人はもともとネガティブ思考。そのパターンを変えることができる“簡単な心がけ”とは??

実は、私たち人間の思考の実に約70〜80%はネガティブ思考だというのをご存知でしょうか。それは、自分の心を守ろうとする防衛本能によるものなのです。
人はもともとネガティブ思考。そのパターンを変えることができる“簡単な心がけ”とは??

トリニティ読者のみなさま、こんにちは! ライターから40歳で電撃転身し、人生を加速する潜在意識活性セラピストとして活動する似鳥よーこりんです。この連載では、自分の本質や魂の記憶と繋がることで人生が好転した方々の実話や、潜在意識の読み解き方などをお伝えしていきますね。

 

人間の思考は、70〜80%がネガティブ思考

前向きでいると幸せを引き寄せる、だからポジティブ思考でいよう! と、頭では思っていても、何かが起こると、つい、

・「どうせダメかもしれない」
・「うまくいかないかもしれない」
・「できなかったらどうしよう」

というような、不安や否定的な気持ちを抱いてしまいがちですよね。そして、「ああっ、またネガティブなことを考えちゃった、なんて私はダメなんだろう」と、追い打ちをかけて、負のスパイラル思考の悪循環で落ち込んでしまうことも。

でも実は、私たち人間の思考の実に約70〜80%はネガティブ思考だというのをご存知でしょうか。それは、自分の心を守ろうとする防衛本能によるものなのです。この思考パターンには、「思考性防衛本能」という名称がつけられています。

こどもの頃から今までの記憶を、少し思い返してみましょう。たとえば、絶対受かると思っていた試験に落ちてしまったり、恋心を持っていた人にフラれてしまったり、抽選に外れたりなど、目標を達成できなかったり願いが叶わなくて、落ち込んだり傷ついた記憶は誰にでもありますよね。私たちの思考は、そういった失敗の体験を繰り返すたびに、その記憶と感情がネガティブなパターンをつくっていってしまいます。

 

「ネガティブさも愛おしむ」ことで、思考パターンが改善!

では、そのパターンをどうやって改善したらいいのでしょうか。日常でできるかんたんな心がけがあります。

現実が自分の思ったようにならなくて傷つくよりも、悪い方に考えておいて、それよりも少しでも良い状況だった方が、ほっと安心しますよね。「思考性防衛本能」とは、そういった自分を守るための、心のシステムなんです。そのことを、まずは認識しましょう。だから、自分がつい悪い方へと考えてしまった時は自分を責めないで、「ああ、今、わたしは自分を守っているんだな」と、その心のシステムを愛おしく思ってみましょう。

自分を否定しないで、ネガティブな思考パターンまでも、丸ごと受け止めていくと、自分を客観的に見つめることができ、だんだん、ネガティブ思考に引っ張られなくなっていきますよ。

**

「癒しフェア in 東京」で、8/9(日) 12:30〜14:00、セミナーを開催します。引き寄せの秘訣、たくさんお話ししますので、ぜひお越し下さいね^^

年商2000万円のトップセラピストが伝授!
~夢を叶える、なりたい自分になれる!~「潜在意識活性・スペシャルヒプノセラピー 」
詳細はこちらです↓
http://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=1211

》過去の記事はこちら《