願いを書き出すと宇宙が動きます 〜内側から溢れて飛び出してくるものをキャッチしてみてください。 キャッチしたときから、ものごとは始まります。〜

「わくわくを書き留めると、ハートから湧き上がる宇宙からのメッセージを
受け止めることができます。」

心の中で「こうなったらなあ」と思うことが
日々の生活の中で沢山あります。

それでも、忙しい時間の中でいつしか忘れてしまいます。
「こうなったらなあ」という思いは、
まるで風のように通り抜けて消えてしまいます。

私たちには、マインドとハートがあります。
マインドは過去のデータを保持する場所です。
ハートは今この瞬間の宇宙全てに繋がる場所です。

「こうなったらなあ」という思いが
わくわくと共に現れたのなら、ハートからのメッセージです。
考えはマインドからのメッセージですが、
わくわくという感覚はハートからのメッセージです。

わくわくは、宇宙が私を通して現れたサイン。
そこに進みなさいと教えてくれています。
わくわくと共に現れたメッセージを
ただ風のように通り抜かせてしまうのではなく
つかんでいきたいと願うなら、
わくわくを書き留めてみてください。
すると、ハートから湧き上がる宇宙からのメッセージを
受け止めることができます。

 

「心で思うことは、思うだけよりも紙に書き出すとき、すでにこの世界に引き出されています。」

机に座って「ええと私の願いは」と思い起こすときは、
マインドからの考えによる願いをつかんでしまうことがあります。
例えば、認められたいからこうありたいとか、
安心したいからこうしたいと言った願いになってしまうことがあります。

ハートは私たちにいつもメッセージをくれています。
ふと浮かんでわくわくする感覚や、
何かを見たり聞いたりしたときにわくわくしたなら、
それを書き留めてみてください。

心で思うことは、思うだけよりも紙に書き出すとき
すでにこの世界に引き出されています。
心で思うだけでは、何一つ形のない感覚でしかありませんが
文字にした地点で、この現実に刻まれます。

 

「春は命が目覚めて形を現す時です。春は新しい何かを始めるのにふさわしいエネルギーが溢れています。」

春は英語でspringと書きます。
Springはバネもそう呼ばれるように、同じエネルギーを指しています。
今まで眠っていたような木々の幹から、大地から
バネのように葉っぱが、芽が飛び出してくるからです。
「春は大地から飛び出してくる!」と素敵な表現を聞いたことがあります。
まさにその通りだと感じます。

今まで静まり返っていた大地に芽吹きが起き、
あとひと月もすれば、これまでと全く違った世界がそこに現れます。
花々が咲き誇り、大地は緑に包まれます。

春は命が目覚めて形を現す時です。
私たちの内側からも、あれがしたい、こうなったらなあと
1年で一番、新しいことが現れる時です。
鳥たちも歌い始め、新しい何かを創造しようと動き出しています。
新しい生活、新しい人間関係、新しい仕事、新しい在り方と、
春は新しい何かを始めるのにふさわしいエネルギーが溢れています。

いつもメモを持ち歩いてください。
わくわくを書き留めてみてください。
自分のことなのに、書き留めてみると
私はこうしたことがしたかったんだと、驚くかもしれません。

ハートはいつも私たちを導いています。
内側から溢れて飛び出してくるものをキャッチしてみてください。
キャッチしたときから、ものごとは始まります。
春は命が目覚めて形を現す時です。春は新しい何かを始めるのにふさわしいエネルギーが溢れています。

ハートを信頼してください。
言葉で現れるものではありません。
それはただ、わくわくと湧き上がるバネのような感覚です。

春の芽吹きと一緒に、あなたの枝葉を広げてみてください。
内側から溢れて飛び出してくるものをキャッチしてみてください。
キャッチしたときから、ものごとは始まります。

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423