和歌も病気平癒も子宝も叶えます!? 天より二物も三物も与えられた姫神☆下照姫神

大国主大神の第三の姫神と謂われる才気煥発な下照姫神、きっと多くの御神徳と御名を持つ父神の才能を受け継がれた姫神なのでしょう。
和歌も病気平癒も子宝も叶えます!? 天より二物も三物も与えられた姫神☆下照姫神

『天なるや弟棚機(おとたちばな)の 項がせる玉の御統(みすまる) 御統(みすまる)に穴玉は やみ谷二度(ふたわた)らす 阿治志貴高日子根(あぢすきたかひこね)の神そ』

と夫である天若日子の葬儀で詠い、「天上における和歌のはじめ」として和歌の祖神として祀られる大国主大神の御子神・下照姫神。
そんな下照姫神を斎奉る比売伊豆紀(ひめいづき)、賣豆紀神社(めづきじんじゃ)を今回はご紹介したいと思います。

 

敵をも魅了する美姫・下照姫神

賣豆紀神社拝殿

 

先程御名の上がった天若日子は天照大神と高皇産霊神より高天原から大国主大神が治める豊葦原中国を平定される為に遣わされた神。
それも、先に遣わされた天穂日神が三年経ってもなんの連絡もよこさない為、様子を観に行くようにと遣わされたのだが、下照姫神に一目惚れしてなんと八年も何の連絡もよこさなかったそうです!

敵方の神すらも惚れさせ、結婚するその美貌たるやさぞかし輝かしかったに違いないと思いつつ、その下照姫神が天若日子と結婚した理由が、「兄神の阿遲須枳高日子根神にそっくりだったから。」というブラコンな理由にも驚かされます!

そんな色々驚きも多い下照姫神ですが、その下照姫神を祀るこちらの神社は、子宝と病気平癒で有名な神社なのです。

 

美貌だけじゃなくて御神徳も素晴らしい! 子宝&病気平癒の御霊験

子授けいぬ

 

神門をくぐって直ぐ左手には子授けのいぬの石像があります。
自分の干支の前に立ち、親子犬を撫でると子宝が授かり、安産、子供の無事成長という御神徳を授かる事が出来るのです。
嘗ては歴代の松江藩主内室もこちらで御霊験を授かり、世継ぎを懐妊したそうです。

私も数年前、友人たちと参拝の際、友人の娘さんがなかなか子宝に恵まれないという事で、友人3人と娘さんの干支の前に立ち親子犬を触ってお願いした所、直ぐに元気な男の子を授かる事が出来ました。娘さん本人でなくても、想いを込めて撫でると授かるこの御霊験に驚いたものです。

唐獅子灯篭

 

そして、神門くぐって右手奥には病気平癒・諸災祓除けの唐獅子灯篭があります。
下照姫神の御霊力を現すと謂われるこの唐獅子灯篭、なぜ金と銀の紙がたくさん貼り付けてあるのかといいますと、身体の悪い部分の治癒を願う時は銀紙をその部分に貼り、治癒したら金紙を貼って感謝するという習わしがあるのです。

こちらもまた友人が夜中に洗面器一杯以上の吐血をし、病気治療が長期に渡って必要とされた時に銀紙を貼って平癒を祈願した所、順調に回復し、その後友人と参拝して金紙を貼って感謝を伝えた事があります。

和歌に美貌、子宝と病気平癒の御神徳、下照姫神は天より二物も三物も与えられた姫神といえるでしょう!

 

伊勢神宮御分霊も祀る社

賣豆紀神社本殿

 

さて、この賣豆紀神社は下照姫神だけではなく、伊勢神宮より天照大御神、豊受比売神、倭媛神の御分霊も祀られています。
松平直政が大坂の陣の際、伊勢神宮に戦勝を祈願し、戦功あって信濃松本七万石から出雲松江十八万六千石へと国替えした事から、伊勢神宮より御分霊をいただき、松江に伊勢宮を創建したそうです。
明治に大火で延焼し、賣豆紀神社と合殿となりました。その為、賣豆紀神社では下照姫神だけではなく、伊勢の神々の御神徳も授かることが出来るのです。

嘗ては高天原から遣わされた天若日子と結婚し、今は伊勢の神々と合殿、下照姫神は敵味方関係なく愛し、受け入れられる懐の深さも持ち合わせていらっしゃるんでしょうね。

そんな有難い神々合祀のお社を眺めながら、舅&姑&小姑問題にも御利益あるんじゃないのと思ったのはここだけの秘密です。(笑)

 

脳内変換勝手に神様イラストコーナー☆下照姫神

下照姫神イラスト

以前、高野宮でもご紹介しましたが、改めて下照姫神のイラストをご紹介です。
大国主大神の第三の姫神と謂われる才気煥発な下照姫神、きっと多くの御神徳と御名を持つ父神の才能を受け継がれた姫神なのでしょう。

その御神徳もさることながら、二物も三物も与えられた事にあやかりたい! 特に美貌にあやかりたいと思いながら参拝する愚かな私でしたが、どこからともなく漂ってくる金木犀のような芳しい姫神の薫りに、癒しと萌えをいただいたのでした♪

◆4月22日~26日まで東京へと出張しております。セッションなどの内容はHPをご覧くださいませ。
http://tukisarara.com/

 

《沙久良祐帆さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/sakurayuuho/?c=88928