マインドに従う? ハートに従う? 〜これが私たちに毎日繰り返し提示されるレッスンです。〜

私たちは、日々の暮らしの中で試されています。 マインドに従うのか? ハートに従うのか?

『私たちは2つのパワーを持っています。』

私たちは毎日、気がつけば何かを考えています。

先の予定に対して、あれこれ計画を練っていたり、
誰かの言葉を思い返したり、
実際に今見ているものに対して、あれこれ考えたり、
起きているあいだ中、何かを考えています。

考えは「マインド」がしています。
マインドは、過去の記憶のデータバンクです。
さて、あなたは1日にどのくらいの時間、考えていますか?

私たちは2つのパワーを持っています。
1つは、「考えること」。
もう1つは、「感じること」です。

 

『マインドに従うのか? ハートに従うのか? これが、私たちに毎日繰り返し提示されるレッスンです。』

「考えること」は、マインドがしていて、
過去のデータを総ざらいして、今、目の前にある現実に対して、
どのように対応したら良いのか? を教えてくれます。
過去の情報からはじき出した答えをくれます。

「感じること」は、ハートの力です。
ハートは、今この瞬間のすべてに繋がる領域からはじき出された答えを
提示してくれます。ここには過去のデータバンクからの情報はありません。

過去のデータバンクからはじき出された答えを採用するとき、
私たちは、またやっちゃったな、繰り返してしまった! という行動をしてしまいます。

ところが、ハートからはじき出された答えを採用するときは、
まったく新しいやり方で対応し、それは周囲に摩擦を起こしません。
スムーズな流れしかありません。

マインドに従うのか?
ハートに従うのか?
これが、私たちに毎日繰り返し提示されるレッスンです。

寝ていて怖い夢や不快な夢を見るとき、
それはマインドにある怖さや不快感を見ています。
気分のいい夢や楽しい夢を見るとき、
ハートから溢れる感覚を見ていると言えます。

私たちは、日々の暮らしの中で試されています。
マインドに従うのか?
ハートに従うのか?

マインドは過去のネガティブな記憶を通して、問題を解決しようとします。
ハートは愛を通して、問題を解決しようとします。

生きることは、愛を学ぶレッスンです。
さまざまな毎日の出来事や関係性の中で生まれてくる
考えや感情を、ハートで体験していこうとするレッスンです。

 

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423