あなたの出会いを広げる心の浄化処方~好きになれない自分は、相手を「萌え」させる?~

人は完璧ではありませんから、嫌なところがあって当然です。 自然の法則に陰と陽があるように、昼と夜があるように、夏と冬があるように、明暗があります。

みなさま、こんにちは。
京都のスピリチュアル・セラピスト宮 徳戸∞(ミヤノリト)です。

毎日心が浄化され、清々しく生きていらっしゃいますか?
みなさまのより美しく生きる心の浄化処方を本日もお伝えいたします。

 

みなさまは、好きな人がいますか?

恋愛でなくても、友人、家族、仲間、私たちの人間関係には様々なつながりがあります。
好きな人がたくさんいるという方は、「自分が好き」な方です。

ですから、自分を好きだと、どんどん交友関係も広がり、楽しい出会い、素敵な出会いに恵まれます。
知人・友人の輪が広げられるということは、それだけ「出会い」が多くなるということなのです。
「出会いが少ない……」と嘆いていらっしゃる方、自分を好きになって、好きな友人・知人をもっとたくさん作りましょう。
あなたの「この人ともっとお話ししたい」という氣持ちは、人と人のつながりを多くしてくれるツールです。

「自分を好きになる」ということは、自分らしくいれて自然に生きているということです。
余計な力が入っていないので、自然な自分でいられ、とても氣持ちよく毎日を送ることができているということですね。

人前で自分を作りすぎてしまっていると、それは他の人に伝わります。
何かこの人と話をしていると違和感がある。
あまり一緒に居たくない感じ……。
という風に自然になってしまうのですね。
それは、親密さにも関係しますし、恋愛でしたらそれ以上関係が発展しないとか、自分の中の自分を見つめることにもなって、自分に嫌氣も出てくるでしょう。

 

「自分を好きになる」には、まず自分に正直になることです。

自分の中の好きなところをもっと見つめることもそうですが、嫌な自分を否定しないこと。
でも、まじめで自分に厳しければ厳しいほど、自分の嫌なところを好きになることができませんね。

人は完璧ではありませんから、嫌なところがあって当然です。
自然の法則に陰と陽があるように、昼と夜があるように、夏と冬があるように、明暗があります。
人の心も同じです。
それがあって当たり前なのです。

夜には素敵な星々が輝きます。
冬には雪景色がとてもきれいです。
暗いところから朝日が出ると感動します。
陰は必要なことなのです。

そうです。
もうお分かりかと思いますが、自分の中にある「陰の部分」=「好きになれない自分」は、自分の個性を光輝かせる影の役者なのです。

例えば、普段会社で仕事がバリバリでなんでもできる上司がいたとします。
普段はとても厳しい人です。
でも、夜の会合の席で、仕事から離れて、ちょっとおっちょこちょいなその人の一面を見てしまったら、先輩もこんなかわいいところがあるんだな……と思いませんか?
恋愛漫画の描写では「萌え~」ですよね(笑)。

そういう一面は、あなたの中にもあります。
あなたも「萌え」の一面を出しましょう。
でも、それは自然の自分であるからこそ「萌え」なのです。
自然の自分、ありのままの自分をもっと好きになりましょうね。

 

《宮徳戸 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/miyanorito/?c=32803