これから現れてくる新しい流れを前に、現実が溶けてゆこうとしています。 この転換期には立ち止まり、内側の声に耳を傾ける時です!

今世の中では清算が起こっています。

世界情勢、政治、経済、それぞれの生活の中で。
良いも悪いもなくただ清算が起こっているだけです。

もちろん世の中で起こっている悲惨な事件や事故を知るたびに心が痛みます。
そして理不尽な出来事に、許せない思いも上がりますよね。

因果応報と言うと、過去に悪いことをしたからその報いが来ていると言う人もいますが、悪いことをしてしまったと言う自責の念は罪悪感から来ている考え方です。
もちろん今まで人類がやってきたことの、清算が起こっているので、悪い事をしてしまったと思っている人々は、『だから罰を受けているんだ』と感じます。
そして、新しい時代に入ったと言われているのに、現実はちっとも好転しないじゃないか! と憤りを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

一方そこに罪悪感を持っていない人は

『ただ物事が起こっているだけ』
割と平静を保って、現象を達観してみている方です。

今のようなカオスの時代には、皆さんの感じ方にも二極化が現れているようですね。

これは未知への扉が開く前兆が始まっているからです。
それは苦難の道と光の道です。

あなたはどちらを選びますか!?

 

古い自責の念に囚われて、自分は、そして人類は罪だ罰だと考えますか?

それとも、これから現れてくる新たな流れにワクワクして生きますか?
今はとてもワクワクには繋がれず、八方塞がりな感じや停滞感を感じている方が多いかもしれません。
孤独と喪失感のトンネルを抜けて、これからは想定外の人生が現れてくるかもしれません。

すべての選択は自分次第です。
しかも顕在意識でコントロールするのではなくて、深いところで動いている感覚を信頼する時です。
自分以外に誰も選択はできないし、誰も代わりに選択してくれません。

この世に天国を創造するのも、闇に埋もれて生きるのも、それすら、それぞれが選択してゆけば良いのです。
でもせっかくこの世に生を受けたのだから、自分が心地良い、自分にとって優しい選択をする方が良いかもしれません。
あ! この考え方も、これは良いもの、これは悪いものってジャッジしている考え方に過ぎないのかもしれません……笑

生きている限りは『この癖』は消えることはないんですね。

最近自分を拘束していた古い觀念ややり方を手放していく人が僕の周りに増えてきています。
特に3月21日の春分の日の前後を境に、ライフスタイルそのものが自然に変化してきているようです。
握りしめている拳をちょっと緩めれば、するすると零れ落ちるように、すでに必要の無くなったものが消えてゆき、ありのままのフラットな状態が現れてきます。

そしてこれからは目の前で展開されるであろう『新しい時代の流れ』と言う大波を待ち、日々淡々と生きてゆくだけです。
サーファーが良い波が来るのを、じっと待つように……
4月16日の牡羊座の新月も大きな転機でしたね。
3月21日に訪れた大きなエネルギーを潜在意識で方向付けをしてゆく日でした。
そして5月中旬から、新たな流れがスタートします。

生まれてからずっと積み上げてきた知識と経験はとても素晴らしいことで、これからの人生にも大いに役に立ちます。
ですから過去を否定する訳ではないんですね。
ただもう過去の古いやり方を引きずったままでは、先に進めない感覚が強くなってきています。

まだ先は見えない悶々とした感覚の中でも、遠くにかすかに見える一筋の光を信頼してね。
これからは、かつてレムリアと呼ばれた時代のエネルギーに還る時です。
そのプロセスの中でただ出来事が起こっているだけですから……
ただ淡々と日々の瞑想をしっかり続けられてくださいね!

瞑想に興味はあるけれど、どうしたら良いかわからなくて……
そんな方はお気軽にご連絡ください。
あなたにあったメディテーションライフのご提案をさせていただきますね!

瞑想コミュニティ西荻窪 http://ffnishiogi.com

 

《梅原富美夫 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/umehara/?c=124053