スペイン人ヒーラー、ハビエルさんの癒しパワー体験~完全リラックスの1時間半

スペイン人ヒーラーのハビエルさんはとても穏やかで、温かな雰囲気をまとった方です。そんなハビエルさんのオーラにどっぷり浸ってきました。

昨年11月、ハビエルさんのミスティック・ヒーリング(イブニングセミナー)を受ける機会を頂きました。
ミスティック(mystic)の意味を辞書で調べると、「神秘的な、超自然的な」と出てきます。

HPによると、ミスティック・ヒーリングは、私達の内なる神性(平和、愛、自由、幸せといった崇高で高尚な霊的状態)をダイレクトに感じさせてくれるセラピーとのことだそうです。
いずれも精神世界好きの私には非常に魅力的に聞こえます。
初めてのミスティックセラピー体験を皆様とシェアしたいと思います。

 

その週は一週間、ずっとバタバタしていて忙しく、残業が続いていました。

頭も体もいっぱいいっぱいで、休む暇がありませんでした。
仕事が残っていたのでギリギリまで参加するかどうか迷っていましたが、社長から「すごくいいよ。ぐっすり眠れて心身が蘇るよ」と勧められ、参加することに決めました。

せかせかとした仕事モードのままでセラピー会場に入りましたが、ハビエルのゆったりとした優しい声が耳に入るや否や、気持ちは静まってきました。
「あなた方は今日一日、仕事や家事を通じて周りの人に与え続けてきました。これからは何も与える必要はありません。受け取るだけです。ゆったりと心を開き、宇宙のエネルギーを受け取ってください」

ハビエルの声には鎮静効果があるのか、目まぐるしく回っていた私の頭は一気にからっぽになりました。
薄暗い部屋の中でヨガマットにあぐらをかきながら、30分ほどハビエルのレクチャーが続きます。

頭がボケーっとしていたので、あまりはっきり覚えていませんが、無償の愛についてのお話だった記憶があります。
半瞑想状態で心地よくハビエルの声に耳を傾けていました。

その後、ヨガマットの上に横になりました。
ヒーリングミュージックが私の心身を完全なリラックス状態へといざなってくれます。
仕事のこと、生活のことをすべて忘れ、無の空間に入っていきます。

 

しばらくすると、ハビエルが頭頂と喉の下辺り(胸の上)に数秒手を当ててくれました。

実はこの数日前から、私は1時間に1回くらい発作のように咳ごみ、そのたびに腹筋が痛くなるくらい辛い思いをしていました。
ハビエルが喉の下に手を当てた瞬間も、咳ごみそうになりました。

「これは困った。この静かな空間で大きな音をたてるわけにはいかない」と思っていたら、どういうわけか咳は止まりました。
その後も1時間、セッションが終わるまで咳ごむことはありませんでした。
ハビエルが宇宙のエネルギーを入れてくれたからでしょうか? すごく不思議な瞬間でした。

 

気持ちよく横たわっていると、いろんな音が聞こえてきました。

心身は安らいでいますが、意識ははっきりしていたので、寝息やグルグル、ゴロゴロといった音が部屋中に響き始めました。
後からほかのスタッフが「ハビエルさんが皆さんの体内にエネルギーを注入してくれたから、エネルギーの流れがよくなって皆さんのおなかがゴロゴロすごい音を立ててなっていましたね」と話しているのを聞き、「なるほど~」と納得しました。

そのスタッフはエネルギーの感じがつかめるらしく、「ハビエルさんがどこからエネルギーを持ってきているのかはわからないけれど、本物という感じがした」ともコメントしていました。

質疑応答では、「セラピー中にビジョンが見えたのですが、それはどんな意味があるのですか?」という質問が出ました。
ハビエルさんは「ミスティックセラピーは自分自身の奥深くへの旅です。その途中でいろんなものが見えるかもしれませんが、それはあなたへのギフトです。気持ちよく受け取ってください」と答えてくださいました。

私自身は残念ながらビジョンを見ることはありませんでしたが、心身ともに疲れ切っていただけに、この1時間半はとても貴重な時間でした。
今回は短いグループセッションでしたが、いつか個人セッションをみっちり受け、内なる自分への旅をもっと深めてみたい、そして自分の中にある大いなる英知と出会いたい、と強く思いました。

ハビエル氏のセッション詳細・お申込みはこちらへ↓
https://www.trinitynavi.com/products/list.php?category_id=181