ハワイの家族神、先祖神である 「アウマクア」の神秘とその不思議

ハワイには「アウマクア」と呼ばれる家族神、あるいは先祖神が存在しています。これはハワイ古来の宗教概念のひとつから生まれたもので、自然崇拝者である彼らは動物に宿る先祖の霊が、神としてそれぞれの個人や家族を守り、導いてくれていると信じているのです。

古代より、ハワイの人々は自分たちの守護神であるアウマクアがいつも自分や家族、そして自分たちに身の回りにいる動物、植物、魚までも守ってくださっていると信じていました。

そのアウマクアの中には人間の姿をした神々もおられるのですが、主に先祖の霊が海ガメ、サメ、トカゲ、フクロウなど50種以上の動物や植物に宿ったものとされています。

そして子孫たちに危機が迫ると、なんらかの方法でそれらの動物が知らせにやって来たり、実際に危機に直面すると助けに来てくれると信じているのです。

 

アウマクアとは

アウマクアとは「アウ」が旅をするという意味、そして「マクア」は先祖という意味なのです。つまり「子孫たちのために何かあると、あの世からはるばる旅をして助けに来る」という意味から来ています。

アウマクアは、先祖代々その家庭に受け継がれているものなので、勝手に自分で好きなアウマクアを決めることは、残念ながらできません。

アウマクアは、人々を守り、癒し、アドバイスを与えてくれる大事な存在です。
だから、もし自分のアウマクアが魚など、食べられるものである場合、その家族は自分のアウマクアであるその動物を食べようとはしません。

また自分のアウマクアの入れ墨を彫ることで、いつもアウマクアに守られていると考えたり、アウマクアを象った骨で作ったアクセサリー、ボーンネックレスなどをしている人も多く見かけます。

すべてのアウマクアが動物というわけではなく、火山の女神であるペレが自分のアウマクアであると言う人もいます。

または、ハワイに出かけるとお土産屋さんで、木製のティキと呼ばれるちょっと怖い顔をした置物を見たことがあるかと思いますが、これらはもとはポリネシアの神様で、このティキをアウマクアとする人々もかつては存在しました。

しかし一般的には、動物を自分たちの守護神、アウマクアとする人が主であり、ハワイの数多くある神話の中にも、フクロウの神様やトカゲの神様などのアウマクアたちがたくさん登場しています。

 

アウマクアのパワー

基本的にはスピリチュアルであるハワイの人々は、困ったことがあるとまず心のバランスを取るべく瞑想をし、そして自分の先祖の霊が宿るアウマクアである動物に質問を問いかけることで、答えとなるインスピレーションが沸いてくるというのです。

また自分に霊と交信をする能力がない場合は、そういう能力をもったカフナと呼ばれる人のところに出向いて、自分たちのアウマクアとの交信を頼んだりもしていたのです。

アウマクアに関する不思議な話はたくさん存在しています。
ある女性が妊娠したときに、窓の外に自分のアウマクアでもあるフクロウがいるのを見つけ、きっとお腹の子供が無事に生まれるまで見守ってくれるのだと思ったそうです。

そしてその子供が無事に生まれて帰宅したところ、家の周囲にはたくさんのフクロウが、まるで子供の誕生を祝うように待っていたのだそうです。

ある日、その女性が出かけていたところ、途中でフクロウに出会い、奇妙な声で鳴き続けたので、自分の子供に異変が起こったと知り、慌てて帰宅すると子供が高熱を出していたのでした。

このようにハワイでは、アウマクアがいつも子孫を見守り、助けてくれると信じられているのです。

 

デューク・カハナモクのアウマクア

デューク・カハナモクと聞いてもよくわからなければ、ワイキキ・ビーチに立つ銅像と言えば、ハワイに行ったことがある人なら見た覚えがあるのではないでしょうか。

デューク・カハナモクは、1890年にハワイで生まれたサーファーであり、オリンピックで3度も金メダルを取った水泳選手でもあります。

サーフィンや水泳だけではなく、アウトリガー・カヌーの名手でもあり、海のスポーツに関しては万能で「ウォーターマン」とも呼ばれていました。

そんな彼でもサーフィン途中に、波にのまれて溺れてしまいそうになったことが何度もありました。しかしそんなとき、必ず彼のアウマクアであるサメがやってきて、彼を水面に押し上げてくれたというのです。

1968年に彼が亡くなったとき、彼の友達はいつもデュークが好んで泳いでいたワイキキ・ビーチの沖へと出て行き、彼の灰をそこに撒いたのです。

するとその灰を撒いた場所を、取り囲むようにたくさんのサメがやってきて、その周りをぐるぐると何度も泳いで回り、デュークの死を悼んだのでした。

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236