人生を切り開くには、豊かなボキャブラリーが魔法の鍵。ボキャブラリーを増やす方法とは。

語彙力がつくと、コミュニケーション能力がつくし 考え方の幅が広がり、様々なアイデアや考え方を 生み出せるようになります。 それは、確実にあなたの人生の選択の幅を広げ 世界を変えることに繋がりますよ。
人生を切り開くには、豊かなボキャブラリーが魔法の鍵。ボキャブラリーを増やす方法とは。

こんにちは。
40代女性のスーパーコーチ坂本ともこです。

 

若い頃ならいざ知らず、いい大人になってくると
その人の人柄や教養や知性、ユーモアを露呈してしまうのが語彙力。

いわゆる「ボキャブラリー」ってやつです。

本を読んでいる人や映画をよく観る人はその「セリフ」や言い回しに敏感だと思います。

「あのセリフがよかったな~」
とずーっと心に残っているもんである。

でも、ボキャブラリーって言ったって

日常会話では不自由しないし思うわよね。

でも、こっちは、ふつうに話してるつもりでも
「何ですかそれ?」と理解してもらえないって
会話がおしゃれじゃないわよね、笑。

もちろん、やたら意識高い系に見せる横文字や
四文字熟語や専門用語を入れて話せば
賢そうには見えるけど、そういうもんでもない。

横文字や専門用語ばかりのブログを読んでると頭痛くなってくる……笑
賢いアピールは、決してクレバーな感じがしない。

だって、相手に伝わらないと会話には
何の意味もないからね。

shutterstock_198897056

ある映画に印象的なセリフがありました。
生徒が先生に質問します。

「先生、単語なんて覚えて役に立つんですか?」

「単語は大切よ。人は、頭で考えるとき、単語で考えるの。
語彙が多いってことは、考える幅が広がるってことなのよ。

そうすれば、様々な考え方が出来るようになって
様々な人生を切り開けるようになるのよ。」

まったくその通りなのですよ!

思考の幅が広い人は、語彙力が豊富です。
思考の幅が狭い人は、語彙力が乏しいです。

だから、コーチングでも質問をしますね。
ネガティブ思考の人は、ネガティブワードしかでない。

「プラスの言葉に、言い換えみると?」と言っても
ポジティブワードを日常で、ほとんど使わないから
まったくでてこないんです。

でも、語彙力って、辞書をめくるよりも
自己啓発本を読むよりも、やっぱり小説がいい。

 

要は、表現力が大事だからね。

shutterstock_401954206

「どんな気持ちですか?」と聞いても
「嬉しい」「楽しい」だけだとあんまり
臨場感を感じないし、伝わらないよね。

臨場感を感じられて、数倍お得にするには
「結婚や出産した時よりも嬉しい~!」
などと、ちょっと言いかえるだけ。

「綺麗な言葉遣いは、お金のかからない
オシャレだと思う」

「手に入っても好きなものが
本当に好きなものだと思います」

なーんて、おしゃれなこと言ってみたいじゃない。

だからワインや香水を好きな人って
表現力が豊かで、ボキャブラリーが豊富なの!

ある知り合いの淑女は、ある出来事があったら
「言いかえるとするならば……」と
必ずウィットに富んだ言葉に置き換えるんです。

これって、おしゃれだな~と思いました。

お笑い芸人さんも、喋りが仕事だから
いつも感心して、聴き入ってしまいます。

語彙力がつくと、コミュニケーション能力がつくし
考え方の幅が広がり、様々なアイデアや考え方を
生み出せるようになります。

それは、確実にあなたの人生の選択の幅を広げ
世界を変えることに繋がりますよ。

これからの季節は、読書するには最適。
純文学からエンターテイメントまで
幅広く読んでみては、いかがでしょうか。

 

★ブログ
「40代からの美しく挑戦する生き方」http://ameblo.jp/hisa1153/
★コーチングセッション
http://ameblo.jp/hisa1153/entry-11461532115.html

 

《坂本ともこ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/sakamoto-tomoko/?c=87878