冬季鬱やエネルギー低下は魂の質の問題かもしれません

人間を身体、心、魂からなる生き物と捉え、問題の根本がどこにあるのかを分析し、対処法をお伝えするホリスティックカウンセラーのわたもりです。

以前、秋~冬~春にかけてエネルギーが低下し、疲れやすくなり、鬱になる人について「秋冬は落ち込んで当たり前?―わたもりのホリスティック医療ガイド」という記事を書いたことがあります。

この記事はどちらかというと、人間的な部分だけを見た記事でしたが、今回は「もしかしたらスピリチャルな事が関係しているかも?」という記事です。

 

魂の質の問題かもしれません

多くのクライアント様に接していると、冬期間に鬱になる人とならない人がいます。
鬱にならなくても「疲れやすい」「だるい」等、風邪やインフルエンザになった訳でもないのに、「何となく」な不調を訴える方。
簡単に言うと、元気がなくなります。

私は身体や心だけではなく、スピリチュアルな面からもクライアント様を見させていただきますので、それぞれの魂を見ると「魂」と言っても一律ではなく、それぞれ固有の性質を持っていると判ります。
それは転生を繰り返す中で身に着けた魂の個性もありますが、それとは違って「日本人」「米国人」というお国柄のように共通の性質を持った魂がいると判ります。

冬場に元気がなくなる魂の人には次のような特徴があります。

・自然が好き
・農業、林業、造園業、ガーデナーなど種から草木花を育てる職業を好む
・植物を育てるのが上手
・草取りなど真面目に丁寧にコツコツやる仕事が好き
・基本的に働き者
・言うより行動
・真面目
・考え方がシンプル
・ぼくとつ、素直なために、騙され、虐げられやすい
・ジャガイモが好き

このうちいくつかでも心当たりがありますか?
思い当たるとしたら、冬期間に元気がなくなるのは身体や心がまえだけではなく、魂の質の問題もあるかもしれません。

 

魂の質的問題で冬季に元気がない人への対処法

そう言ったクライアント様からご相談いただき、疲れを癒し、エネルギーを補充するために私がお勧めしている方法をお伝えします。

・温泉に入る
太陽の代わりに大地の熱を補充してあげましょう。
自分に合った温泉を探してください。
出来れば源泉かけ流しの温泉へ行かれるようお勧めいたします。
露天風呂で長時間じっくり、じんわりと汗をかくくらい入りましょう。
(ご自分の体調をよく見て無理はしないでくださいね)

・歌をうたう
どんなジャンルでも良いのです。
カラオケでも良いので、たくさん歌って楽しく元気になるまで歌いましょう。
「歌う」という行為は自分の中の発電機を回すような作業なのです。

・歩く、足を使う
歩く、走る、スキーやスケート、足を良く動かすダンス、相撲のしこでもいいでしょう。
元々働き者の性質ですから、じっとしている方が余計に疲れるのです。
最初はだるかったりするかもしれませんが、足を動かすうちに身体が温まり、汗をかき、段々と元気になってくるのを実感できるでしょう。

逆にお勧めしないのは瞑想、デスクワーク、じっとしている事などです。
立ち仕事でも良いから大地に根を張る大樹のごとく、足を床や地面にしっかり踏みしめる活動をしてみましょう。

年末は大掃除やお歳暮などの買い出し、忘年会など黙っていても動き回らなければなりませんね。
疲れているからと遠慮していないでどんどん出かけましょう。

対処法は色々伝えられていると思いますが、自分に合っていないと役に立ちません。
ご自分の性質を知ってご自分に合った方法で、お疲れモードな冬を楽しく快適にお過ごしくださいませ。

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380