世界は毎日形を変えている 〜「時代」は、ひとりひとりの内側から新しい波が湧き上がって生まれてくる〜

「私たちの必要に応じて、世界はどんどん形を変えています。」

この世界は無常と、頭では思いながらも、
毎日の仕事は変わらず始まり、毎日通う場所もいつも通りで、相変わらずの満員電車に揺られていると
毎日何も変わらない繰り返しのような気がしてしまいます。

それでも、その風景の中で姿を消しているものがあります。
近所の大型レンタルビデオ店がなくなりました。
気づけば確かにレンタルビデオ店には行かなくなった。
必要なときはネットでダウンロードをして映画を見ている。

レコード屋さんに行かなくなった。
レコード屋さんとは名ばかりでCDショップなわけですが、
今は月額いくらで聴き放題を契約している。
CDという形を持たなくなった。
以前はコンパクトなCDプレーヤーをもちあるいたのに、
今はスマホ1台で聞き放題です。

車を掃除していて地図を見つけたのですが、
車の中には何冊かの地図があったのに、その存在をわすれていたことに気がつきました。
今はナビがすべてをしてくれます。
先日、書店に地図を探しに来たとき、書店内の地図コーナーが小さくなっていて、今までどこにでもあった地図がもうないことに驚きました。

私たちの必要に応じて、世界はどんどん形を変えています。

 

「いま、この瞬間も何かが消えてなくなっています。そして、新しい何かが生まれています。」

博物館で昭和の家電を目にすると、
あああった! あった! となつかしく思うものがありますが、
それらは自然に消えてなくなっていきました。
いま、この瞬間も何かが消えてなくなっています。
そして、新しい何かが生まれています。

 

「ひとりの思いを向ける方向の変化が、世の中を変えているのだと思います。」

先日、第一線で活躍する人に会ったとき、
まだ若いその人が引退に向けて動いていると聞いて驚きました。
これまで作り上げて来たものを全て手放したいという。
自分の中に、これまでの情熱がなくなってしまい、
すべてを手放してまったく新しい方向に向かいたくなったとのこと。
実は、最近会ったすべての人が同じことを話していることに驚いています。
本当にことごとく会う人たちが!!
いったい何がおきているのでしょう?
その方々から「私にだけおきているのかしら?」と尋ねられますが、
世の中全体なのではないかと私は感じています。

瞑想スペースsomaは先日、引っ越しをしました。
これまでの在り方をすっかり変えて新しい形になりました。

先日、ある朝突然! 車を手放そうと思いが現れ、本当にその場でというくらいのスピードで車を手放しました。
予定していたわけではないのです。

考えてもいなかったのです。

他にもこれまで大事にしていた物もすっかり手放しました。
リサイクル店やフリーマーケットなどで、おそらく400-500点以上手放したと思います。

やはり変化は私にも起きています。
ある日突然!! 内側から新しい波がやってきて、身の回りのあらゆるものが変化していきました。

今年になって、周囲の多くの人たちが
内側から新しい波が起きてどんどん変わっていっています。

こうしたひとりひとりの思いを向ける方向の変化が、
世の中を変えているのだと思います。

 

「物がなくなったら、心が見渡せるようになりました。」

何かが違う?
といった小さな疑問が現れてから、
いったい何が大事で、何が要らないのだろう?
そんな視点で周りを見始めたとき、大事なものを見つけ出す簡単な方法は、片付けです。
いらないものや今なくても良いものを手放すと
大事なものが残ります。

手放して、手放して、手放した結果。
今回は、人生最大級に物がなくなりました。
からっぽになったあと残ったのは、私の心だけでした。

物がなくなったら、心が見渡せるようになりました。
何が本当にしたいのか?
何が本当に大事なのか?
それが見えたら、動かずにいられなくなりました。

「時代」は、ひとりひとりの内側から新しい波が湧き上がって生まれてくるものなのだと思います。

 

「インターネットが時代を加速させています。」

世界は猛スピードで形を変えています。
これまではゆっくり進んでいたように思えた時代の変化が著しい。

古くは誰かに連絡をしかかったら足軽を使った時代があり。
いつしか黒電話の時代になりました。
そして携帯の時代。
それがガラケーからスマホに変わり。

新聞の配達を待たずに、
瞬時に世界のニュースをネットで知ることができる時代となりました。

インターネットが時代を加速させています。
情報のスピードが価値を持ち、
配達のスピードが価値を持ち、
世界は毎日形を変えています。
ひとりひとりの内側から発する思いと行動が、
これまで見たことのない時代を生みだしています。

「時代」は、ひとりひとりの内側から新しい波が湧き上がって生まれてくるものだとしたら、
どれだけ世界が早く動いていようと、
そこにはいつも愛をベースにしていたい。

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423