血が浄化されると人生が好転する — スピリチュアルな視点から

幸せになりたいなら、食事を変えましょう

私のお店は身体も、心も、魂=霊的問題や生まれつきの性質全ての問題についてご相談をお受けしています。

ホリスティック(全体的)な視点からカウンセリングをする私わたもり、主に霊的問題に対処する流輝先生、食事から人生を好転させるTrinityにも執筆中の吉田久恵先生の3名が在籍中です。

食事で人生が好転するとは、健康になるからだけじゃありません。
これは、私達にとっては当たり前の事です。
スピリチュアルにご興味のある方なら、簡単に判る事だと思うのですが。

 

血が汚れていると人生がうまくいかない

・嫌な人ばかり寄ってくる
・良い仕事、良い職場に出会えない
・身心が不安定になる
・どんなに頑張っても人生が良くならない
・他者や霊からの悪影響を受けてしまう
・病院などの治療でも改善しにくい

こう言ったことでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
それを運が悪いからだと思っていませんか?

でも、それは、運が悪いのではありません。
むしろ当たり前の事です。

何故こうなるかと言うと、血が汚れているからです。
具体的に言うと、酸性食品(肉魚卵乳製品、砂糖、添加物等)ばかり食べて、血を汚しているからです。

 

何故血が汚れていると人生がうまくいかないのか?

これは「人は何故この世に生まれてくるのか?」と言う事が関係します。
様々な体験をし、魂を成長させるため、と、言われています。
成長はあくまで結果であって、メインは色々な体験をするためです。

だから、良い体験も、良くない体験もするのです。
一つの体験・学びを終えて、成長すると、次の学びに入ります。

私達には見えない世界の導き手がついています。
守護霊、ハイヤーセルフ、天使など、呼び名は違っても、私達は見えない世界の者たちに守られ、導かれています。
言ってみれば常にグループ行動をしているようなものです。

導き手達は導き手達で、それが自らの魂を成長させるためにその時選んだ役割・仕事です。

導き手達はあの手この手で私達に色々な体験をさせますが、「そっちじゃないよ~! 違うよ~!」と言うお知らせが不幸な出来事です。
「不幸は嫌だ。だから何とかしたい」
と思いやすいからでしょう。

酸性食品は身体を老化させ、死へ近づけるもので、病気をしやすくなります。
なので「その食べ方はダメだよ」とお知らせするために不幸な出来事ばかりが起こるようになります。
身体は魂の神聖な乗り物ですから健康で清浄に保つ必要があるのです。

 

血がきれいになると人生が好転する

2014年度から食事相談を久恵先生にお願いしていますが、「血液がきれいになると人生が好転する」とは、私達の経験値的見解です。
身体・心・魂の不調改善のために久恵先生の食事法=風土ヒーリングをお勧めするのですが、継続された方々皆さんが体調の変化だけではなく、人生に大きな変化を感じるようになります。

「嫌な人に出会わなくなり、良いご縁が繋がった」
「嫌な人がいても気にならず、するっとかわせる」
「良い事ばかり起こる」
「悪影響を受けなくなる」

風土ヒーリングをするとそれまで身体に入れた良くない物を外へ出す排毒が起こり、沢山毒を出した後に人生が本格的に好転します。
幸運を彩雲や龍等を見る事だと思っている方がいますが、私達は人間関係や仕事など現実的現象でなければ意味がないと思っています。
それが、導き手達の「それで良いよ!」と言うサインです。

肉魚卵乳製品、砂糖、添加物まみれの食品を食べていたら、人生を損するかもしれませんよ。
ファーストフードやコンビニ食を食べながら、「幸せになりたい」と言っても無理があるのです。

スピ系の方は時々、食事に関して「大丈夫と思って食べれば大丈夫」とおっしゃいますが、スピリチャルと言う直感的・感覚的なものを対極の理屈でこねまわして自分たちの都合の良いように使うと、見えない世界の者たちから嫌われてしまいますので、くれぐれもお気を付けくださいませ。
大丈夫じゃないから人生がうまくいかないのですから。

参考記事
http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-639.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380