これからの季節、注意が必要となるヒートショックとこたつ寝の危険性とは?

意外と知られていない「ヒートショック」という言葉。癒しの空間であるお風呂が、ひとつ間違うと危険な場所になるのです。
これからの季節、注意が必要となるヒートショックとこたつ寝の危険性とは?

 

【寒い季節に注意が必要になる癒しの場所とは?】

これから寒い季節となります。

気温が低下し、空気が乾燥することで「風邪や感染症などにかかりやすくなる」というのは常識ですが、身体を温めてくれて、ほっと「癒されるはずの場所で、命の危機に陥ることがある」ということをご存じでしょうか?

 

【年間1万人以上の死者を出すヒートショック】

冬のお風呂はしっかりと身体を温めてくれて、癒しの時間を提供してくれる場所ですが、実は、そんなお風呂と関係が深い「ヒートショック」というものがあります。

こちらは、「年間に1万人以上が死亡している」という恐ろしいものですが、意外とその言葉は知られていません。ヒートショックとは「急激な温度変化が身体に影響を与える」ことを示しています。寒いところで用を足したときに、身体が「ぶるっと」震えるのも、ヒートショックの一種です。

このような現象は、「温度変化によって血管が急激に収縮する」ことで引き起こされます。この変動が急激な場合、「心臓に強い負担がかかる」ことになります。その結果、最悪の場合、「失神」したり、元々心臓に疾患がある人の場合は、「心筋梗塞や脳梗塞、不整脈」などを引き起こす可能性があるのです。激しいヒートショックが引き起こされる場所として「浴室」すなわち、お風呂があげられます。

寒い脱衣場で服を脱ぐことで、まず血管が収縮し、それに伴って血圧が上昇します。その状態のまま湯船に入ることで、今度は血管が広がり、血圧が低下します。極めて短時間で正反対の状態を行き来することにより、心臓に強い負担がかかるわけです。

心臓への負担_260334554

 

年間1万人という死亡者のほとんどは、高齢者ですが、その「死亡率はなんと交通事故死の2倍以上」に上ります。また、交通事故が通年で犠牲者を出しているのに比べると、ヒートショックは「12月から2月にかけてがピーク」ということですので、今の季節は「要注意」なのです。

 

【ヒートショックにならないように、正しい知識を身につける】

「若ければ安心」と思うかもしれませんが、高齢者に死亡例が多いのは、若者に比べて湯船につかる習慣を持っている人が多いということもありますので、若く、心臓に疾患がなくても、ヒートショックによって意識を失ってしまい、そのままお風呂でおぼれる可能性は充分にありますので、ヒートショックにならないために、「しっかりとした知識」を身につけておきましょう。

ヒートショックにならないポイントとしては、「脱衣所を暖めておく、すぐに湯船に入らない、お湯の温度を41度以下にする」というものがあります。また、露天風呂などは自然とヒートショックになりやすい状態を作っていますので、年末年始に旅行にでかける方は、こちらにも注意する必要があります。

ヒートショック_2516776

 

【冬の幸せ家具であるこたつがもたらす危険】

お風呂と同じぐらい、寒さを和らげてくれるもので、冬の風物詩ともいえる「こたつ」。こちらにも危険性が秘められています。こたつに入ってしまうと、出るのがおっくうになり、その暖かさから、「入ったまま寝てしまった」という経験をしたことがある方は多いと思いますが、これは、「とても危険な行為」なのです。

こたつに入ったままで寝ると、自覚できないまま「脱水症状になる」可能性が高く、乾燥している冬の空気とあいまって、汗をかいていないにもかかわらず水分が不足し、身体がだるくなってしまいます。さらに脱水症状が進むと、小腸や大腸からも水分が失われた結果、「便秘」を引き起こします。便秘は美容の大敵ですので、女性にとってはこたつ寝は、これだけでもNGといえるでしょう。

 

【命の危険も秘めているこたつでの睡眠】

さらに、最悪の場合は、狭いこたつの中で寝ることで、「筋肉や関節に負担がかかり、血流が阻害されやすくなります」。また、前述のように脱水症状に陥っていることで、「血栓ができやすくなり」、「脳梗塞や心筋梗塞」を引き起こすことになるのです。

これらは命に関わるものですし、例え命が助かったとしても「重篤な障害が残る」ケースもあります。

コタツ_185997641

 

お風呂もこたつも寒い季節には、必須ともいえるものですが、これらの「癒しをもたらしてくれるもの」が、正しい知識をもたないで利用したことで、一転して「死へと導く道具」となってしまう可能性があります。これからどんどんと寒くなっていきますので、そのようなことにならないように、しっかりとした知識を身につけた上で、注意をして、賢く活用したいものです。

 

Note the heat shock.
Do not sleep in the kotatsu.