今ここに生きる「グラウディング」
―わたもりのメンタルケア講座

私達は毎日を丁寧に真摯に重ねていくことで、地に足を付け、今この瞬間を生きて未来を作って行くことしか出来ないのではないでしょうか? それができてこそ、この世界でただ一人のかけがえのない自分を感じることができるのだと私は思います。
今ここに生きる「グラウディング」<br>―わたもりのメンタルケア講座

前回はメンタルケアの基本となる自他の境界を作る要素の一つ「センタリング」についてお伝えいたしました。センタリングとは「自分はこう生きる」と言う自分の芯となるもので、魂の目的に沿ったものであるはずです。心が揺れやすく、人生がうまく行かないとしたら、それは間違ったものを芯にしているからかもしれません。

今回は2つ目の要素グラウディングについてお伝えいたします。

 

グラウディングとは?

前回例にあげたシダーウッドは真直ぐに芯が通っていなければ倒れてしまうのでしたね。でも、それだけではなく、大地にしっかりと根をはっていなくても倒れてしまいます。
その大地とはどこにあるでしょう?
それは、過去でも未来でもない、今現在にあります。
その木の成長に合わせ、必要な分だけの根が伸びています。

以前、人間はこの自然界の一部だとお伝えしたように、人間も同じです。
私達は過去の時間の中にも、未来の時間の中にも生きることは出来ません。

グラウディングとは、過ぎ去った時間の中でもなく、これから来る時間の中でもなく、今ここにしっかりと地に足を付けて生きることとTerraではお伝えしています。

過去に起きたことは変えられないし、これから起きるであろうことも本当にそうなるかわかりません。
私達に出来るのは「今ここに生きる」事だけです。

過去を思い悩むなら、今ここから先を変えていくしかないし、未来が心配なら、今現在頑張るしかないのです。

419931718

 

未来への不安にグラウディングのための呼吸法

例えばプレゼンやダンスなどの発表会の時、不安を感じませんか? 失敗するんじゃないか? と思うとそわそわして、居ても立っても居られない感じ。早く終わってほしい! でも、その時が来るのも怖い。

そういう時、足元がおぼつかなく、ふわふわ浮いているような感じがしませんか?
それは未来の不安を思って、地に足が付かず、今ここに生きていない状態です。

そういう時、私にもあります。どんなに準備をしても不安を感じるものですよね。
その他にも進学、卒業、引っ越し、転校、転職など未知の世界へ進もうとする時は不安になって当たり前です。
いくら心配しても、そうなるとは限らないんですけどね。

そういう時に私がグラウディングのためにする呼吸法をお伝えしますね。
これはスーパームーンの記事でお伝えしたことでもあります。そこに書かれた内容はグラウディングにも効果がありますので、参考になさってみてください。