嫌いなものを選ぶ女は、自分の価値を下げてしまうかも⁉︎

嫌いな人のことで悩む時間があったら 好きな人のことを考えた方が、幸せな気分になれるよ。
嫌いなものを選ぶ女は、自分の価値を下げてしまうかも⁉︎

こんにちは。
40代女性のスーパーコーチ坂本ともこです。

どんな会社でも、どんな環境にいても
生きていると、”嫌いな人”っています。

 

嫌いな人とまではいかなくても、苦手な人、気の合わない人
生理的に受け付けない人っていますよね?

その人が、意地悪で悪人ならわかるけど
そうでもないのに嫌いになることってあります。

そうすると、よく本には
「その人のいいところを探そう」とか書いてあるので

その人を、ガンガンに注目するあまり
余計悪いところが目に入ってきます。

だから、それってムダな努力だと思うのです。
基本、嫌いなものを好きになるって苦痛です。

でも、その人が悪いとか、気に入らないとか
って決めつけるのもよくないわよね。

その人には、その人の生き方があって
否定するものでもないです。

そう「わたしはわたし」「あなたはあなた」
と思って、やり過ごすのが一番なのです。

だけど、わざわざ嫌いな人に近づいて行って
嫌な思いを自らしちゃう人っていますよね。

気分よく過ごすには、”合わない人”には
”会わない”ってことです。

283136621

 

嫌いな人と一緒に仕事したり、旅行したり
食事したりすると、どうなると思いますか?

どちらも、自分の価値を下げることになるんです。

無理して一緒にいて、イライラムカムカして
力を発揮できないと、お互いの価値を下げてしまい
それってアホらしいじゃないの。

会社のような組織にいると、なかなか難しいけど
なかには、「○○ちゃんて、イライラするんだよね~」

と、さんざん嫌いな人の悪口言っておいて
その人とご飯を食べに行く人もいるから不思議。

ビジネスはビジネスだから、と割り切って
嫌いな人とでも平気でタッグを組んでいる人もいます。

人それぞれやり方があるので否定はしません。

でも、組織では誰が上司になるかで
全然違うパフォーマンスになるように

「誰と」ダッグを組むかは
「何をする」よりも、大事な部分だと思うの。

だから、わたしは嫌いな人とは
絶対、一緒に仕事はしないことにしてるの。

自分の価値を下げるのは嫌だから。

 

たいがい自分が嫌いな人は、相手も嫌いなもの。
心配しないで、好きな人と付き合っていきましょう。

嫌いな人と付き合っている人は、なぜか仕事も
嫌いな仕事をわざわざ選んだりします。

嫌いなものを選ぶクセがあるのです。

これではエネルギーは下がるは、モチベーションは
上がらないは、ずっと気分の悪いまま。

ただ自分は相手のことが嫌いでも
相手のことは否定しない。

これは鉄則ね。「わたしはわたし。あの人はあの人。」

193715153

嫌いな人のことで悩む時間があったら
好きな人のことを考えた方が、幸せな気分になれるよ。

 

★ブログ
「40代からの美しく挑戦する生き方」http://ameblo.jp/hisa1153/
★コーチングセッション
http://ameblo.jp/hisa1153/entry-11461532115.html

 

《坂本ともこ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/sakamoto-tomoko/?c=87878