アセンデットマスターって一体どんな存在? 
その歴史と謎に迫る!

瞑想をしているときに、自分が親しみを持っている存在に呼びかけてみてはいかがでしょうか? もしかしたら、必要なメッセージを受け取れ、様々なサポートを受けられるようになるかも知れませんよ?
アセンデットマスターって一体どんな存在? <br>その歴史と謎に迫る!

【古今東西の偉大な存在が大集合】

「アセンデッドマスター」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 一般的には私たちより高い次元にいる霊的な存在を示します。

スピリチュアルな世界では「アセンデッドマスターは有名」です。直接アセンデッドマスターをチャネリングしてメッセージを受け取る人もいれば、オラクルカードなどを通してメッセージを受け取ったり、またアセンデッドマスターのエネルギーを使ったワークなども多く存在しています。

多くの存在がアセンデッドマスターとされていますが、「イエス・キリストやモーゼ」といったキリスト教由来の存在から、「シヴァやガネーシャ」などの、ヒンドゥー教の神々、さらに「釈迦や観音、韋駄天」といった仏教の諸仏、最近では「ガンジーやマザー・テレサ」が死後アセンデッドマスターになったという説もあります。

このように神仏をはじめとして、聖者や聖人など、霊的に高い存在ならばなんでもアセンデッドマスターという感じがありますが、最初に「アセンデッドマスターという言葉を使い始めた」のは、いったい誰だったのでしょうか?

 

【アセンデッドマスターを広めたプラヴァッキー夫人】

プラヴァッキー夫人(画像提供/ウィキペディア)

プラヴァッキー夫人(画像提供/ウィキペディア)

 

アセンデッドマスターという言葉を広めたのは、19世紀の霊能力者であり神秘主義者であった「ヘレナ・プラヴァッキー」、通称「プラヴァッキー夫人」だというのが有力です。彼女は「神智学協会」というものを設立し、「古代の叡智を蘇らせる」ことに力を注ぎました。

神智学の語源はギリシャ語で神を意味する「テオス」と、叡智を意味する「ソフィア」をあわせた「テオソフィア」。そのものズバリ、「神の叡智」というわけですが、3世紀頃は「神学」の同義語とされていたことからもわかるように、ユダヤ教と深い関わりをもっていました。

そのためにカバラにもその要素は含まれています。その後、しばらく神智学はカバラや魔術など、西洋の秘教に影響を与えるものの、表舞台にはあらわれなくなりますが、17世紀にキリスト教系の神智学がうまれ、その後、前述したプラヴァッキー夫人による神智学がうまれました。ただし、この二つは古来の叡智を重視するという共通点はありますが、基本的には関係のない体系であり、現在まで神智学として残っているのは後者となっています。

ある意味で近代的神智学を産み出したプラヴァッキー夫人ですが、彼女は「マハトマ」と呼ばれる存在とチャネリングをし、その情報を著書などで公開していました。その中には、現在でもアセンデッドマスターとして知られている「クート・フーミ」「セラピス・ベイ」「エル・モリヤ」などといったものも含まれていたのです。

さらに、プラヴァッキー夫人に強い影響をうけたイギリスの富豪の娘である「アリス・ベイリー」が独自に「クート・フーミ」からメッセージを受け取るようになり、その他のアセンデッドマスターをはじめとして20冊以上の本を記すようになります。ちなみにアリス・ベイリーは20世紀の人物ですので、現在のアセンデッドマスターのイメージは彼女が作り上げたものがかなりの部分を占めているといえます。

このようなことがあり、チャネリング能力をもった人が、高次の存在からメッセージを受け取った場合、それが宇宙的存在ではなく、地球由来のものだった場合、基本的に「アセンデッドマスター」とされるようになったわけです。

 

【霊的な世界では物語の登場人物すら実在する】

117361039

 

アセンデッドマスターの種類はまさに多種多様であり、前述のように神話的存在だけでなく、物語の登場人物もいます。フルフィルメント瞑想の創始者として有名な「ボブ・フィックス」氏は、「アーサー王伝説に登場する魔法使いマーリン」からのメッセージを受け取っているとして有名です。

彼は30年以上、マーリンからのメッセージを受け取っています。当初は実在の存在ではないマーリンからのメッセージに半信半疑だったそうですが、長い間一緒に活動をするうちに、そのメッセージの的確さから、マーリンは実在し、アセンデッドマスターの中でもかなり高位の存在であると確信したと語っています。

アセンデッドマスターは目に見えない存在であり、前述したようにその情報はプラヴァッキー夫人や、アリス・ベイリーのものがほとんどとなっています。実際の神話や伝説の人物とどのような違いがあるのか、果たして本物の存在なのか、それを知るためには、ボブ・フィックス氏のように、実際に彼らとチャネリングしてみるしかないわけです。

 

【あなたもアセンデッドマスターからメッセージを受け取ってみませんか?】

285334655

 

『エンジェルオラクルカード』をはじめとして、オラクルカードの第一人者として知られる「ドリーン・バーチュー」女史は、アセンデッドマスターのカードを創るために、プラヴァッキー夫人などの著作も研究した上で、結局のところは、自分自身で彼らとコンタクトをするしかないと感じ、実際に「チャネリングをして」、その情報を元にカードを作り上げました。

アセンデッドマスターは確かに高次の存在ですが、彼らは「基本的に私たちを助けるために存在しています」ので、選ばれた人でなくともチャネリングをしやすい存在です。そのために、現在では多くの人が様々なアセンデッドマスターからメッセージを受け取ったり、自分と縁の深いアセンデッドマスターの助けを借りて活動をしたりしているわけです。

この記事を読んで興味を持った方は、瞑想をしているときに、自分が親しみを持っている存在に呼びかけてみてはいかがでしょうか? もしかしたら、必要なメッセージを受け取れ、様々なサポートを受けられるようになるかも知れませんよ?

ボブフィックス氏10月末来日ツアー詳細:
http://bobfickes.net/

ボブフィックス氏 ツアーお申し込みはコチラ:
http://www.trinitynavi.com/products/list.php?category_id=216