鶴見明世のタロットやろっと♪ Part.8 〜森羅万象〜過ぎ行く時と共にふと”立ち止まろう”

「白澤」(はくたく)は、中国の黄帝が海辺で出会った霊獣。 姿は奇怪ですが、頭脳明晰で、森羅万象に通じています。
鶴見明世のタロットやろっと♪ Part.8 〜森羅万象〜過ぎ行く時と共にふと”立ち止まろう”
「立ち止まる」という事。

毎日を駆け抜けるように過ごしていることが普通であり、のんびりしている事はあまり評価されない時代なんだなあ、とよく思います。

そう思いつつ、私自身も「全力疾走」しているかな、と思うことがありますが。 時には立ち止まりたい。 
そんなとき、旅行という選択は「能動的な立ち止まり」になるのではないかと思います。 普段と違う景色、空気の匂い、空の色。そんな中にデジャヴを感じながら過ぎていく時間とともに立ち止まる」

スクリーンショット 2015-06-25 15.10.26
画像は「白澤」(はくたく)、中国の黄帝が海辺で出会った「霊獣」。 
姿は奇怪ですが、頭脳明晰で、森羅万象に通じています。 

旅に出た時、白澤の絵を持っていると身を守ってくれるので「旅行のお守り」になるそうです。 

私のオリジナル・タロットカードではN0.19、太陽のカードになっています。

9da9d4ca16fa40597b08ce0a3c8bdbb35ffa8468_6_64550104_86_medium
こちらの画像はなじみがある「かかし」。 
実はかかしは、「久延毘古」(くえびこ)という神様なんです。 
足が悪いから動けないけれど非常に頭が良く、知恵を授ける神様。 

かかしは歩けないので「立ち止まって」周囲の流れを全て読み取っていきます。 
雨に打たれ、風に吹かれてぽろぽろになっても、周囲の動きに反して「立ち止まる」ことで逆に全てを網羅しています。 

忍耐と許容の上に成り立つ、受動的な「立ち止まり」。 

きっと、今という時代にはどちらも必要。両者に共通するのは「知恵」。 
「智恵」を引き出し、構築し、理解するためのツールとしても、タロットカードは有効です。マイティカルクリーチャーズ

鶴見先生癒しフェア出演決定!!
http://www.a-advice.com/tokyo_2015/guest/tsurumiakiyo/

Tsurumi Tarot Schoolはコチラ:
http://tsurumi-tarot.info