは大きさよりも形(シルエット)が大事ということですね。

では、お尻が下垂してきていることに対して、女性の皆さんは何かしているのでしょうか。
体のパーツで手間やお金をかけているパーツのアンケートでは、メイクやスキンケア、髪、肌などが上位3位に上がっていましたが、今回のテーマであるヒップに関しては8位です。

◆ワコールのプレスリリース ヒップに関する意識調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000009664.html
ーーーーーーーーーー

さて、前置きが長くなりましたが、今回は東京銀座にある『水の森美容外科』のスタッフさんに教えていただいた、自宅でできるヒップアップのエクササイズ方法をご紹介していきます。
水の森美容外科:https://www.mizunomori.com/

 

|まずは自分のお尻の形をチェック!

それぞれのお尻で下っ腹が出やすかったり、腰や太ももに負担がかかっていたりしますので、まずは、自分のお尻をチェックしてみましょう。
・洋梨のようなお尻(形がイマイチ)
=形がイマイチなお尻は部分的に凝っていたり、張りが強く出ていることがあります。
左右の筋肉のつき方でもお尻の形に影響が出るので、お尻をほぐしてコリや張りを改善してからエクササイズを行ってみてください。

・のっぺりしたお尻(張りがない、垂れ気味)
=筋肉量が低下気味のお尻です。年齢とともに筋力が下がれば弾力がなくなり、垂れてきます。エクササイズで筋力アップしていきましょう!

 

|Let`s Try! ヒップアップ エクササイズ3つ

①サイドレッグレイズ
〜テレビ見ながらOK! 初心者におすすめ〜
鍛える箇所:お尻、腹斜筋(横腹)

<やり方>
1 体を真横にして床に寝る。
2 寝た時に上にある足を、ヒザを伸ばしたまま2秒ほどかけてゆっくり上げる。
(身体のバランスがとれない場合はイラストのように片手で床を支えてもOKです)
3 上げた足を2秒ほどかけてゆっくり降ろす。
4 上記「2」~「3」を12~15回ほど繰り返したら、体を反対にして寝て、逆の足で同様に行う。*まずは、無理せずに朝と夜に2セットずつ行ってみてください。

②グルートブリッジ
〜寝ながらOK! 太ももと腹筋も鍛える〜
鍛える箇所:お尻、太もも、腹筋

<やり方>
1 床に仰向けに寝て、膝を立てる。
2 足首をできるだけお尻に近づける。
3 息を吸いながら足で床を押して、お尻を浮かせる。
4 おへそからヒザまで、体がまっすぐになるようにお尻を持ち上げる。
5 息を吐きながら2秒ほどかけてお尻をゆっくり降ろす。
6 上記3~5を、20~30回程度おこなう。

*注意ポイント*
・足と手で体を支え、腹筋を使ってお尻をしっかり上げる。
・お尻を浮かせる時、両膝が開かない&肩甲骨が床から離れないように注意する。

③ヒップエクステイション
〜四つ這いで行う、背筋・腕・全身の引き締めができる〜
鍛える箇所:お尻、背筋、太もも

<やり方>
1 四つん這いになり、ヒジを床につける(キツい場合は手のひらを床につければOK)。
2 片足を後方に浮かせる。
3 息を吐きながら上げた足を後方に伸ばし、お尻の筋肉が収縮するのをしっかり感じる。
4 息を吸いながら浮かせた足をゆっくりと降ろす。
5 片足だけを連続で12~15回行ったら、今度は逆の足で同じ回数だけ「2」~「4」を行う。
*上記を2セットずつおこないます。

*注意ポイント*
・足を上げる時、体がブラつかないようにする。
・真っ直ぐ体幹を意識して行う。

最近、お尻が垂れてきている。彼氏や旦那に言われた……! など気になっている女性の皆さん!
バストも好きだけど、世の男性は美しいお尻が好きなのです。
今年は是非、ウエストよりも、バストよりも「ヒップ」を鍛えてきましょう。

 

参考監修 水の森美容外科:https://www.mizunomori.com/
参考 ハルの美容学:https://www.mizunomori.com/haru/diet/buttocks-strain/

 

《M.machiko(エム マチコ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/m-machiko/?c=93787