世の中がひっくり返る時が来る 〜ハートをオープンにしていればサインに気づきます。〜

今までの古い考え方に縛られずに、 柔軟な意識でいましょう。

「見えないものは存在しない! と決めつけてしまうと、見えていても気付かなくなります。」

むかしむかし、大地は固まっていて、朝になると太陽が東から昇ってきて
夕方には西の空に沈んでいくと人々は信じていました。

世界は地球を中心に動いているという天動説が覆されたのがあまりに近年だということに驚きます。
地動説を唱えたコペルニクスが生まれたのは1473年です。
ガリレオガリレイに至っては、地動説について言及した書物を出版したとして異端審問に掛けられ、地動説を放棄する宣誓をさせられたうえに、軟禁状態の晩年を送ることになりました。
気が狂っている人と捉えられていたのです。
いつしか、地動説は当たり前のことと捉えられるようになりますが、
最初に事を起こす人は大変な人生を送っていることを歴史は教えてくれます。

地球がいつ生まれたのか?
どうやって生まれたのか?
かつて地球はどんな星だったのか?
人間はどんな風に生まれたのか?
月がいつどうやって現れたのか?
こんなにも身近なことさえ、私たちは真実を知りません。

宇宙人はいるのか?
UFOは実在するのか?
この世とあの世の仕組みはどうなっているのだろう?
眉唾ものと捉えられてきたものも
当たり前にすべての人が真実を知ることになった時、
すべての謎が解けていきます。

ハートをオープンにしていきましょう。
ハートをオープンにしていればサインに気づきます。
見えないものは存在しない! と決めつけてしまうと、
見えていても気付かなくなります。

私たちが何か探し物をしている時、
あれは絶対にここに入れたはずだ‼︎ と、
マインドをフル稼働して探している時、
目に入っていても気がつかないことがありますが、あれと同じです。
考えに囚われてしまうと、視界も狭くなります。

この世界は多次元世界です。
時々私たちの意識が拡大している時、私たちは5次元にいることがあります。
ふと、そこで何かモノを置いたとしたら、
いつもの次元に戻った時、置いたものは見えなくなります。
ないなあとあきらめた時見つかることがありますが、
マインドが手放された時、
先ほどの次元に戻ったためにそこにあったということがあります。

この世界はあなたの想像を超えています。
決して目で見える部分だけではないのです。

今、多くの人たちの意識の目覚めが起きています。
見える世界だけが世界ではなく、
実は、広大な意識の世界がすべての物質の奥深くに広がっています。
見えない世界の方が果てしなく大きいのです。

宇宙は果てしなく広くて、
私は宇宙の中では米粒にも満たない小さな存在だということから、
私は宇宙そのものであり、宇宙は私の中にたたみこまれたものだということが当たり前になる時がきています。

ある日、天動説が地動説に変わったように、
今まで真実と捉えていたことが逆転する時がきます。

過去に誰かが言った言葉を信じていると、真実を見逃してしまいます。
この世界は想像以上に美しく、愛にあふれた世界です。

 

見えている世界が1%だとしたら、
見えない世界は99%です。

見えている物質世界に重きを置くあり方から、
見えない世界に重きを置くあり方への移行が進んでいます。

いろいろな部分で、世の中がひっくり返る時が来ます。
その時が目の前に来ているかもしれません。
これまでの常識が、常識ではなくなります。

今までの古い考え方に縛られずに、
柔軟な意識でいましょう。

柔軟な意識になる簡単な方法は、
広い自然の中に身を置いて深呼吸。
裸足で大地に立つ。
職場や家庭など自分がいつもいる場所を、遠い場所から眺めてみる。
今ここに立つ自分を、空から眺め、太陽から眺め、宇宙の中心から眺めてみるのもオススメです。
地球の中心とつながる(イメージで)。

そうして、
枠からどんどん外れていきましょう。
世の中がひっくり返る時が来ます。
これから数年間で、世界は驚くほどの変化を遂げそうです。
ハートをオープンにしていればサインに気づきます。

 

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423