幸運のチャンスを逃さないで!—幸せを手にできる人出来ない人

幸せになるために必要なのは実際の行動と、あとは何か判りますか?

人間を身体、心、魂からなる生き物と捉え、全てから見て人生が幸せになる方法をお伝えするホリスティックカウンセラーのわたもりです。
今回は2018年の冒頭にあたり、読者の皆様の幸運を願って、この記事を書かせていただこうと思います。

 

暗闇に浮かぶ白い道

「あの人は今が人生の分かれ道だったんだけどな。まあ、仕方ないか。その人の人生はその人が決めることだから」

このお仕事を始めたばかりの頃、私のスピリチュアルな事に関する師匠の流輝先生がつぶやくその言葉の意味が、未熟な私には判りませんでした。
けれど、多くのクライアント様のお話をお伺いするうちに、段々と判るようになってきました。
これは、幸運を手にできる人と出来ない人の違いに関係する言葉なのです。

いつの頃からか、私にはクライアント様の人生の流れが見えるようになっていました。

私には暗闇に浮かぶ白い道に見えます。
人によってそれは様々です。
太い一本道をまっすぐに歩んでいる方もいれば、その方のいる地点の前にも後にも細い枝分かれした道がいくつもある方や、はっきりと二つ別れた道の分岐点に立っている方、逆に人生が変わるのはもう少し先という方もいます。
必要な方には、初回のカウンセリング時にお伝えいたします。

取り組まなければいけない課題は人それぞれで、それは魂の学びがどの程度かによって違います。
心の整頓をするだけで充分な方もいれば、身体を健康にしなければ心が安定しなくて当たり前の方、身体と心だけではなく、エネルギーや霊的問題を解決しなければならない方まで様々です。

その時に変える振りをするばかりで何もしない方もいれば、分岐点だとお伝えしないのにすっと人生を劇的に変える方もいらっしゃいます。

 

幸運の前髪を捕まえられる人

昨年末に書かせていただいた心の大掃除シリーズ「悪癖改善偏」「悪縁断ち切る偏」にも書かせていただきましたが、それまでの悩み苦しみが嘘のように人生を変えられる方は、私達のご提案を素直に受け入れ、スッと行動を変えられます。

そう言う方に私達のご提案をすぐに実践しない方も多いと言うと、「何故そんなもったいないことするのっ⁉︎」と不思議がられますが、それが、運が強い方とそうでは無い方の違いだと私達は思っています。

その人の本質は言葉ではなく、行動に現れます。
「幸せになりたい」と言うだけ思うだけでは駄目なのです。
それまでの考え方、食べ方、生き方の結果で「今」があるから、人生を変えたければそれらを変えるしかないのです。

「幸運の女神は前髪しかない」という言葉があります。
幸運のチャンスが通り過ぎた後で後悔して振り返っても遅いという意味です。
本当にその通りで、幸運は黙っていて手にできるものでは無く、勇気と決断力を持って捕まえに行くものだと、私は様々なクライアント様から教えていただいた気がしています。

幸運はタイミングが大事

実は、幸せになるために大事なのは行動を変える事だけではなく、そのタイミングです。
分岐点にある時に行動を変えようとせずに、後から同じ「最善な結果をもたらす行動」をとったとしても、同じ結果は得られません。
人生は常に前に進み、最善の結果を得られる人生の分岐点には戻れないのです。

これは「オオカミ少年」の寓話を思い出していただければ判ると思います。
嘘ばかりつき続けていた人が、後から本当の事を言っても誰にも信用してもらえません。

ほんの少しの不調がある時に健康に気を付けるようにしたのと、死が目前に来て行動を変えたのとでは結果が違います。

今年、この記事をお読みのあなたにも、人生の分かれ道が来るかもしれません。
その時、理屈で考えた「自分にとって都合のいい行動」ではなく、直感で選んだ「自分を幸せにする行動」を選ぶようお勧めいたします。

どうか、幸運のチャンスを逃さないでください。
Trinityを通してご縁のあったあなたがどうか幸せでありますように、と、祈るような気持で書かせていただいたこの記事を、新年のご挨拶に代えさせていただきます。

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380