大麻と神道・神事にかかわる前世の記憶
〜伝統的植物・大麻の利用について

私達は危険性を持つものを完璧に安全な扱いが出来る賢い生き物でしょうか? そして、全員がそうなれるでしょうか?
大麻と神道・神事にかかわる前世の記憶<br>〜伝統的植物・大麻の利用について

最近、大麻の医療などへの利用が注目されています。
スピリチュアル系の方の間では、神道の神事にも使われていた伝統的植物として大麻利用を可能にする法改正を求める声も高まっているようです。

私の大麻利用に対する考えをはっきり申し上げると、私は反対の立場をとっています。

それにはいくつかの理由があります。

一つには私のクライアント様に、麻薬依存症から立ち直り、その後も「大麻」という言葉を見るたび苦しまれている方がいらっしゃるからです。

また、知人があるイベントを行った時に大麻利用推進派の方々が参加し、その中からイベント中に覚せい剤取締法違反で逮捕者が出たという話や、またある方は大麻飾りを販売している方に医療用マリファナを個人輸入するよう勧められたなど、法的にどうかという以前に、首をかしげたくなる出来事を耳にすることも多いからです。

また、SNS上のやり取りを見ていると、大麻に批判的意見を書く人に、ヒステリックに反応する人が多いのにも疑問を感じます。

大麻そのものがどうかという以前に、それにかかわる人々に危険性を感じるので以前から「お勧めできないもの」という対場をとっていました。

そこへ、元女優高木沙耶さんの逮捕を耳にし、この記事を書こうと思いました。

前置きが長くなりましたが、神道の神事と大麻にかかわる前世の記憶についてです。

12710692

 

私の前世・巫女時代の記憶

10年ほど前の事だったでしょうか。
眠りと覚醒のはざまを行き来している時でした。
枕元にあった本を開き、ある神社の写真を目にした時、私は急激に涙がこみあげてきて、まるで子どものように泣きじゃくりだしました。
心の片隅に冷静な私がいて、その状況に戸惑っています。
頭の芯が痺れたように痛くなり、口が勝手にしゃべりだします。

「ごめんなさい! ごめんなさい! 私はこの力を○○のために使ってしまった‼︎ ごめんなさい!」

何に謝っているの? この力って何? 何のために使ったの?

疑問が浮かんでも、号泣は30分程止まりませんでした。
後から判ったのはこれが前世の私が現世の私にチャネリングしたような状態だったという事。
まだスピリチュアルな物事を否定していた頃です。

その体験の意味が分かったのは3〜4年前、スピリチュアルな物事を受け入れ、急激に霊的力が強くなりだした頃でした。