東京オリンピックのビジネスチャンスは、癒し業界にも訪れる?

賛否両論ありますが、他の国を抑えて開催国に選ばれたからには、日本にやってきた人を満足させるのはもちろんですが、「日本に住む私たちもしっかりと豊かになれる」ように、今から準備しておきましょう。
東京オリンピックのビジネスチャンスは、癒し業界にも訪れる?

【すでに東京オリンピックへ向けての動きははじまっている】

リオデジャネイロオリンピックが無事終了し、マリオのコスプレをした安倍首相のパフォーマンスも好評を得で、「2020年東京オリンピックへの期待が高まって」います。現在、リオではパラリンピックが開催中ですが、日本ではすでに4年後を目指して、「様々な分野で動きが起こり始めて」います。

2020年に開催される東京オリンピックは、東京都の試算によると「3兆円」、民間企業の試算では「150兆円」ともいわれるほどの「経済波及効果」があります。雇用という観点から見ただけでも、建設業やサービス業、飲食や宿泊業といった直接的にオリンピックにかかわる分野だけでも「50万人以上の需要が見込まれている」のです。

 

【スポーツ関連ビジネスは大きなチャンスを迎える】

261265052

 

日本が成長期であった時代に行われた前回の東京オリンピックに比べると、成熟期であり、インフラなども基本的に整備されている現状では、「爆発的な経済成長が見込まれるわけではありません」が、それでも「大きなビジネスチャンス」であることに変わりありません。

上記のように直接的な影響を受ける分野での雇用が増えることから、飲食や宿泊といった分野は従業員の教育に力を入れており、「英語教育などの需要」も高まることが予想できますし、サービス業では、日本に不慣れな海外からの顧客をいかに満足させるかを考えて、「IT分野での投資が進む」とされています。

これらは、海外からの顧客が多く来日することから見込まれるものですが、日本人の需要が増すことが予想される分野もあります。それが「スポーツ分野」。オリンピックという世界的なスポーツの祭典が行われるわけですから、様々なスポーツについての報道が増えることは当然です。そうなれば、「各種競技に興味を持つ人が増え、それらを学んだり、身体を動かしたりするスポーツジムをはじめとした、関連ビジネスが活況になる」でしょう。

実際に東京都では、教育委員会が音頭をとって、「過去のオリンピック出場者を都内の公立学校に派遣する」という事業を実施するなど、4年後に向けてスポーツ教育の充実をはかっていますので、スポーツ教室などをはじめとした民間の分野もどんどんと、積極的なPRをはじめていくことでしょう。

 

【スピリチュアル業界にもオリンピック需要は訪れる】

51095461

 

では、癒しやスピリチュアルな業界はどうでしょう?

新たに訪れる観光顧客に対して、「日本独自の文化を紹介するという場面」には、スピリチュアルな業界も活躍の場ができそうです。そもそも、ここ数年、海外からの旅行者は右肩上がりで増えていますが、オリンピックが開催されることで、「開催中はもちろん、開催後も数年間は観光客が増加する」ことが過去のデータからわかっています。このために、観光業では英語教育や、英語を話せる人材の獲得がより重要となってきていますが、「クールジャパン」の典型ともいえる、「神社や仏閣をより深く紹介出来る人材」というのは、なかなか希少です。

「すでに神社仏閣などの観光地のガイドは多いのでは?」と思うかも知れませんが、オリンピックはスポーツの祭典でありながら、「選手達のメンタル面も重要視」されます。アメリカではオリンピック選手専用のトレーニングセンターが存在していますが、そこでは肉体的な面でのトレーニングはもちろん、今話題の「マインドフルネス」や「メディテーション、坐禅といった瞑想を指導」しているのです。

一流選手になるほど、メンタルでもなんらかのトレーニングを積んでいるというのは、すでに常識となっており、オリンピック前には、そういった「瞑想に関する情報も多く報道される」ことが予想されますので、禅や瞑想などを体験したい観光客に関しては、より適切で役に立つ情報を提供できるのは、「スピリチュアルな業界」がベストです。

また、西洋諸国の人々は、日本人よりもカウンセリングやヒーリングなどといった「代替医療に関して理解が深い人が多い」ので、暑い時期のオリンピック観戦で体調を崩したり、慣れない日本の環境で精神的に厳しい状況になった人たちを癒すという面でも、活躍の機会があります。

 

【一生に一度の世界的イベントで豊かさを得る】

409540834

 

どちらの場合でも、最低限「英語を話せることが必要」となってきますが、スピリチュアルな業界は、海外の先生から学ぶことが多いという事情もあり、「英語をマスターしている方も多い」ために、2020年にはそのような「自らが持ったアドバンテージを最大限に活用して欲しい」ものです。また、東京オリンピックまではまだ4年間という猶予がありますので、それまでに英語を習得しておくというのもありでしょう。

一生に一度というレベルで巡ってくる世界的なイベントである東京オリンピック。賛否両論ありますが、他の国を抑えて開催国に選ばれたからには、日本にやってきた人を満足させるのはもちろんですが、「日本に住む私たちもしっかりと豊かになれる」ように、今から準備しておきましょう。

Business opportunities brought about by the Tokyo Olympics.
Is there any business opportunities for spiritual industry?

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809