ドラマのような恋愛ができない理由
〜自分や相手のセルフイメージ、自己評価は?

自分の好きな人は どれくらいの自己評価なのか? それを知っておく必要があるかも知れません。
ドラマのような恋愛ができない理由<br>〜自分や相手のセルフイメージ、自己評価は?

こんにちは。
40代女性のプライベートコーチ坂本ともこです。

 

【ドラマのような恋愛ができない理由】

今の30代、40代女性は仕事に忙しくて時間がなく
恋をしているヒマもないとか
出会いの場がないとか、婚活にも苦労されてる方が多いようですね。

いつの時代も、恋愛ドラマは素敵な恋を見せてくれます。

ドラマを見ていると感じるのは、お似合いの人と結ばれるよりも
シンデレラストーリーみたいな展開でハッピーエンドとなることも。

しかし、現実は恋愛や結婚相手を選ぶ時には
無意識に自己評価に合った相手を選んでいるものです。

簡単に言えば、美男美女のカップルや、地味な人は地味な人と結ばれるって感じ。

ただ、その「美しい」「かっこいい」も人それぞれ定義や感覚が違うわけだし
何をもって「地味」と思うのかも人によって違いますよね。

それらのことは、自己評価の一部にしか過ぎないのです。

 

【無意識にセルフイメージに合った人と選らんでいる】

見た目がさほどイケてない男性でも
仕事に自信があって自己評価が高ければ、堂々と、美人にアプローチできる。

つまり客観的な釣り合いではなくて、セルフイメージに合った相手を
選ぼうとするわけなんですよね。

だからセルフイメージが高ければ、もし相手にふられたとしても
単に相手と会わなかっただけ、タイミングが悪かったのかな?
と前向きに捉えることができます。

一方、セルフイメージが低いと「拒絶の恐怖」を避けようとするので
本当に好きな人を選ぶんじゃなくて
自分が受け入れられそうな相手を選ぶので、断られる可能性は低い。

付き合い始めてからも、セルフイメージが高い女性は
かっこいい男性を連れて歩くことで優越感を感じ、自己評価を保てるし
自己評価が低い女性は、美しくても地味なタイプの男性を選ぶとすると
特にムリしていい女ぶらなくていい。

そんな感じで釣り合いは取れるのです。

 

【セルフイメージで相手の条件は変わってくる】

つまり自己評価(セルフイメージ)が低い女性は、相手のことが好きよりも
”自分を受け入れてくれそうな”という条件が加わってしまうのです。

美人じゃなくても、自己評価が高ければ、いい男にガンガンいけるはずなのよね。

美人なのに、好きな人やいい男に、なかなかアプローチできない人は
セルフイメージが低いってことになります。

拒絶される恐怖を避けようとして、相手に受け入れられるかどうかが
一番の「理想の人」になってしまう。

だけど、それじゃ不満だと思えば、一向にパートナーができないことに……。

 

【長い目で見るなら、見た目よりも重要なこと】

だけど、よく「美人は3日で飽きるけどブスは3日で慣れる」と言われるように
長くお付き合いしていく、または結婚するとなると
見た目というのものは、さほど問題ではなくなってくるものです。

というのも付き合いが長くなると
相手の自分に対する評価の方が、重要になってくるからなのです。

パートナーから評価されないほど、家庭を築いている妻はやりきれない。

子育てをしている母は空しさを感じます。

だから今度は、自分を肯定してくれる人が
一緒に長くいられる相手になってくる。

例えば、自己評価が高い人であれば、自分のことをプラスに捉えているので
褒めてくれる人がそばにいてほしいと思う。

一方、自己評価の低い人の場合は「自分はダメだ」「劣っている」
とマイナスで捉えているために、自分を肯定してくれる相手の方がいい。

自分のことを褒めてくれたり、肯定してくれる人と結婚した方が
セルフイメージは高くなっていくし、やる気もでて積極的な人生を送れる。

一緒に同情してくれる人は、最初はいいかも知れないけど
一向に自己評価は上がらないので、傷を舐め合っていく可能性も高い。

まあ、それも幸せと言えば、幸せなのかも知れないですけどね?

 

【セルフイメージを高くして婚活する方がいい】

とにかくセルフイメージを高くして
婚活なり、結婚した方がいい。

自己評価低いまま結婚してしまうと
「お味噌汁美味しいね」と言われれば
「嬉しい〜〜!!!」じゃなくて
「この期待に毎日応えられるかな?」
という不安に陥ってしまうから。

そうすると結婚生活も疲れてしまいますよね。
もちろん、恋愛もそうです。

その結果、自分のセルフイメージに
合う人が、やっぱり心地よくなって
そういう人を選んでしまうという
結末になってしまうのです。

だから自分の好きな人は
どれくらいの自己評価なのか?

それを知っておく必要があるかも知れません。

そして、自分がそれに合うだけの
セルフイメージを持ってないとね。

セルフイメージは外見だけでないので
高めることは、いくらでもできるはず。

 

★ブログ『40代からの美しく挑戦する生き方』
http://ameblo.jp/hisa1153

★コーチングセッション
http://ameblo.jp/hisa1153/entry-11461532115.html

 

《坂本ともこ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/sakamoto-tomoko/?c=87878