金の龍と銀の龍
~金龍「アーロン」からのメッセージ~

昔、『龍に怒られた』と言っている人に会った事があります。 その方にとって、龍は「怖い」イメージだったのでしょうか。
金の龍と銀の龍<br>~金龍「アーロン」からのメッセージ~

龍はスピリットアニマルと呼ばれるエネルギーの一つです。
だから私たちをサポートてくれる存在なのです。

我が家にも金色の龍がいまして、名前は『愛龍(アーロン)』と言います。
今回はこの金龍アーロンのエピソードとメッセージから、龍についてお話していこうと思います。

 

龍は元々そこにあるエネルギー

龍は地球のエネルギーです。これはスピリットアニマルというエネルギー全体に言える事なのですが、「地球から生み出されたエネルギー」と私は定義しています。

地球から生み出されたエネルギーなので、そのエネルギーが出た場所に龍は棲むようになります。
それが『龍が宿る場所』として大切にされているのです。
岩山、湖などの自然にも龍は棲んでいますが、神社やそれを必要としている人々の元にも同じ様に“エネルギーを出せば”龍は棲むようになるのです。
だから、我が家の金龍アーロンさんは、私の奥さまが必要と望んだから棲むようになった龍なのです。

 

金の龍と銀の龍……色の違いとは?

金龍アーロンさんはこう言っています。

金色の龍は陸の龍、銀色の龍は水の龍、
金と銀が交わると力が発揮される。

イメージも併せて見せてもらいました。
陸の龍は大地、山に住んでいて、水の龍は“動きのある綺麗な水”に住んでいます。
“動きのある綺麗な水”というのは湧き水、川、滝、雨などです。

雨が降ると金の龍と銀の龍が交わる事ができるので、雨はとても重要なものだそうです。

(「金銀龍」  紫瑛)

一般に、龍と言えば緑色や青色など、他にも色があります。
それについてアーロンさんに聞くと、

色は皆のエネルギーによって変わって見えているだけだ。

基本的には金と銀ですが、私たちの必要としているエネルギーによって金、銀以外の他の色にも見えるそうです。
見える龍の色は人それぞれで、チャクラやオーラの色にも関係しています。
だから、『○色の龍を見なければいけない』なんて事は無いという事です。
あながた見えている龍の色が、あなたの必要な龍の色なのです。