ココロセラピストが語る!『情報と人生の質』~自分にとっての大切な情報とは!?~

情報は、あなたや、あなたの大切な人たちの人生が少しでも豊かになれるようなモノを取捨選択できるようになってください。そして、自分ではわからないことは自分の信頼できる人に相談してみて下さい。
ココロセラピストが語る!『情報と人生の質』~自分にとっての大切な情報とは!?~

海外ドラマ『ドクターハウス』が面白い!

「人は嘘をつく」。僕の大好きな海外ドラマ『ドクターハウス』の主人公の言葉です。主人公のハウスは捻くれ者で性格も良いとは言い難い人物です。でも、天才です。何故かモテます。

古い作品ですが、興味のある方はレンタル屋さんで探してみて下さい。

ちなみに、上記の説明だと「本当にハウス好きなの?」と思えたかもしれません。作品の魅力がまったく語られていないので「嘘くさいなぁ。もしかして、誰かに頼まれてコマーシャルしたいの?」と思うかもしれません。でも、そう言う事はありません。僕は業界関係者の回し者でもなんでもありません。個人的に、本当に好きなのです。

 

人は嘘をつく!

もし、僕がもっと好き好き度を熱烈に語っていたら、本当に「TATSUMIさんは本当にハウスが好きなんですね!」と思ってくれたのではないかと思います。でも、言い方一つで「嘘くさい」という疑惑も浮上してしまうのです。

ということは、熱烈に語れば本気に思われる可能性が高く、しらじらしく語ると嘘くさいと思われるのではないかとも思えて来ますよね。

だから一流の詐欺師は感情コントロールが本当にうまいです。もちろんボキャブラリーも多いでしょうし、知識も多いと思います。しかし、それ以上に、本気っぽさを演出するスキルに長けているのです。だから怪しいと感じても「この人の言っている事は本当に違いない!」と思い込んで騙されてしまうのです。

402694918

 

世の中は常に情報操作合戦!

時々「情報を制するものが世界を制する」といった類の言葉を耳にした事があると思います。僕もまさしく同感です。
ただ、この言葉を聞くと情報量が多い人が生き残るとか思ってしまいそうですが、そこにも大きな落とし穴があるので気をつけて下さい。

これは嘘とは少し違うかもしれませんが思い込みの心理が強く影響しています。まず「情報」と「情報量」は違います。でも、何故か情報量が多いと良いと勘違いしてしまいます。

勘違いすると、本来必要のない何らかのスクールに通い始め、高い受講料を払い不要な知識を買いはじめたりします。知識が増え始めると確かに嬉しい気持ちになって来ます。よくわからないライセンスを取得して喜んだりする人もいますよね。昔の僕なんて典型的にそのパターンでした。

しかし、それはその人が「情報勝者」になったと言う事ではないのです。だって、それで世界を制するほどのパワー(スキル?)を手に入れられたかというと決してそんな事は無いのです。それどころか「新しいコースが出来ました!」と言われたら、何となくそれを受講しなければならない気がして来ます。「せっかくここまで頑張って来たんだから、最後までやろうよ!」なんて言われると、「それもそうだよな……」なんて思って結局、それが何の役に立つかわからないまま、大切なお金や時間を費やす事になってしまいます。

この場合、情報勝者は講師だったり、その関係者たちです。情報をいっぱい持っていたから勝者になったのでしょうか。違います。「情報をたくさん持っていると良いと思い込んだ人たちを集める事が出来た」から儲ける事が出来たのです。彼らが本当にすごいのは消費者心理という知識を持っていて活用できたことなのです。