悪縁を断ち切る方法—心の大掃除2

一緒にいて辛い関係はバッサリ切ってしまいましょう。

人間は身体、心、魂から出来ている生き物。
だから全体から見てその人の抱えるお悩みの原因を分析し改善法をお伝えするホリスティックカウンセラーのわたもりです。

年末に心もすっきりして良い年を迎えていただきたいなと思い、書き始めた心の大掃除シリーズ。
今回は、嫌な人と縁を切る方法についてです。

 

嫌な人に悩まされていませんか?

当店にいらっしゃる方は鬱など精神疾患を長期間患っている方が多いのですが、そう言う方の中には、「あなたはおかしくないですよね?」とお伝えしただけで改善する方もいます。
それは、その人の周囲に「精神異常に追い込む異常な人」がいる場合です。

そんな人が近くにいたら悩んで嫌な気分になり、不安になって当たり前なのですが、自己卑下が強く良心的なので「自分が悪いから?」「自分が変われば相手も変わるかも?」と思っています。
けれど苦しみは消えないから病気になってしまうのです。

親子や兄弟など切るのが難しい縁もありますが、「早く離れなさい」と周りから言われるのに、なかなか悪縁を切れない人もいます。

代表的なのがダメ男好き、ダメ女好きさんですね。
「自分が良い女になれば彼は私を大事にしてくれる!」と努力し続けますが、残念ながらそういう問題じゃないのだと気が付かないのですね。
問題ある友人関係を切れない人もいます。

実はそう言う人にはある思い癖があるのです。

 

縁を切れない人の悪い癖

全部が全部とは言いませんが、悪縁を切れない人には「去る者を追いかけたくなる癖」があります。

ダメな人だから「もう嫌!」と思っているのに、いざ縁を切ろうとすると急にすごく好きだと思い込もうとしたり、無理やり良い所を思い出そうとしたり。
あるいは、「でもお金持ってるし」「もう恋愛は出来ないかも」等と考え、急に惜しくなって悪縁を切れない人もいます。

相手もそれを判っているから、ますます酷い人になっていきます。

気持ちは判るんですよね。
私も昔そうでしたから。
ハイ、昔の私は悪い癖だらけでした。
だから不幸の連続だったのですよ。

良くない人がくっついている人に、良い人は近寄ってきません。
だから、周囲に良い人がいなくなり、どんどん孤独になっていきます。

スピリチャル的に見ると、守り手達も良くない影響を与えそうな人に、精神的に安定した「幸せを選んで生きる人」とのご縁を結ばないようにします。
早く悪縁を切らないと守り手達が「目を覚ますように」と、もっと傷つける人間関係をもたらすでしょう。

 

悪縁の断ち切り方

それは、「自分のメリットごとぶった切る」です。

縁を切れない時は自分にいくらかのメリットがあり、それをもったいないと思ってしまうもの。
「浮気するけど家事をやってくれる」とか「一人よりまし」「お金と家を提供してくれる」から「仕方ないの」って。

勿論、そのメリットの方が自分にとって大事で幸せなら良いのです。

けれど、常に愚痴を言い、悩み、苦しみ、悲しみ、病気になり、占いやカウンセリング、薬に依存するとしたら、それは、「仕方ないと思い込まないと、やってられないだけ」ではありませんか?
愚痴っている風のノロケを言う人もいますが、それとはちょっと違う重~い関係なら、すっぱりさっぱり縁を切って、身を軽くしませんか?

空いたスペースに、今度は幸せな縁が入ってきますよ。
だって、幸せな方を選んだと言う事なのだから。

2017年正月に書いた「簡単に幸運を手に入れる方法―超なっとくな宇宙の法則」をご参照ください。

次回の心の大掃除シリーズは、悩み苦しみを一掃する方法についてお伝えします。

参考記事
http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-463.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380