スピリチュアル用語解説 第9回「引越し」

自分の意志とは関係無く、新しく配属になった部署で突然転勤が決まって遠くに行く事になった! という出来事も色々な意味が含まれています。内的要因であっても、外的要因であっても、引越しというのはその人の人生にとってとても意味のある重要なイベントといえます。
スピリチュアル用語解説 第9回「引越し」

ども~。みなさんの気づきを応援するTanちゃんです。

桜も散って、街路樹の木々も緑いっぱいに茂り始めて、どこを見ても春~~! といういい季節になってきましたね。

 

【春といえば、転機の季節!】

さて、春といえばね、日本の場合は新年度の始まりでもありますから、入学、進学、就職など、転機の季節でもありますよね。そんなわけで、今回は転機の代名詞ともいえる「引越し」についてスピリチュアルな観点から解説してみたいと思います。

長い人生を生きていく中で、引越しって何回ぐらいするでしょうか? そしてどれぐらいの距離を移動するでしょうか?
産まれ育った土地をずっと離れず、地元で結婚もし、就職もし、と人生やって行く人もいれば、母親の実家で産まれて、産まれたら東京に戻って来るなど、産まれてすぐに引越しを経験する人もいます。

引越しってものすごく大きな変化なので、エネルギーも消費します。ですので、パワーが落ちている、運気が落ちている時というのは、出来るだけ引越しは避けた方がいいのですが、会社からの命令で転勤になって遠くへ引っ越すとか、親の看病をする事になってやむ終えず引っ越す事になったなど、自分の意思や意図とは別にそういう事が起きた場合の引越しは問題ありません。

4月_Tanchan_002

 

【引越しと身の回りの片付けの意味】

引越しをする時というのは、いらない物を大量に処分することがあったりするため、これまでの自分の生活や仕事、やって来た事や行った場所、どんな人と出会ってどんな人と別れたか、そしてそれらにどんな意味があったんだろう? などを片付けながら思い返したり、見直したり、内観するとても素晴らしい作業にもなります。

そのため、引越し後の自分はどうしていきたいか? 以前に一旦はあきらめたものをもう一度やってみようか? などの今後の人生設計にも役立ったりして、いろんな意味での人生のスケジュール立て直しや軌道修正のきっかけにもなったりします。

遠方への引越しや、海外移住の引越しなどになりますと、「別れ」も同時に経験することもありますよね。「別れ」は、これまでの人間関係の整頓でもありますので、引越しによって別れる事になった人間関係は、また新たな出会いを意味しています。引越しというのは、今までの自分の周波数とは変わり、新しい周波数で生きていくための住み替えでもあるので、対人関係や空間などにおいても、以前の周波数には馴染めなくなったり、違和感を感じたりする事もあります。今の場所に違和感を感じているのに、いつまでもそこに執着したり、しがみつこうとせずに、「どうして自分はそういう違和感を感じるんだろう?」「すごく住み慣れた街だと思っていたのに、なんで最近楽しくないんだろう?」と思い始めたら、そこの土地とあなたの周波数が合わなくなって来たというサインかもしれません。

また、自分の意志とは関係無く、新しく配属になった部署で突然転勤が決まって遠くに行く事になった! という出来事も色々な意味が含まれています。内的要因であっても、外的要因であっても、引越しというのはその人の人生にとってとても意味のある重要なイベントといえます。

4月_Tanchan_003

 

【ヤドカリも転機!?】

ヤドカリが自分の背負っている殻が合わなくなって、他の殻に住み替えるのと似ていますね。私達もその場所での人生のカリキュラムが終わって次のステップや次のステージに進む時には「引越し」という人生のイベントが起こるわけです。引越しとは、精神面でも物質面でも自分の身の回りを色々と整理整頓するというとても大切な転機のイベントなわけです。

人生の新たなステージに移行するプロセスとも言える「引越し」。この春に引越しがあった方、またはこれから引越しされる方も、是非この特殊な時期を楽しく乗り越えて下さいね。

今回は「引越し」について、届けしました。

ではまた次回!

Tanちゃんのいつものブログはこちら!
「Tanちゃんの気まぐれスピリチュアル日記」
http://ameblo.jp/brigits/

Twitterはこちら!
https://twitter.com/Tanchansdiary

 

《Tanちゃんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tanchan/?c=88300