ココロセラピストが語る!『変化する時代と心』とは?~時代をどう捉え僕たちは幸せに向かうのか~

「この瞬間」も常に終わって新しい瞬間へと移動します。

今の時代って幸せな時代なの?

今の時代って幸せと言える時代なのだろうか。
ときどき、そんな考えが頭に浮かびます。

そのようなことを考えるのは満たされていない自分がいるからだとご指摘を受けそうですが、ある意味その通りです。
満たされない欲求、つまり欲求不満。

幸せかどうかは基本的には自分の心が決めるものです。
これは多くの人が知っている事実です。
そう考えれば「今の時代」かどうかが問題ではなくて「この瞬間」こそが大事だということになります。
それは、おそらくみんなわかっているのです。

ただ、これがまま難しい問題で常に「この瞬間」だけの幸せを自分で維持できればそれで良いのかと言われても、それも、そんなに簡単なことではありません。

「環境」が「自分」を作り「幸せ」にするかどうか決めるのか。
それとも、そういうことは関係無くてとにかく「自分」と「この瞬間」と「感情」が重要なのか。
後者だよと言われても本音を言えばしっくりこないのではないかと僕は思うのです。
だって、僕を含めてみんながみんな悟りを開いているわけではないのですから。

悟った人は「JUST NOW,HAPPY」で良いと思います。
理想的ですから。
ただ、そう思えない人は無理にそのように考えなくても良いのではないかと僕は思っています。
だって苦しいじゃないですか。
「そう考えなければならない」という義務感。

僕は未熟だからそう思うのかもしれませんが「時代」「環境」「自分」「感情」は、どれもそれぞれ意味があって重要だと考えています。
だってそうすると比較できるものかどうかはわかりませんが、「今の時代はしあわせか?」というのは個人レベルに落とし込むと、時代との相性もあると思いますし、無関係ではないのかなと思うのです。

「わかってないなぁ……」と思う方がいても不思議ではありませんが、あまり気にしなくて大丈夫です。
だって「私」は「あなた」ではないのですから。

 

どんな時代なのかを意識するのも大事!

幸せになるためには「時代」を捉える必要があります。
厳密には「時代という名の環境」です。
これがまた厄介なのですが、とても重要なポイントでもあります。

たとえば「私らしく」とか「ありのまま」とか入れても、実際問題、今の時代に、それを強調するとどうなるかというと、おそらく叩かれます。
潰されます。
変な目で見られます。
確かに「この瞬間」も大事なのですが、今がどういう時代なのかというのも、このように少なからず影響しているのです。

というと僕が「ありのまま」を受け入れていない人みたいですが、そういう話でもないのです。
型にハマった生き方をよしとする生き方を「受け入れた方が良いのかな?」と思うのも、また「私らしさ」であり「ありのまま」なのです。
「不本意ではあったけれど受け入れてみたら、それはそれで良いのかもね……って思えて来た」という自分がいたのなら、それも「私らしさ」であり「ありのまま」なのです。
一方で「それが苦痛で仕方が無いから、反抗的と言われても自分を貫こう!」と思うのであれば、それも「私らしさ」であり「ありのまま」なのです。

つまり「私らしさ」や「ありのまま」は固定された存在ではなく、変化する存在ともいえるのです。
「この時代」特有の価値観というものがあるとすれば、その影響を、その都度自分自身がどのように解釈するかということが大事になって来ます。
いつでも一定した「この瞬間」の感情があるわけではなく、「この瞬間」は、常に変化し続けているのもまた事実です。
「時代」というと大きなスパンで「この瞬間」というと一瞬のようですが、「この瞬間」という存在も「時代」の一部とも解釈できます。

 

時代とこの瞬間と心の解釈

「時代」が僕たちに与える影響力が少なからずあったとして。
それでも、その「時代」を、その「時代の中のこの瞬間という一部」を切り取ったとして、それをどう解釈し、どう活かすかが僕たちにとっては再重要なのです。

自分にとって今が「良い時代」であれば、「この瞬間」に、そんなに悩んだり、苦労しないで幸せになれるかもしれません。
それはそれで幸運なことだと思います。

でも、今が「あまり良いとは思えない時代」だとしても「この瞬間」が必ずしも最悪だということでもありません。
確かに影響はある……というか場合によっては強いかもしれません。
しかし、自分が上手にその時代や、環境を把握して的確な解釈、判断が出来れば、しあわせになる可能性、しあわせを感じられる可能性は高まるのです。

ちなみに「この瞬間」に少しでも幸せを感じられる解釈が出来たなら、「次の瞬間」に、もっと素晴らしくなるイメージすることも、ぜひやってみて下さい。

「今が良ければすべてよし」という考え方も在ります。
在りますが、欲を言えば、どうせなら未来にも良い影響を与えたいではないですか。
「この瞬間」を未来に活かせたら、未来は「良い時代」になる可能性が高まります。
そうすれば、未来にやってくる「この瞬間」は、今、この瞬間より、無駄に悩まずに済むかもしれません。

「時代」というと「過去」という概念も出てきますが、過去は過ぎ去ったものです。
おそらく人智を超越した存在でなければ過去は戻って来ません。
なので良い思い出は、残した方が良いですが、そうではない思い出は、引きずらないように気をつけて下さい。
「過去」の解釈は「この瞬間」にするものであって、過去が復活しているわけではないのです。
それを忘れないで下さい。

過去の解釈を「この瞬間」に少しでも活かせれば、それも未来に役立つかもしれません。

「時代」という波は常に動いています。
「この瞬間」も常に終わって新しい瞬間へと移動します。
だからこそ、その変化を存分に楽しんで下さい。

 

《ココロセラピストTATSUMI さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E5%B1%B1%EF%A8%91%E9%81%94%E5%B7%B3/?c=6713